セルプメ・ボレィとボレキ職人の技その2

f0232763_08285879.jpg



以前、紹介していますが、
もう1年以上前だし、久しぶりにセルプメ・ボレイのコトでも。


ちょっと前に、お友達と、お家の近くのボレキ屋さんに行ったのだけど、
職人さんが変わったのか、あまりにも味が落ちていて・・・がっかり。

セルプメボレイは、どこで食べても、超ハズレには出会わないと思っていたのに、
これはないでしょ???ってぐらいボレキの皮が硬くて、サクサク感皆無。


で。リベンジ!!
翌週、他のお店に行ってきました。




セルプメ・ボレイって、職人さんじゃないと作れないですよね。
その美しい技を、どどどっと、写真でどうぞ。


f0232763_08364308.jpg


まずは、麺棒である程度の大きさまでのばして、











f0232763_08365780.jpg

そして、手で広げていきます。






f0232763_08371485.jpg


生地が宙を舞う??














f0232763_08372417.jpg
 


ふわりと回転し、着地するごとに、










f0232763_08370667.jpg


少しずつ、薄く、大きく広がって行きます。









f0232763_08373270.jpg

繰り返すコト、10数回(数えてないけど、それぐらい?)

透けるほどの薄さが、おいしさの秘訣。






f0232763_08373987.jpg



セルプメ・ボレイに使う小麦粉は、
普通に売っているのの、ワンランク上だそう(職人さん談)。
じゃないと、こんなに伸びないよね。

だって。普通に売っているトルコの小麦粉で、
麺類を作ったコトあるのだけど、どうも思い通りに伸びなくて、
がっかりした経験があるのです。








f0232763_08375319.jpg


周りの厚い部分をちぎり取ってから、






f0232763_08480737.jpg




生地を折りたたんで、










f0232763_08380100.jpg


具をのせて、






f0232763_08380767.jpg


さらにたたんで、










f0232763_08494804.jpg


天板にのせて、オーブンへ。













f0232763_08494752.jpg


セルプメ・ボレイの完成です!!











f0232763_08495713.jpg


わたしはひき肉入りの方が好きだけど、白チーズいりもありますよ~。

1人前がかなりのボリュームなのだけど、
サクサクしていて、おいしくて、思った以上に食べれちゃいます。












[PR]

by akdeniz_tk | 2016-02-16 00:03 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(14)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/24959939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bayswater92 at 2016-02-16 02:57
こんばんは!アンです。
美味しそう~!
これ、絶対私好きだと思います!
すっごく生地が薄いですねー!何ミリくらいなんだろう・・。
透け透けですもんね~!さすが職人技ですね。
食べてみたいです!
Commented by Mchappykun2 at 2016-02-16 04:05
おお!これぞ職人技ですね。下の台が透けて見えるほどの薄さですものね。
サクサクして美味しそう。ひき肉とチーズと両方食べたいです。
Commented by fsnote2 at 2016-02-16 07:18
おいしそう~~~~~!
本当にこれは”技”ですよね。(何年ぐらい修行するのかしら?)
なんであそこの薄さまで伸ばせるかが不思議!
なるほど、上質の小麦粉なんですか~
目の前で見て、出来上がりを頬張りたい~~~~ぃ!!^o^
Commented by azu-azumy at 2016-02-16 10:35
おはようございます♪
セルプメ・ボレイはakdenizsさんのところで初めて知ったお料理なのですが
ほんと職人技ですね~!!
透けるまで薄くのばす技!!
実際に見てみたい~!
そして、食べてみたい~!
と、強~く思いました(^^)/
Commented by hisosari at 2016-02-16 21:43 x
こんにちは。
焦げ目こんがりと美味しそうですね~。
下の階のおばちゃんの作るボレキが美味しくて
何度か私の家に来てもらって実演してもらったことがあるんです。
チャルシャフ・ボレイと言ってシーツの上で生地を伸ばして
生地を使って巻いていくのですけど
おばちゃんの生地も下の机が透けて見えるくらい薄く伸びました。
秘訣は捏ねた後に生地を伸ばす前の円盤状にして、
油をつけて寝かせることと言っていましたけど
指で伸ばしていくのですが本当によく伸びて
8人掛けの食卓いっぱい広がるくらい。
宙は舞いませんでしたけど。
Commented by akdeniz_tk at 2016-02-17 01:17
アンさん
ボレキって、ハズレがないと思っていたけど、
おいしくないトコは、びっくりするほどおいしくないですよね。
今まで、ハズレなスボレイは食べたコトあるけど、セルプメボレイではそんな経験がなかったので、
ガッカリ感が大きかったです。
そんな中で行ったお店だから、いつも以上に、おいしく感じちゃいました。
セルプメボレイの厚さ。いったいどれぐらいなんでしょうね?0.2mmとか??
Commented by akdeniz_tk at 2016-02-17 01:18
Mchappykunさん
食事の気分で行くのなら、ひき肉入り。
おやつの気分だったら、白チーズに粉砂糖をかけて・・・
っていうのがお勧めです。
Commented by akdeniz_tk at 2016-02-17 01:20
Fさん
この技、自分のモノにしたいですよね。
どれだけ修行をする必要があるのか?今度聞いてみようと思います。
ボレキを広げる職人技は見ていて楽しいし、
出来上がったボレキは、食べておいしいし、
お得な感じのボレキですよね。
Commented by akdeniz_tk at 2016-02-17 01:23
azumyさん
パリパリよりももっと薄いので、サクサクな感じのボレキです。
トルコのお料理って、粉ものが充実しているのですが、
そんな中でも、ボレキは種類も豊富で、大好きなものの1つです。
実際に見て、食べたいですよね。
Commented by akdeniz_tk at 2016-02-17 01:26
hisosariさん
チャルシャフ・ボレイ。存在は知っているけど、食べたコトのないボレキの1つです。
きっと、シーツぐらい薄く大きく広がるから、その名前がついているのでしょうね。
ボレキの得意な方が、ご近所さんに居たら、わたしも実演してもらいたいです。
セルプメボレイも油を使って生地を伸ばすので、薄くするには、油が必要なのでしょうね。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-02-17 12:02
舌なめずりしてしまいました。
チャイで食べたい~
プロでも厚い部分は外すんですね。

やっぱり捏ね台は大理石!
狭い家なのに大理石の捏ね台が迷子です。
Commented by hisosari at 2016-02-17 14:52 x
おはようございます。

私、日本語おかしかったですね 苦笑
生地を使って巻くではなくてシーツを使って巻くでした。
シーツを上に持ち上げて生地をコロコロと転がしながら
巻いていくんです。
気になって調べたんですけど、やっぱりグルテンは油を加えると
やわらかくなって性質が変わるようでしたよ。
作ってみたいけどここまで薄くは熟練技ですね・・
Commented by akdeniz_tk at 2016-02-18 03:04
ソーニャさん
持って広げるから、どうしても端の部分は薄くならないので、
プロだからこそ、ちゃんそそこを取り除くんだと思います。
お家だと生地を余らせても、もったいないからって入れちゃいそうですけど。

台所の調理台(流し台と一緒になっているモノ)が大理石って、
トルコだと結構普通です。ボロマンションに住んでいますが、
うちの台所の調理台ですら、大理石なんですよ~。
Commented by akdeniz_tk at 2016-02-18 03:07
hisaoriさん
シーツのように薄くて大きいからチャルシャフの名がついているのかと思っていましたが、
シーツの上で巻きながらつくるから、チャルシャフなのですね。
作るところ、見てみたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード