メンゲンピラフとメンゲンケバブ。

f0232763_08243159.jpg





トルコで、『調理師さんの街』として有名なのが、ボル
(アンカラとイスタンブルの中間点の県)。
毎年、メンゲンでは、調理師さんフェスティバルが行われています。




そんな町(人口を調べたら、14000人弱だから、村?)だから、
ご当地料理もいろいろあって・・・。








f0232763_08244275.jpg


メンゲン・ピラフ。

羊肉+野菜+ハーブ(ディル)入り。











f0232763_08245925.jpg



メンゲン・ケバブ。

トルコ料理では、羊肉の煮込みの上に、
マイナーな存在のベシャメルソースをかけた
これがケバブ??って感じの見ためのお料理です。
  ※上にベシャメルソース以外をかけるバージョンもあります


レシピをメモしようと思ったけど、材料がものすごく多いし・・・、
楽天レシピに書いたので、そのリンクを貼っておきます。



[PR]

by akdeniz_tk | 2016-05-08 11:42 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/25211546
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hogecyan at 2016-05-08 17:41
こういう形のケバブもあるんですね。
美味しそうです
Commented by fsnote2 at 2016-05-08 18:53
調理師さんフェスティバルなんて超~魅力的!
ディルは魚料理に良く使われますけど、羊とも合いそうですね。
メンゲン・ケバブ、確かにケバブ?とは思いましたけど、
美味しそうなお料理(^^♪
ホントに沢山の材料!f(^^;
でもそういうのはより闘志がわきますっ!
Commented by petapeta_adeliae at 2016-05-08 23:55
メンゲンピラウもメンゲンケバブ、どちらも胃袋に直球です。

調理師さんのフェィティパルはコンテストとかないのかしら?
皆で批評し、試食できたら最高。

メンゲンビラウとメンゲンケバブの再現待ってまっす!
Commented by akdeniz_tk at 2016-05-09 01:09
keitoさん
ケバブもいろいろですよね。
ベシャメルソースで、カロリー高め。おいしいけれど、良いのか悪いのか。。。
Commented by akdeniz_tk at 2016-05-09 01:11
Fさん
ディルを使うピラフって、以前UPしたイチピラフに続きって感じですが、
でも、トルコでも、あんまり見かけないです。
メンゲンのフェスティバル。行ってみたらおもしろそうですよね。
メンゲンケバブ。機会があったら作ってみてください。
Commented by akdeniz_tk at 2016-05-09 01:14
ソーニャさん
コンテストもあると思うし、写真で見たトコ、ものすごく大きなお鍋でお料理を作って、
参加者に配っていたり・・・。

再現??一回作って気が済んだので、しばらくは作らないと思います。
メンゲンピラフの方も、楽天レシピにはレシピを残しています。
http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1170011580/
機会があれば、是非お試しを。
Commented by タヌ子 at 2016-05-09 21:54 x
ボスニアの料理はトルコの影響を強く受けてるから、このケバブはボスニア風肉じゃが、ボザンスキ・ロナツにベシャメルをかけてオーブンで焼いた感じなんじゃないかな?と勝手に想像中。
もしそうだとしたら、きっと美味しいと思う。
確かに材料は多いけど、やる気がある日に作ってみたい。
Commented by akdeniz_tk at 2016-05-12 02:28
タヌ子さん
煮込みなケバブって、トルコでも、メンゲンケバブ以外にもあるのですが、
ベシャメルソースをかけるっていうのが、かなり例外だと思います。
普通の煮込みケバブよりも、ひと手間多いですが、試してみてください。
トマト風味+ベシャメルソースは、美味です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード