サジ・カヴルマ(鉄板炒め)とラマザンイベント。

f0232763_22301197.jpg




最近、
ちゃんとした外食は、ほとんどしないんだけど、
ちょっと前に外で食べた、サジ・カヴルマ。

訳せば、鉄板炒めですが、
ちゃんとしたトコで食べた訳じゃないので、
普通に(たぶんテフロンの)フライパンで作ったトルコ風牛肉と野菜の炒めものです。


こんなに牛肉って硬かったけ?
ってぐらい肉は硬く、筋が自己主張していて、
いつ飲み込めばよいのか?悩むほど。


でも。お味は悪くなかったので、
お肉を避けつつ、野菜を食べてしまいました。。。



よく考えると、最近、硬いものってほとんど食べていないから、
(鶏肉中心、せいぜい、たまにひき肉)
もしかして、顎が退化している??って反省。

きっと、こんなお肉を食べたら、顎がものすごく鍛えられるハズ。






さて。ラマザン(断食月)も今日が最後。
明日から、ラマザン・バイラム(ラマザン祭り=シェケルバイラム=砂糖祭)の大型連休になります。




f0232763_22302656.jpg


昨日、カレイチ(旧市街)に出かけた帰り道、
ラマザン期間中のイベントを開催している、カレイチの近くの公園へ。

お昼とは違って、かなり賑わっていました。 
  ※お昼の閑散とした様子は、ちょっと前にUPしています。









f0232763_22304092.jpg



ほんとうは、全く寄り道する気はなかったんだけど、
カレイチで車を止めるスペースが見つからなくって、
結局、かなり遠いトコに駐車したので、
どうせ歩くのなら、夜の様子も見ておこうかなぁ~と。


それに、ギョンベ用スパイスが売っているかも?
っていう期待もあったしね。





f0232763_22305785.jpg



飲食系の出店は、アイスクリーム屋さんが多かったです。

日本だと、かき氷屋さんでしょうけど、
トルコだと、やっぱりドンドルマ。








f0232763_22312957.jpg




アイス屋さんの横の水のペットボトルの量にも、ちょっと驚いたり・・・。









f0232763_22311251.jpg




特設会場では、歌手がトルコの曲を歌っていました。

聞こえてくる歌が、ちょうど
以前、一緒に働いていた調理師さんがうないながら料理をしていた曲で、
なんとなく歌詞を聞いていて、ビックリ。


調理師さんは、
♪♪bu fasulye 3.5 lira, hem kaynasın hem oynasın ♪♪
(この白いんげんは3.5リラ、ぐつぐつ煮立せろ!同時に踊らせろ!!)

って、歌っていて、

『調理師さん、今時、3.5リラじゃ、白いんげんは買えないでしょう?』
なんて話をしていたのですが、


本当は、
♪♪bu fasulye 7.5 lira, hem kaynasın hem oynasın ♪♪

・・・調理師さんが、勝手にずいぶんと値引きしていたみたいです。




どんな曲かは、リンクしておきますね。












f0232763_22313849.jpg



カレイチ(旧市街)も、賑わっていましたよ。



明日から、トルコは大型連休です。






[PR]

by akdeniz_tk | 2016-07-05 01:54 | アンタルヤの事情(生活編)。 | Trackback | Comments(12)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/25409842
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fsnote2 at 2016-07-05 11:09
硬い牛肉・・・ちょっと残念でしたね。
私は韓国人に、堅い物は食べちゃダメ!って言われました。ガムも。
それは顎の筋肉が発達して顔が張って顔が四角くなるから・・・だそうです。f(^^;
流石韓国!のご意見ですね。(笑)
でも顎を使ってよく噛むと、脳の働きが良くなるとも聞いたんですけどね~
ラマザンが明けて、皆さん連休がお楽しみですね。
カレイチ、楽しそうです♪
調理師さんの歌、4リラの値引き、面白い~。^o^
動画を拝見して、トルコ音楽にクラリネット!?というのが意外でした。
もっとトルコチックなラッパ的金楽器を想像していたので・・・
そして動画に出る女性が結構肌を見せていてそれもビックリ!
こういうMusic Videoだからでしょうか?私が古いのでしょうか?
Commented by yk-voyant54 at 2016-07-06 01:15
こんにちは。お久しぶりです。
お店をたたまれてから、どうされているのかな?と思っていましたが、
そのおかげで街の風景も見ることができて、私はハッピーですよ。
どんな所に住んでいるんだろう?と興味津々ですからね。
添付されていた動画も見ましたよ(聞きました)
どこかで聞いたような音色、これがトルコなの?
しばし考えて浮かんだのが旋律がインド音楽みたいですね。
やっぱり西南アジアは繋がっている歴史。
文化・芸術・音楽・料理、少しずつ違っても源流は同じような、
細かく民族が分かれてはいるけれど源は同じような・・。
この曲を聴く限りトルコはヨーロッパじゃあないよね。
きっと「橋」の役目なんだろうな。そういう所に日本人の
akdenizさんが住んでいるのは何故?不思議であり魅力的であり、
なんて言うのか好奇心が沸いてしまうのです。
Commented by Mchappykun2 at 2016-07-06 03:27
前にもakdenizさん、トルコの牛肉は硬い、と仰っていましたよね。元々の牛肉の質なんでしょうか、それとも切り方なんでしょうかね。あんまり硬いのも考えものですよね。

ノリの良い歌ですね。調理師さんの勝手な値引き、面白いです。希望的なお値段なのかしら?
Commented by bayswater92 at 2016-07-06 05:26
こんばんは!アンです。
牛肉、硬いのありますよね~。
私も調理する時は、スルイェメッキの時に牛肉使って
圧力鍋で作ると柔らかくなるので、そうしています。
ただパンで焼いただけだとどうしても硬くなっちゃいますよね・・。
今日からバイラム、今日はラマザン中のリズムがそのままで
あんまり寝れなくて疲れました~。笑
よいバイラムをお過ごしください~!
それにしてもファスリエの歌、知りませんでした!笑
Commented by akdeniz_tk at 2016-07-06 10:47
Fさん
調理師さんの勝手な値引き、笑いますよね。
しかも、半額以下だし。。。
最近のトルコだと、スカーフをかぶって、
袖の長い服とマキシ丈のスカート(もしくは長ずぼん←久しぶりに使った単語です)
を履いている女性は、少なくなってきています。
(いない訳じゃないですけど、例えば、調理師さんのトコは敬虔なイスラム教徒なので、娘さんはそんな感じだし)
日本よりも肌を露出した格好のトルコ女性も結構いますよ。

硬い牛肉。食べた場所からして期待しちゃ駄目でしたが、顎がだるくなっちゃいました。。。
Commented by akdeniz_tk at 2016-07-06 10:52
ボヤントさん
インドの音楽にも似たトコありますよね。
踊るための曲って感じだし・・・。
歌詞も変なの結構ありますよ。「オリーブオイル入りは食べないよぉ~」で始まる曲とかあるし。
わたしがトルコに居る理由って、なんでしょうね?
最近の情勢を考えると、この先、居続けるかどうかはかなり微妙です。
日本で、トルコ風なお料理関係のお仕事をって考え中ですし・・・。
Commented by akdeniz_tk at 2016-07-06 10:55
Mchappykunさん
お肉が硬いのは、きちんと熟成させていないのが原因では?って思っています。
特に、安いお店で使っているお肉はだめですね。
耳に残る曲ですよね。調理師さんがよく歌っていたので、覚えちゃいました。
が、値段が違いました。。。
Commented by akdeniz_tk at 2016-07-06 11:03
アンさん
ramazan bayraminiz mubarek olsun!!
圧力鍋だと、硬いお肉も柔らかくなりますよね。
カヴルマよりも、煮込みの方が、トルコのお肉はおいしいですよね。
ファスリエの歌。わたしも、ウスタが歌っていたので知りました。
料理を作りながら、よく歌う愉快なおじさまだったのです。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-07-06 12:27
親しみの持てる歌手ですね。
替え歌を歌っているコックさんなんとなく人柄が良さそう。

硬いお肉って叩くとか、筋を切ればいいのにって
思うけど、その堅さがトルコでは好かれるのかしら?
Commented by akdeniz_tk at 2016-07-12 11:39
ソーニャさん
調理師さん、楽しいおじさまでしたよ。

お肉は、ある程度の硬さがないと駄目なのかもしれません。
けど、ここのは硬すぎ。
高級お肉屋さんのお肉は、それなりに柔らかい(日本とは比べちゃだめだけど)ので、
トルコ人でも、硬すぎるお肉は好まないと思います。
結局は、きちんと熟成させているか?ってことなのだと思います。
Commented by kaorainne2 at 2016-07-15 21:06
お肉の固さ、マレーシアでもあるある話です。
飲み込むタイミング、本当に困りますよね。
一層のこと吐き出したいと思うほど苦しかったことがあります。

公園の風景、こちらのモスク付近と似ていますね。
ラマダン明けの屋台(??)やマーケットはマレー系の方々で大賑わいです。

コックさんの替え歌ネタ、クスッと笑ってしまいました。
値引きも中途半端な感じで面白いですね。
Commented by akdeniz_tk at 2016-07-17 05:42
kaorainneさん
断食明けの時間帯は、イスラム教徒の方でにぎわいますよね。
きっと、マレーシアでも同じなのでしょうね。

調理師さんの勝手な値引き。
よく空耳で聞き間違えをするけれど、今回はわたしが原因じゃなかったです。
語調も曲にぴったりで、ほんと気が付かないまま、覚えていました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード