Şambali(40時間、エーゲの旅・その3 )。

f0232763_00352055.jpg



1日目 10:40AM Çankaya界隈 散策中


Kızlarağası hanıから、Hisarジャーミー付近にかけて、
たくさん飲食店があって、評判の良いお店結構多いです。


わたしの『エーゲで食べたい、ご当地グルメ』リストの中にも、
ここで食べておかなければならないのが、2つあります。


1つ目は、Hisarönü Şambalicisi の Şambali(シャンバル)。

Şambaliは、Şam TatlısıとかŞambabasıとかbaba tatlısıとも言う
イルミック(セモリナ粉)入りのケーキにシロップをかけたお菓子です。
(イズミルだけじゃなくて、アンテップでも有名らしいけど)





f0232763_00353015.jpg




思っていた以上に小さいお店で、なかなか見つけられなかったけれど、
有名なお店なので、近くのヒトに聞いたら、すぐに教えてくれました。








f0232763_00353969.jpg



売っているのは、シャンバルのみ。

大きなテプシ(トレイ)が2段。
後ろにも、たくさんのシャンバルが並んでいます。








f0232763_00354918.jpg



カイマク(クロテッドクリーム)入り 1個2.5TL。











f0232763_00355754.jpg



中までしっかりカイマクがサンドされていました。

トルコのシロップ漬け系のお菓子って、
全体がべとべとになるぐらいシロップがしみ込んでいるコトが多いですが、
ここのは、表面は硬くて、シロップも少なめで、
とってもおいしかったです。さすが、有名店ですね。









f0232763_00360716.jpg



他に支店もないし、
わずか1畳半ぐらいの小さなお店だけど、
1942年創業の老舗のシャンバル屋さん。

イズミルに行ったら食べておかねば!!っていうような、お菓子でした。



Meşhur Hisarönü Şambalicisi
901. Sk. No:13/A Hisarönü Konak


[PR]

by akdeniz_tk | 2016-10-18 01:19 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/26450463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fsnote2 at 2016-10-18 07:08
わ~本当に老舗ですね!この狭い店舗がまた味があります。
噛めばシロップがジュッっと出るようなイメージでしたが
サンドされたカイマクが生きる仕上がりなんですね。
これからもずっと伝統を受け継いで、続いてほしいお店ですね。
Commented by hogecyan at 2016-10-18 22:51
けっこう甘そうにも見えますが、
おいしいんですね^^
可愛いお店ですね^^
Commented by Mchappykun2 at 2016-10-19 01:48
1942年創業とはすごいですね。
見た目より甘くないのですね。
上に乗っている赤い粉は何でしょう?
Commented by akdeniz_tk at 2016-10-19 02:52
Fさん
普通、カイマク入りって言っても、カイマクを上にのせているだけなのですが、
ここのは、ちゃんとサンドされていて、さすが!でした。
シャンバルは、いろいろなトコで食べられますが、ここのは比較にならないほど、
おいしかったです。
Commented by akdeniz_tk at 2016-10-19 02:53
keitoさん
トルコのお菓子なので、当然、甘いのですが、
カイマクが無糖だし、シロップが少ないので、
ちょうどよい感じに仕上がっていましたよ。
Commented by akdeniz_tk at 2016-10-19 02:55
Mchappykunさん
赤く見えますか?茶色の粉、シナモンです。
(パソコンによって色が違っちゃうのですね)
1942年から、シャンバルだけを作っているってすごいですよね。

Commented by petapeta_adeliae at 2016-10-19 12:49
デブシの隅からなんとなく火のようなのが見えるけど、
ずっと温めているのですか?
甘すぎて嫌がるのは日本だけだといわれましたが、
トルコも日本人の味覚に近づいてくるのかしら?
第二次世界大戦から続いているんですね。
Commented by bayswater92 at 2016-10-20 16:25
こんにちは!アンです。
わ、これも食べ逃してます!(すみません!コメント最新記事から書いています^^;)
シャムっていうから、ダマスカスのお菓子なんでしょうか!?
って関係ないのかな!?
カイマック入りがすっごく美味しそう。これ、私絶対好きです。
またイズミルに行かねば~・・。アンテップにもあるんだ~・・。うーん。笑
Commented by akdeniz_tk at 2016-10-21 13:48
ソーニャさん
火じゃなくて、テプシの下にはさらにテプシがありましたよ。
シロップがけのお菓子なので、温かくはないえす。
健康を考えてってことなのか、世界的に、少しずつ甘さ控えめに移行しているような気がします。
トルコでも、チャイを無糖で飲む人が増えてきているし、お砂糖を入れるにしても、
量を減らしている人が多いです。
Commented by akdeniz_tk at 2016-10-21 13:53
アンさん
アンテップにもあるので、結構、どこでも食べられるお菓子なのでしょうが、
名店として挙げられるのは、イズミルのこのお店です。
イズミル名物だと、ゼルデとかロクマなのかもしれないですが、
ここのお店のシャンバルに惹かれました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード