チャムル・ペーニル入りオトゥル・ギョズレメ。








f0232763_00065783.jpg





チャムル・ペーニルを使って、ギョズレメを作りました。

オデミッシュのパザルで教えてもらった具、
(ただし、イラクサ以外。だって触るのがねぇ~)
野菜や野草をたっぷり使っているので、エーゲ風?



と。思っていたら、講習を受けているトコの近くのパザルで、
似たような具のギョズレメを焼いていました。
・・・アンタルヤのギョズレメ屋さんでは、今まで見たことなかったのに。
 作っているトコもあるのね。
 (アンタルヤのパザルのギョズレメは、そのうち登場すると思います)












f0232763_00084839.jpg




お家で作るのなら、具だくさんで!!
ってコトで、パザルのギョズレメの倍量の具を入れて、
上からバター(パザルだと普通の油が多いけど)を塗ったら、
とってもおいしかったです。


















[PR]

by akdeniz_tk | 2016-11-10 18:00 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/26807191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Mchappykun2 at 2016-11-11 04:26
バターを塗ったら、それは美味しそう!イラクサは素手では触れませんよね。私はゴム手袋使います。でも、火を入れたらもう大丈夫なんです。
Commented by akdeniz_tk at 2016-11-12 05:01
Mchappykunさん
イラクサ、パザルではそのまま(袋などに入らずに)売っていて、
触って大丈夫なのかしら?と買うのを躊躇してしまいます。
日本に帰ったら、普通のスーパーでは売っていないので、
トルコにいる間に、食べてみようかな?と思っているのですが、なかなか手が出ません。
Commented by fsnote2 at 2016-11-12 08:25
美味しそう~~~^o^
野菜や野草たっぷり具沢山がより魅力的です♪
トルコ食の旅(?)で得た素敵な一品。
今ユフカの生地を調整中ですが、なかなか気に入った仕上がりにならなくて;
でもエーゲ風ギョズレメ、絶対作りますっ!
Commented by akdeniz_tk at 2016-11-13 18:16
Fさん
ユフカ、上手にできると良いですね。
市販のユフカの作り方を聞いたら、「家庭では無理でしょう。。。」と言われてしまいましたが、
生地を作って、広げて、片面だけ蒸気で蒸して、洗濯物のように干して・・・
っていうような工程でした。。。日本でできないかなぁ~ってまだあきらめきれません。
エーゲ風のギョズレメ。おすすめです。普通のユフカでもできるので、ぜひ。
そのうち、普通のユフカで作るギョズレメもUPしますね。(最近、パザルで食べたので)
Commented by petapeta_adeliae at 2016-11-13 19:39
イラクサって初めて知りました。島根方面に広がっている
ようだから見たことがないのかな?
中国のチュンピンのようだけど、野菜だからツァイパン?
小腹の空いたお三時につまみながらおしゃべりしてみたいですね。
Commented by akdeniz_tk at 2016-11-15 20:33
ソーニャさん
イラクサって、島根にあるんですか?知りませんでした。。。
日本ではわたしも名前だけで、実物を見たことがなかったです。
春餅に似ているけれど、味にはお国の差がある気がします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード