地方によって名前が違う、緑レンズ豆とエリシテのスープ。

f0232763_09461346.jpg



以前、トルコには変な名前のお料理やお菓子がいろいろある

って書きましたが、



今回のスープも、そんな1つ。


いろんな地方で、ご当地スープとして紹介されているのも、
ちょっと不思議なのですが(それってご当地じゃないじゃない??)、


さらには、その名前がねぇ~。


アダナ地方では、未亡人女性のスープ(dul avrat çorbası)
トカットやシヴァスの方では、脚入りスープ(bacaklı çorba)
アフィヨンやアマスヤでは、髭にぶつかるスープ(sakala çarpan çorbası)



他にも、ケスメスープ(Kesme Çorbası※ケスメ(エリシテ)は、手打ちパスタの一種)って、
材料そのままの、無難な名前で呼ぶコトもありますが、
地方によって、こんなにも名前が違うのは、ちょっとビックリですよね。







f0232763_09461914.jpg



特に、sakala çarpan çorbasıは、
どうしてそんな名前が付いたんだろう?って調べちゃいました。
(単語の意味自体複数あるし、もしかしたら隠語かもしれないし、って気になったので)


その昔。ある人が、お爺さんにスープを出したところ、
お爺さんは、スプーンを使わずに、器から直にスープを飲んだそう。
で。お爺さんの髭にスープの中のエリシテがくっついてしまい、
その日以降、髭にぶつかるスープって言われるようになった。。。


って、本当か??っていうような話を見つけました。

時折、すごい髭を携えた高齢の男性もいるからねぇ・・・。





名前は変だけど、お味はいたって普通です。







[PR]

by akdeniz_tk | 2016-02-14 10:32 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/24956980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fsnote2 at 2016-02-14 10:52
沢山の場所それぞれのネーミングがつくなんてすごいですね。
それだけ美味しい人気のスープ!って事でしょうか。
面白いお話ですね~!
トルコ料理名って、日々の生活が直結しているようで
妙なネーミング、これから益々色んなことを想像しちゃいそうですね。(笑)
お!かかっているのは焦がしバターでしょうか?^o^
Commented by yk-voyant54 at 2016-02-14 14:16
やっぱり、面白いね。どのくらい変な名前のお料理があるのかしら?
不思議な国だなぁ〜。変な名前のお料理・お菓子一覧表をakdenizさんが
作ったら、日本で話題になるかもしれないね。
Commented by Mchappykun2 at 2016-02-14 23:49
日本でも本家,元祖、どっちが先なのか競っているものありますよね。そんな感じでご当地ネーミングとなるのでしょうか。
トルコ,とても面白い,魅力のある国ですね。
Commented by akdeniz_tk at 2016-02-15 05:08
Fさん
ほんとか?っていうような、ネーミングのお話ですよね。
かかっているのは、焦がしバターです。
カロリーは気になるけれど、あるとないでは、おいしさが全然違うので、
やっぱり、かけちゃいます。
Commented by akdeniz_tk at 2016-02-15 05:10
ボヤントさん
かなりあると思いますよ。
なんてったって、郷土料理だけで、2000種類以上あるお国ですもの。
調べて本にできたら、嬉しいですよね。
レシピも載っているけど、読み物的な感じの。
Commented by akdeniz_tk at 2016-02-15 05:12
Mchappykunさん
ご当地スープを調べていて、あれ??って思って、さらに調べたら、
どうやら名前は違うけど、同じモノでした。
エリシテと緑レンズ豆の組み合わせ、おいしいし、無難な組み合わせだから、
どこの地方でも考えるのかもしれないですね。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-02-15 12:31
髭に付くスープだとインパクトがないから髭にぶつかるスープ!?

仕事がらみで髭を生やしている人がいて、
話しているとどうも口元に目がいきます。
そして歯並びが気になる。。。私だけでろうか?
Commented by akdeniz_tk at 2016-02-16 10:27
ソーニャさん
日本人と、外国人とでは、髭の生やし方が違う気がします。
え!!ってびっくりするような髭を携えた方が時折いらっしゃいます。。。
髭だけじゃなくて、体毛の濃さが違うのでしょうね。
腕とかに生えている毛が髪の毛レベルではっきりしているヒトも多いような。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード