オデミッシュ・キョフテ(40時間、エーゲの旅・その16)。

f0232763_18131799.jpg





2日目  4:20PM オデミッシュ・キョフテを考察する



遅めのお昼ごはんで、オデミッシュ・キョフテを味わったとき、
オデミッシュ通のお友達が、
「悪くはないけど、おいしいトコのオデミッシュ・キョフテはもっとおいしいよ~」
って話していたので、
オデミッシュを発つ前に、キョフテ専門店へ行きました。
お昼ごはんから、さほど時間が経っていないから、
お腹はちっともすいていないけど、食べておかなきゃ後悔しそうでものね。










f0232763_18140956.jpg



お友達一押しのキョフテ専門店に行ったら、
すでに売り切れ!!
「早めに行かなきゃなくなる」ってお友達も話していたけど、
  まだ4時半前なのに、もうないって・・・残念過ぎです。


最後の注文のキョフテが焼かれている様子だけの、記念写真。
あと10分早く行ったら、
きっとこの最後のキョフテは、わたしたちのモノだったハズなのにね。









f0232763_18141822.jpg



有名店のある通りは、キョフテ通りと言ってよいほど、
キョフテ専門店が並んでいます。












f0232763_18142723.jpg



お店の前で写真を撮っていたら、
『入っておいで~』と中に入れてくれました。

キョフテを焼く鉄板の左には、溶かしバター。
パンに肉汁の混ざった溶かしバターをたっぷり染み込ませるのが、
オデミッシュ・キョフテの特徴です。







f0232763_18144460.jpg


キョフテ自体にも、特徴があります。

左の色が濃い方は、普通のキョフテ。
右の色が薄いのが、オデミッシュ・キョフテで、
イルミック(セモリナ粉)入り。










f0232763_18143575.jpg



ここのお店の人は、とっても親切。
中に入れてもらって、何も頼まず、写真だけ撮っていたのに、
キョフテまで味見させてもらいました。
・・・ありがとう!!











f0232763_18145279.jpg




溶かしバターたっぷりのパン、キョフテ、トマトが基本の盛り付けです。














f0232763_18152232.jpg



名店のキョフテは食べられなかったけど、
2つのお店のオデミッシュ・キョフテが味わえたから、
あんまり悔いは残っていません。






次回は、イズミルへの帰り道。
トルコで、初めて列車に乗ります。








[PR]

by akdeniz_tk | 2016-11-05 18:36 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(12)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/26528837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Mchappykun2 at 2016-11-06 00:12
キョフテも色々あるのですね。形は同じですか?セモリナ粉入りがオデミッシュ・キョフテですか。一押しのところが食べられなくて残念でしたが、2箇所も行かれたのですね。本場物のキョフテ、やはり食べてみたいです!
Commented by fsnote2 at 2016-11-06 03:11
いや~残念でしたね;
流石お友達一押しのお店。
でもお味見出来てラッキー♪
本当にトルコ人って、人懐っこくて、優しいですね。
パンにしっかり味を含ませる・・・増々美味しそう♪
種類の違うキョフテ、食べて見たいです。
Commented at 2016-11-06 03:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by melocoton1 at 2016-11-06 17:17
キョフテも美味しそうだけど、肉汁とバターが染み込んだパンって聞いただけで、涎ものです。

4時ぐらいに売り切れちゃうってよほどの人気店ですね。

残念。。。
Commented by めい at 2016-11-07 17:37 x
美味しそう!!!
トルコの食べ物ってみんなみんな美味しそうだし、お店の人もすごく楽しそうだし、
私もトルコ語を話せるようになって、自由にあちこち行って、たくさんトルコ名物を食べたいです。

寒ーい東京の空の下から、ため息つきつつ見ています。
春になって温かくなったら、トルコに行きたいです。
Commented by akdeniz_tk at 2016-11-07 23:47
Mchappykunさん
キョフテとひとことで言っても、形から材料まで様々です。
オデミッシュのキョフテの特徴は、セモリナ粉入りってお店の人は言っていました。
あと、肉汁バターをたっぷりつけたパンを添えるのも、他ではあまり見ないです。
オデミッシュの近くにティレという町があるのですが、ここにも名物キョフテがあるし、
エーゲでは、イズミル、マニサにもそれぞれ都市の名がついたキョフテがあります。
食べ比べて見ると、おもしろいですよね。
Commented by akdeniz_tk at 2016-11-07 23:50
Fさん
名物キョフテ。いちおしのお店で食べられなかったのは、ほんと残念でした。
最近では、黒海に行く直前にブルドゥルのブルドゥルキョフテ、
黒海でも、アクチャバット・キョフテスィを味わいました。
ほんと、同じキョフテなのに、少しずつ違っていて、興味深いです。
Commented by akdeniz_tk at 2016-11-07 23:51
鍵コメさん
教えてくださって、ありがとうございます。修正しました。
Commented by akdeniz_tk at 2016-11-07 23:53
melocoton1さん
早くいかないと売り切れになるってわかっていたけれど、
ここまで早い時間に終わってしまうとは・・・残念でした。
肉汁+バターがしみ込んだパン。想像するだけで、おいしいってわかりますよね。
Commented by akdeniz_tk at 2016-11-07 23:57
めいさん
トルコを旅するのなら、トルコ語が話せると便利ですよね。
観光地を回るだけなら、英語でも事足りますが、
ローカルなとこで、知らない食材などのことを聞いたり、お店で名物の特徴を教えてもらったり
ってするなら、トルコ語じゃないと会話が成り立たないです。
来年は、もう少し情勢が安定するってみんな期待しているので、
楽しくて盛りだくさんなトルコの旅ができますように・・・。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-11-08 21:56
味見でもありつけてよかったですね。
4時に完売ってことはそれだけファンが多いと云う事。
午前中の完売よりはまだいいかも。
餃子の町の宇都宮には宇都宮餃子館なるところがあって
一度に何店舗の餃子が食べられるそうです。
あっちこっちのキョフテが一度に食べられるお店があればいいのにね。
Commented by akdeniz_tk at 2016-11-09 02:50
ソーニャさん
本命のお店は、味見もできませんでした。
キョフテだから、ボレキと違って午前中の完売はないでしょうね。
ボレキだったら、人気のあるところは、11時ごろに終わっちゃいます。
各地のキョフテを一堂に集めたお店ができたらうれしいです。
エーゲ地方だけでも、オデミッシュ、ティレ、イズミル、マニサ・・・それぞれの都市に名物キョフテがありますしね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード