松の実とレバーのピラフ(イチ・ピラフ)。

f0232763_04281561.jpg




レバーを使ったトルコ料理、iç pilav(イチ・ピラフ)。


トルコ言語協会(Türk Dil Kurumu:官立トルコ語の研究機関)のオンライン辞書によると、

バックギャモンのサイコロ大に切った羊のレバー、ナッツ、米、ザンテ・カランツ(小さな干しブドウ)、
油、スパイスを使って作るピラフのひとつ


  ※カランツとレーズンの違いがよく分からなくって、調べてみたら、
   こちらの中ほどに、写真が載っていました。
   (内容は、プラムケーキのコトなのですけどね。)





スパイスは、シナモン、オールスパイスを使うコトが多いですが、
今回は、オールスパイスは省略(手元になかったので)。
しかも、お肉屋さんで、
羊のレバーが売りきれだったので、牛レバーで作りました。

でも。普通にイチ・ピラフでしたよ~。
シナモンやディルのおかげでレバーの臭みもそんなに気にならないし、
ピラフもちゃんとパラパラ感があったから、おいしかったです。



トルコじゃお料理にお酒は使わないけど(イスラム教徒が多いしね)、
レバーを炒めるときに、お酒を使ったりすれば、
さらにおいしくなるんだろうなぁ~って気はします。




f0232763_04282579.jpg





【材料】
牛レバー 細く切る   100g
米 1カップ
たまねぎ 1/2個
松の実  大さじ1
ザンテ・カランツ  大さじ1
にんにく   1かけ
サラダ油 大さじ1
バター  20g
塩 小さじ3/4
胡椒 少々
シナモン  小さじ1/3
水  280ml
ディル 8本程度

【作りかた】
1.下ごしらえ
  米は洗って、30分程度水に浸けておく
  たまねぎはみじん切りにする
  牛レバーはよく洗う
  ディルはみじん切りにする
2.フライパンにサラダ油を入れて火にかけ、潰したにんにくを入れて、
  にんにくの香りがたってきたら、レバーを入れてよく炒める
3.塩(ひとつまみ、分量外)を振って、火を止める
4.鍋にバターを入れて火にかけ、バターが溶けたら、松の実を入れて炒める
  たまねぎを入れて、透き通るまで炒める
5.水をよく切った米を加えて、さらに炒め、米が透き通ってきたら、
  カランツ、レバー、塩、胡椒、シナモン、水を加えて、蓋をして水気がなくなるまで炊く
6.水気がなくなったら、みじん切りにしたディルを加えて、軽く混ぜ、15分程度蒸らす





[PR]

by akdeniz_tk | 2016-04-26 05:54 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/25159987
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hogecyan at 2016-04-26 07:04
レバーのピラフって初めて聞きました。
さいてんレバーの唐揚げしてないなあー^ ^
Commented by yk-voyant54 at 2016-04-26 13:23
こんにちは。昨晩、恒例となってしまったゲリラ訪問したのよ。
今はどうされていますか?のんびり・・でもないですよね、多分。
今日のピラフ、美味しそうですね。羊のレバー?
そうでした、イスラムは豚は食べないのよね。昔、北アフリカへ
行った時に羊肉を食べたら、すごく美味しくって大好きになって
しまいました。でも日本では都会でないと売ってないしね。
私はどちらかというと肉嫌いなの。でも羊は別!
こうして羊だと書かれてあるだけでワクワクとしてしまっています。
Commented by Mchappykun2 at 2016-04-27 04:40
ピラフにレバーと松の実とザンテ・カランツの組み合わせが面白いですね。
私も以前,ザンテ,って何だろうと思って調べたことがあります。レーズンより甘さが少ないと思います。ザンテカランツとブラックカランツは全く違うし、ややこしいですよね。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-04-27 11:07
トルコでも内臓食べるんですね。
レバーだけでもへぇ~となったのに、そこにシナモンとは?
味の想像が全く出来ず(?_?)
万年貧血なので週一で、レバーの串焼きかレバニラを
意識して食べるようにしています。
今週、松の実、干しぶどうを使っているのでレバーさえあればOKです。
Commented by akdeniz_tk at 2016-04-28 13:25
keitoさん
意外な組み合わせですよね。
はじめて知ったときには、え?って思いました。
Commented by akdeniz_tk at 2016-04-28 13:28
ボヤントさん
結構、だらけた生活をしちゃっています。
とにかく、暇があったら眠っているかも?お店を開けていた3年分の休息を、
一気にまとめて取っている感じですよね。。。
羊肉は、日本じゃあんまり食べないですよね。
トルコだと、牛、羊、鶏、たまに、山羊って感じかな。山羊はお店では売っていないけど、
村とかで出てきます。安い牛肉とたいして変わらない味がします。ただ、硬いので、
煮込みにしないとおいしくないですけどね。
Commented by akdeniz_tk at 2016-04-28 13:31
Mchappykunさん
お店で食べるコトはあっても、作ったのは初めてでした。
けど、よい感じで仕上がりましたよ。このときは、トルコ人の調理師さんも隣りに居たし・・・。
ザンテ・カランツ。レーズンとはまた違いますよね。
ピラフだけじゃ、使い切れなかったので、残りをどうしよう?って思っているトコです。
結構、何にでも使えそうなので、逆に悩んじゃいます。
Commented by akdeniz_tk at 2016-04-28 13:40
ソーニャさん
sakatat(臓物)は、日本よりも種類が多いと思いますよ。
食べやすいトコでは、ココレッチ(腸を巻いたモノを炙り焼いた料理)や内臓スープ。
スープは、脳みそ入りまであるので、食べやすくないモノもありますが。。。
イチピラフ。シナモンに、さらには、ハーブ(ディル)も加えるので、
お味が気になりませんか?是非、お試しを。
日本で作るのなら、レバーを焼くとき、アルコールを少し加えたら臭みがさらになくなるでしょうし、
水で洗うだけじゃなくて、牛乳などで臭み抜きをしても良いかも?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード