セルプメボレイを習いに。

f0232763_18480741.jpg





今まで、何度もUPしていますが、
アンタルヤの名物ボレキ、セルプメ・ボレィ。


職人さんの技を学びに、
お家の近くのお店に行きました。






f0232763_18482182.jpg




セルプメ・ボレイは、ひき肉入りか、白チーズ入りの2種類。















f0232763_18484448.jpg





厨房に入れてもらって、
わたしも、生地を延ばしました。


予想はしていたけど、やっぱりそう簡単にはいかないものですね。

何度かやって、わかったコトは、
(忘れそうなので、書き残しておこうと思います)

1.両手の間をあまりあけない
2.最初は、少し強めに大理石の台にたたきつけるように広げる
3.穴が開いたら、そっと補修
4.でも、真ん中に大穴が開いたら、あきらめる(→ピデ用の生地に)




で。いくつか作らせてもらった結果が、
天板の上にあるボレキ。

なんとなくコツがつかめた気がするし、
後は回数をこなせば、きれいにできるようになるのでは?
と職人さんにも言われました。



f0232763_18483536.jpg


焼くのは、ガスオーブンで、
6~7分ぐらいでした。














どうして、ボレキを習いに行こうか?と思ったかというと、
年末を目途に、帰国することにしました。



いちばんの理由は、やっぱりテロやらクーデターなど、
トルコの状況が微妙だから。

そして、それに付随して出てくる諸問題も大きいです。
トルコ・リラの価値が低下したり、
観光客が激減したので、観光業などが大打撃をうけたり・・・。

特に、アンタルヤでは、観光業が打撃を受けると、
まったく関係がないようなところにも、やっぱり影響が出てきます。
(風がふくと、桶屋がって感じですね)


来年はよくなる!っていうトルコ人も多いけれど、
そうすぐには元通りにならないのではないか?ってうのがわたしの予想。



わたしの場合、お店を閉めたので、どこかで働く必要があるのですが、
就職先(ホテルの厨房など)がこの不景気で少ないし、
お給料の提示額も、以前(5年前)よりは下がったとはいえ、
トルコ人から見たらまだまだ好条件だけど、
日本円で換算すると、かなり目減りしちゃいます
(この額で働いてお金を貯めるとなったら、
 日本への往復の航空チケットを買うのさえ数年かかるねってぐらい)



そもそも、そこまでして、無理にトルコにいる必要はまったくないので、
日本へ帰ろうって決めました。



帰国してから、何をするかは不明ですが、
お料理関係で、何か見つけたいと思っているから、

ボレキ、ギョズレメなどのハムルイシ(粉もの)は、
帰る前に、一通り、習得しておくつもり。
・・・日本人、粉もの好きが多いですしね。



不特定多数の方が閲覧可能なブログなので、
プライベートをどこまで書こうか悩んだけれど、
近況をご報告しておきます。





[PR]

by akdeniz_tk | 2016-09-14 02:34 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(16)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/25889249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Mchappykun2 at 2016-09-14 03:35
一大決心をなさったのですね。今後の事はゆっくり御考え下さい。どこに住んでもガッツのあるakdenizさんですから、大丈夫だと思います。これからもずっと応援しています。
Commented by ago1-filo2 at 2016-09-14 10:45
息子の トルコへの修学旅行をきっかけに ブログを拝読しております。
異国(古いかなぁ)で 孤軍奮闘された経験が
大きな花を咲かせますように…。
まずは 羽根を休めて。温泉なんかいかがでしょう(古いかなぁ) 
Commented by fsnote2 at 2016-09-14 10:47
ボレキを習いに!なんて羨ましい♪
厨房での体験、一つ一つに興味が湧きます。
akdenizさんの体験記録、貴重な情報でφ(..)メモさせて頂きますね。
家で焼けるようになるのが私の夢です。

帰国を決められたのですね。
毎回とっても楽しみにしているトルコとakdenizさんの様子が
拝見出来なくなるのは寂しいですが、社会情勢が悪いのは厳しいですもの。
ハムルイシの習得、頑張ってください!
そして出発までのトルコの生活を楽しんでくださいね。
まだまだアンタルヤからのブログ発信、楽しみにしていますよ。^^
Commented by surigon at 2016-09-14 10:57
ボレキ作りされたのですね。
とっても難しそうなのに、「回数をこなせば~」だなんて、やはりお料理のセンスがある人は違いますね。私は料理が嫌いだから、無理ですわ(笑)
日本に帰る決心をされたのですね。
テロのニュースを見るたびに心配でした。ご家族も安心されるでしょうね。
暫くはゆっくりと体を休めてください。
Commented by akdeniz_tk at 2016-09-15 03:35
Mchappykunさん
日本に適応できるか?ってものすごく不安なのですが、
これから数年は、トルコの状態が変わらないのでは?って思うので、
しょうがないです。自分で頑張ればなんとかなるコトじゃないですし。
できるのは、テロのない世界を祈るだけです。
Commented by akdeniz_tk at 2016-09-15 03:38
ウフさん
こういう情勢になるってわかっていたら、
お店を開かなかったと思うけれど、
お店を開いたこと自体には、後悔はしていません。
(こんな情勢じゃなければ続けられていたから、残念だな・・・っては思いますけど。)
いちばんの不安は、すっかりトルコナイズされちゃった感覚が、
日本に帰ったら、もとに戻るかしら?ってことです。
Commented by akdeniz_tk at 2016-09-15 03:44
Fさん
ハムルイシ。日本でもウケそうだなぁ~って思っています。
ピデとかも良いけど、やっぱりボレキですよね。

パスポートとビザが12月の終わりに切れるので、
その前に帰ろうって思っています。
戸籍の住所を変えているので、海外でパスポートを更新するにも、
戸籍が必要だそうで(しかも、大使館はアンカラだし・・・遠いです)。
本当は帰る前に、バルカンの方にも行きたかったのですが、
パスポートの残存期間を考えると、
一度トルコを出たら今のパスポートじゃ再入国できないことに気がつきました。。。
トルコ国内に絞って、帰る前に行けるところに行っておこうかな?って思っています。
変わった食材やお料理を見つけたら、UPしますね。
Commented by akdeniz_tk at 2016-09-15 03:58
surigonさん
コツをつかめば、きっと誰でもできる気がします。
パフォーマンス的にも、楽しいですし。。。
頑張って、練習しようと思います。

日本でのトルコの話題はテロの報道が多いから、
親をはじめとして、みんなに心配をかけていました。
お店もやめたのだし、日本に帰ってきてほしいって言われると、
絶対にこっちにいる必要のない今、確かにと思うところもあって、
帰国を決意しました。
久しぶりの日本生活、ちょっと怖いです。
車で反対車線を走ったらどうしよう?とか、
スーパーでお金を払う前にペットボトルを開けてしまいそうとか
(飲みかけでも、後からレジで清算可能)。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-09-16 12:39
アクデニズ。さんは元々器用だから3回もこなせば師匠並みになるはずです。
山陽新聞でしたか?載ってこともあるので公的施設などで講習会などを
開いたら人が集まると思います。トルコで生活した分、得たモノも
沢山あるから一気に第一人者になってしまえばこっちの勝ちです。
スペイン料理の先生は14年スペインに住んでいて、そのときに
何カ所かの料理学校に通いったそうで、離婚を機に帰国して
料理教室を開きました。
生活、ましてお店まで開いているのが強みです。
がんばれ!

Commented by akdeniz_tk at 2016-09-17 06:08
ソーニャさん
最近、トルコの粉ものの料理本が日本で出版されたみたいで、
少し遅かったかなって思うのが残念です。
ただし、セルプメボレイとか、ちょっとマイナーで、
でも、おいしい粉ものは網羅していないので、
それはトルコに住んで学んだ強みになりますよね。
日本に帰ってからのコト、不安もいろいろあるけれど、
とりあえず帰ったら、適応できるのでは?って思っています。
どこででも生きていけるって、友人には言われているので、
きっと日本でも大丈夫なハズ。(そもそも、100%日本人ですしね)
Commented by kaorainne2 at 2016-09-17 08:56
ボレキレッスン、いろんな発見があってよかったですね。覚書、きっと後から見たときに役に立つと思います。私は不器用なのできっと皮を伸ばすのに四苦八苦しそう。Akdenizさんならきっと極められると思います。

本帰国されるのですね。
決心されるまでに色んな思いが駆け巡ったと思いますが、どこの国に行かれてもAkdenizさんのスタイルで何事にも挑戦されて充実した生活を手に入れられることと思います。
いつかお店をされる際にはぜひ行かせていただきますね。

⇩okura私も英語と日本語が同じと知ったのがつい先日です。インド人のヨガの先生たちがオクラオクラと話していて驚きました。

それからイチジクのロールケーキ、とっーーても美味しそう。私イチジクが大好きなんです!丸ごとイチジク、トルコならではのケーキですね!
Commented by akdeniz_tk at 2016-09-17 14:25
kaorainneさん
覚書ってとっておかなきゃ、忘れますよね。
しかも、紙のメモだと、なくしちゃうかもしれないから、
いちばん確実な、ブログメモにです。

すっかりトルコになれてしまったので、帰国とそれに伴うお引越しを考えると、
ものすごく億劫なのですが、
来年、景気が回復して、観光客が激増するとは思えないですし・・・。

オクラが英語だって、ほんと意外ですよね。
和名は、なに、それ?ってぐらい馴染みがなかったです。

イチジクのケーキ。ほぼイチジクでおいしかったです。
生地やクリームが少なめな方が、好みなので。
Commented by bayswater92 at 2016-09-18 13:27
こんにちは!アンです。
本帰国、決心されたのですね。。
今の状況、ちょっと厳しいものがありますよね。
先が見えそうで見えない。。
日本でのご活躍、祈っています。
そして戻りたくなったらいつでもトルコに戻ってきてね。
Commented by akdeniz_tk at 2016-09-18 20:11
アンさん
最近のトルコ、先がどうなるか?って不安ですよね。
とりあえず、日本で頑張ってみようって思いました。
良い歳して、ゼロからのスタートだから、トルコの先行きよりも不安ですけど・・・。
Commented by cerkez at 2016-09-22 19:12 x
アクデニズさん、こんばんは。

ご帰国されるのですね。私はちょうど1年前に帰国しました。
韓国なんて目と鼻の先だし、一時帰国もしてたし楽勝!って
思いきや、やっぱり慣れるのには時間が必要でした。

私が一番苦労したのは住居と就職先の確保です。
でも1年経った今では、あれは必要な苦労だったのかなーと
感じてます。

変化に慣れるのは大変だけど新しい発見もあったりで、
ご自身のユニークな体験にうまくブレンドされて
さらに豊かな毎日になっていくのではないかなーと
勝手に想像してます^^

ご帰国先が東京だったらいいのにな。
引続きブログ楽しみにしてます:)
Commented by akdeniz_tk at 2016-09-23 07:07
cerkezさん
こんばんは。
住居は親元に帰るつもりなので問題がないのですが、
就職はどうしよう・・・って不安です。
年齢的に、就職できそうにないので、起業する必要があるのかな?
って思っています。
ボレキなどを含めたトルコ料理やお菓子、
後は、トルコの手工芸など、わたしらしくアレンジできたらよいのですが。

帰国先は、東京ではないですが、東京や大阪のイベントなどに参加したいと思っているので、
その時に、お会いできたら嬉しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード