ピシマーニエ。

f0232763_01495241.jpg






年に数回アンタルヤで開かれている全国物産展に、
お友達と一緒に出掛けてきました。
ちなみに。去年の様子は、こんな感じ(その1その2その3)。

毎度おなじみの名物もあれば、知らない名物もあり、
何度、行っても、楽しめるイベントです。

規模自体は今回のよりも大きかったけど、会場が広すぎるとそれはそれで回りづらいし、
さらには、旅直前で時間もなかったし・・・。
だから、今回の全国物産展の方が良かったかも?



これから数回にわたって、全国物産展について書くつもりですが、
まずは、いちばんおもしろかったトコから、スタートです。



イズミット名物、Pişmaniye(ピシマーニエ)。



ふんわりと口で溶けていくのは、

綿菓子に似ているけれど、綿菓子じゃないし。
韓国の龍のひげに似ているけれど、はちみつは入っていないし。


作り方は動画で知っていましたが、
今回、タイミングよく、実演を見ることができました。
・・・しかも。一番前で、最初から最後までかぶりつくようにね。




飴から、ピシマーニエになるまで、約10分。
・・・写真も撮りまくりです。



f0232763_01525529.jpg




ピシマーニエは、数人で一緒になって作ります。
今回は、男性3人。








f0232763_01543665.jpg



大きなお盆の上で、飴を伸ばして、
輪にして、











f0232763_01544650.jpg



3方向から同じ力を加えて、引っ張っては、
重ね合わせ・・・












f0232763_01545881.jpg




引っ張っては、重ね合わせ・・・













f0232763_01561928.jpg



飴が白っぽくなったら、
生地(粉と油入り)を取り出して、











f0232763_01563053.jpg



飴と合わせて、













f0232763_01564017.jpg



再び、3方向から同じ力で、
引っ張っては、













f0232763_01564938.jpg




重ね合わせ、















f0232763_01570554.jpg



引っ張っては、重ね合わせ、














f0232763_01573882.jpg




綱引きレベルで、すごく力が必要。
職人さんの大きな身体全部を使って、反り返るようにして引っ張っていました。









f0232763_01574798.jpg



どんどん細くなって、ピシマーニエができてきます。










f0232763_01575514.jpg




ちなみに。お盆の下には、火。
温めながらじゃないと、飴がすぐ固まっちゃうものね。












f0232763_01580570.jpg



ふんわりピシマーニエの完成です!!

出来立てを味見させてもらいましたが、
ほのかに暖かくって、口に入れるとふわりと溶けて、
・・・おいしいっ。









f0232763_01581352.jpg



冷めたら、型で成形。










f0232763_01582021.jpg




『食べるのは簡単だけど、作るのは大変だよ~』
と職人さん。

3方向から同じ力を加えないと、飴が切れちゃうし、
何よりも、ものすごい力仕事だしね。










[PR]

by akdeniz_tk | 2016-11-28 18:00 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/27079733
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fsnote2 at 2016-11-28 18:03
ひゃー凄い!
ほんと、韓国の龍の髭の大変版!(笑)
その溶けるようなふわふわ感、味わってみたいです~(^^♪
Commented by hogecyan at 2016-11-28 18:13
わー。こういうののもっと小さいの、横浜中華街で見たことあります(^^)
Commented by arare719 at 2016-11-28 22:51
ホント、面白いお菓子ですね〜♪日本の綿あめみたい。
それにしても大きな大人が3人がかりで誰が思いついたのか、凄い発明ですね。

でも、今深夜、食べたいのは下のパインミー!大根と人参の酸っぱいサラダにコリアンダー、野菜好きにはたまりません。それに、レバーペースト(食べたことないけど、決めてなんでしょうね)とハムと美味しそうなパン、ミ二メキメッキ。乾燥しているので、スパーククリングワインでつまみたいです。もう一つ注文するなら、カイマクとはちみつのコーンブレッドの!シカッリした甘みものも欲しいかもーー。


Commented by stellalove124 at 2016-11-29 06:45
楽しい写真とアクデニスさんの解説に、
自分でも作れそうな錯覚に陥りましたよ。うそうそ。笑
これを食べるためトルコに行ってみたいくらいです。

バインミー、ゲットしたパンはこれだったんですね。これも美味しそう。
Commented by akdeniz_tk at 2016-11-29 18:12
Fさん
韓国の龍のひげと似ているようで違いますよね。
龍のひげの作り方は動画で見ただけですけど・・・。
どちらも。ふわふわしていて、口の中で溶けていく食感がおいしいですよね。
Commented by akdeniz_tk at 2016-11-29 18:13
keitoさん
中華街なら、ご覧になったのは韓国の龍のひげだったのかしら?
ふんわりしていて、優しいお菓子ですよね。
Commented by akdeniz_tk at 2016-11-29 18:16
arareさん
体格のよい男性じゃなきゃできないってすごいお菓子ですよね。
赤い服を着た職人さん(たぶんいちばん偉い人だけど)、
引っ張るとき、顔を苦しそうにしかめていたので、相当な力が必要なのだと思います。

バインミーのレバーペースト。普通のレバーペーストよりもあっさりしています。
ほんとうは、豚肉のハムやら焼き豚を入れたいとこですが、イスラム教徒の多い、
トルコでは手に入らないので・・・。
Commented by akdeniz_tk at 2016-11-29 18:19
すねーるさん
作るのを見ているとおもしろいし、食べるとおいしいお菓子だけど、
作るのは難しそうですよね。力が足りないです。
推定100kgの巨漢が反り返っているって、どんだけ力をかけているのだろ?
って思っちゃいました。

バインミーのパン。おいしそうでしょ?次は、パンに練乳バターを挟んでって思っています。
Commented by kaorainne2 at 2016-11-29 20:24
わかりやすい作り方の工程ですね。
職人さんたちはサラッと作っていますが、実は暑いし重いし大変な作業ですね。
下から火を灯しているとわかっただけで想像できます。
このお菓子、どこの国かは忘れましたが見たことがありそして口にしたこともあります。出来立て私も食べてみたいです。

↓のバインミー、おいしそうですね。
KLでも美味しいお店があるのですが、いつも混雑していて行く気になれずでも久しぶりに行ってみたくなりました。
レバーペーストも自家製なのですね、さすがakdenizさん!
Commented by akdeniz_tk at 2016-12-01 06:10
Kaorainneさん
今は秋だからよいけれど、夏場を考えると、さらに過酷なお菓子ですね。
お菓子自体は、ふんわり甘く優しいのに・・・。
似たようなお菓子が韓国にもあるし、他にもありそうですよね。
韓国のは、一人で軽々と広げていたから、材料が違うとずいぶんと作業も変わってきそうです。
KLだとバインミーありそうですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード