ホウレンソウのギョズレメと茄子のギョズレメ。

f0232763_09074079.jpg





ギョズレメ(トルコ風のクレープ?)の具は、
なにがおいしいか??

って話になったとき、

『茄子入りとかズッキーニ入りもおいしいよね』って
お友達が言っていたのだけど、
・・・そうなんだ。でも、茄子入りも、ズッキーニ入りも食べたコトないよ。






そして、一昨日の日曜日のコト。
『実家でギョズレメを焼くから、茄子のギョズレメを食べにおいで』
ってお友達に誘われたので、逃してはなるまい!!と出かけてきました。









f0232763_09075144.jpg




具の定番、ほうれん草。

ほうれん草に、ロルペーニル(リコッタチーズ)とイタリアンパセリ、
塩・胡椒などを混ぜたものです。



肝心の茄子の具は、なんと写真を撮っていなかった(!!)けれど、
みじん切りのたまねぎ、小さくダイス状にしたナス、トマトなどを炒めて、
イタリアンパセリと塩、香辛料(胡椒、クミン、あらびき唐辛子)を混ぜて作りました。










f0232763_09075971.jpg



オクラバ(ユフカを広げる細い棒)に注目!!

お友達のお家では、木のオクラバの代わりにパイプを使っていました。
木だと歪んでいるものもあるけれど、パイプはまっすぐだものね。
今まで全く思いつかなかったけれど、
オクラバが手に入りにくいときに、これは良いかも??









f0232763_09080914.jpg




余った生地は、カトメルに。








f0232763_09081822.jpg





茄子のギョズレメは、初めて食べたけど、
確かに、おいしかったです。


今週の水曜日には、パザルのギョズレメ屋さんに、
ズッキーニの具を作って持ち込む予定。
(具を持っていけば、焼いてくれるのだって!!)














残り少なくなってきた、バーラマのレッスン。

今回の課題曲は、『Sarı Gelin』。

Sarıは、(直訳すると黄色ですが、)ブロンド、
gelinは、花嫁。


実らない男の恋心を歌ったトゥルキュです。


先生が、トルコだけじゃなくて、アゼルバイジャンでも歌われているよ~
って言っていたので、調べてみたら、
アゼルバイジャンどころか、イラン、アルメニアなどでも有名な曲みたいで。。。

国によって、歌詞はかなり違うみたいですけどね。
(wikiの英語版に載っているので、下にリンクを張っておきます)


トルコ語の場合は、
エルズルム(東部の都市)の中心にある市場で、
歩きまわって(働いて)いる金髪の女性、
手に羽ペンを持って・・・
って感じです。







https://en.wikipedia.org/wiki/Sari_Gelin

[PR]

by akdeniz_tk | 2016-12-06 10:02 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/27201627
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by melocoton1 at 2016-12-06 18:12
ギョズレメ、ほうれん草入り、ポテト入り、チーズ入りしか食べたことないです。

ナスの食べてみたい! 近所にトルコ人街があっておばちゃん二人がギョズレメの生地をクルクル伸ばしているお店に行くので、ナスとズッキーニ、お願いしてみようかな?
Commented by fsnote2 at 2016-12-07 07:03
茄子入りなんて、とっても美味しそうですね♪
そしてお友達のご実家で!うらやましい~~
写真がないゆえに、美味しい想像が膨らんでいます。^^
詳細を教えてくださったので、書き留めておきます。
オクラバ、なるほど、何も木製でなくてもいいんですね。
身近なもので探してみますッ!
好きな具を持ち込みで焼いていくれるなんて良いですね。

実らない男の恋心、なんて哀愁漂う曲!
動画では若い人たちも口ずさんでいるほど
有名で人気な曲と見受けられました。
Commented by akdeniz_tk at 2016-12-10 19:51
melocotonさん
なすのギョズレメ、ズッキーニのギョズレメ。
お家でも、ユフカを使って作ってみました。
ズッキーニはあっさりした仕上がりになったので、ナスのほうが食べごたえあるかも?
トルコ人街のおばちゃんに、具を持っていったら、作ってくれるのでは?
Commented by akdeniz_tk at 2016-12-10 19:53
Fさん
オクラバについては、Fさんに向けてって感じですよね。
細いほうが伸ばしやすいので、身近なもので探してみてください。
バーラマは、あと数回。
レッスンが終わっても、ちゃんと練習するようにって今から言われています。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-12-10 23:41
インド料理にもほうれん草とチーズのサグパニールがありますね。
日本女性一番だから、ギョズレメでも美味しいでしょうね。

バーラマは哀愁があっていいですね。
ソ連周遊後にバラライカに興味をもって探したのですが
ネットの無い時代なので、教えてくれるところが
見つけられませんでした。小学生の頃に見たドクトルジパコで
バラライカの音に魅せられたのを思い出しました。
Commented by bayswater92 at 2016-12-12 03:04
こんばんは!アンです。
えーー!オクラワがパイプ!?
滑ったりしないのかなぁ・・。
あと、粉の乗りとか・・気になります。笑
Commented by akdeniz_tk at 2016-12-12 09:01
ソーニャさん
日本女性一番??
ホウレンソウとチーズの組み合わせは、インドとかトルコ以外の国でもありますよね。

今から、バラライカを習いには行かれないんですか?
今だったら、きっとレッスン受けられますよね、
バーラマも、関東だったらレッスンをしているトコあるみたいですよ。
ソーニャさんもどうですか?
Commented by akdeniz_tk at 2016-12-12 09:04
アンさん
オクラヴァがパイプって思いつかないですよね。
10年以上トルコでユフカを作っているとこを見てきていますが、初めてです。
何枚か、わたしも開けましたが、巻きつけて伸ばしていくから、滑ったりはしなかったです。
たまに、木製の歪んだオクラヴァがありますよね?あれより、数段使いやすかったです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード