指ぬきのスープ(YÜKSÜK ÇORBASI)。

f0232763_10020256.jpg



日本の強烈寒波はひと段落ですか?
でも。まだまだ、寒いですねぇ~。

今週のアンタルヤは、暖かくなるって話だったのに、
・・・あれ??とっても寒いんですけど???



こう寒いと、気分は熱々スープやオーブン料理に向くようで、
今週は、『スープ!!』


日本と比べて、トルコでは、
袋入りのインスタントスープ(一袋4人分で、お鍋にお水と一緒に入れて加熱するだけの)
が、ものすごく充実しています。

レンズ豆のスープ、エゾゲリン、チキンスープ、トマトスープ・・・など定番のモノから、
近年は、本物の豆や穀物が入っている、ちょっと高級志向なご当地スープまで。


その数、30種類以上(メーカー別でカウントすると、さらに!!)
棚にずら~っと並んでいます。
(日本だと、カップスープやパスタソースがそんな感じですよね)

  ※たとえば、大手メーカー・クノールのご当地スープは、15種類
   リンク先は、クノールのご当地スープのページです



で。わたしも、今週はご当地スープ三昧と行こうかなぁ~と。


まずは、東地中海地方アダナのご当地スープ、
「YÜKSÜK ÇORBASI(ユクスック・チョルバス)」。

YÜKSÜK は、指ぬき(Thimble)の意味で、
指ぬきのようなマントゥや小さな団子(で良いのかな?)を入れて作る、
結婚式で供されるスープです。











f0232763_10021549.jpg



レシピ、残しておきます。

日本じゃ、冷凍マントゥは売っていないから、
スープの前に、まずマントゥを準備しなくっちゃね。
  ※ マントゥのレシピは、以前UPしていますので、そちらでどうぞ。
    頑張ってたくさん作って、冷凍保存をしておけば、
    食べたい時にいつでも、マントゥもユクスックチョルバスがすぐに食べられますよ



【材料】 2~3人分
マントゥ(冷凍)  150g
ひよこ豆の水煮(冷凍) 80g
コンソメ(ビーフ)  1/2個
にんにく 2かけ
バター 10g
サルチャ  大さじ1
とうがらし 粗びき  大さじ1/2
胡椒 少々
塩 必要なら(コンソメとサルチャに塩味があるので、要らないと思うけど)
水 450ml


【作りかた】
1.鍋に水とコンソメを入れて火にかけ、沸騰したら、マントゥとひよこ豆を冷凍のまま入れる
2.小さなフライパンにバターとつぶしてみじん切りにしたを入れて、火にかけ、
  バターがとけたら、サルチャを加えて炒める
3.とうがらしを加えて、軽く混ぜて、火を止める
4.2のマントゥとひよこ豆に火が通ったら、3のソースを入れてかき混ぜ、
  ひと煮立ちさせて火を止める
  味を見て、必要なら塩を足す
5.器に入れて、こしょうを軽く振る





[PR]

by akdeniz_tk | 2016-01-27 10:49 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/24902338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by BBpinevalley at 2016-01-27 11:02
北カリフォルニアは、雨がちではありますが、それほど寒くありません。
特に日中はポカポカ。
簡単で美味しそうであったまりそうなレシピですね。
マントゥとやら、パスタやニョッキでごまかせるかしら……?
Commented by yk-voyant54 at 2016-01-27 14:03
akdenizさんのブログは夜見ないようにって思うんだけど、忘れちゃうのよね。
何故って見ると食べたくなってね。夜中にゴソゴソやっちゃうのよ。
近日中に真似ならいいのですが。
下の記事のすしプリート、添付画像も見ましたよ。
もうすぐ節分ですね。個人的には恵方巻きの具だくさんは好きじゃあないんだ。
ぐちゃぐちゃで味が分からなくなっちゃうから。下記事くらいが美味しいと思うな。
縁起ものだから7種は入れないといけないのかな?
具の美味しさが出る組み合わせって何がいいのかしら。
akdenizさん考案はどういうのになるのかな?作るんでしょ?楽しみだわ。
Commented by fsnote2 at 2016-01-27 19:54
寒い時はスープが欲しくなりますね。
インスタントスープの種類が多いのは手軽で楽しめますね。
そういえば、cerkezさんからレモンを入れて飲むスープを
ご馳走になりました。あれはレンズマメのスープだったような・・・
またまた楽しいネーミング(^^♪
トルコの食は生活の中に生きている!って感じます。
そうですね、マントゥを作って冷凍しておけばササッと使えますね。^o^
鮮やかな赤いYÜKSÜK ÇORBASI、温まりそう~
サルチャがいろいろな場面で登場して、本当によく使われるんですね~
Commented by Mchappykun2 at 2016-01-28 04:20
温まりそうなスープですね。マントゥも時間のあるときにたくさん作っておけば良い、と頭では分かっていても、なかなか実行に移せない横着者です。
私ももっとお豆を食べなくちゃ、とakdenizさんのお料理を見るたびに思います。
Commented by akdeniz_tk at 2016-01-28 06:31
BBpinevalleyさん
カリフォルニアって、良い気候ですね。
マントゥの代わりに、何をいれるとそれっぽいままでしょうかねぇ~。
ニョッキは合いそうですね。
Commented by akdeniz_tk at 2016-01-28 06:35
ボヤントさん
具だくさんな巻き寿司ってあんまりお好きじゃないんですか?
たしかに、いろいろ入っていると、味がごちゃまぜにはなりますよね。
でも。なんとなく得した気分にもなったりします。
具を減らすと、細くなるからね。いろいろ入れる方が、しっかり太巻きらしくなりそうです。
ネタを同じようなモノ(たとえば、魚介尽くしとか?)にするとか??
Commented by akdeniz_tk at 2016-01-28 06:37
Fさん
トルコのスープ。レモンを絞って食べるモノ、結構多いですよ。
レンズ豆のスープは、定番中の定番!!って感じで、しかも、おいしいですよね。
トルコ料理は、サルチャなしでは語れません!!
Commented by akdeniz_tk at 2016-01-28 06:40
Mchappykunさん
わたしも、自分でマントゥを作るのは、ちょっと嫌だなぁ~って思います。
お友達と話をしながらの作業だったら良いけれど、ひとりで黙々とやっていると、
なんとなく悲しくなってくるし(以前、日本で作ったときに、母に手伝ってもらったら、
『これって、統合失調症の作業療法に良いかも?』って言っていました)。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-01-28 12:24
スペイン料理と世界の料理を一緒に習って居た4人で、
マントゥを復習したことがあります。
この日私だけ有給休暇で午後からの参加でしたが、できあがっていたマントゥが
少なく感じ、聞いてみると材料の量は間違っていなかったのですが、
2枚にするところを1枚にしていたので分厚くなってました。
お喋りしながらの作成だから出来たようなものですが、
ひとりだと気が遠くなりますね。
Commented by akdeniz_tk at 2016-01-29 17:50
ソーニャさん
マントゥを、ひとりで作るのは、楽しくないですよね。
トルコの粉ものって、ご近所の奥さんや母娘で、わいわい言いながら作るのが良いのだろうなって思います。
市販の冷凍マントゥは、手作りの2倍の大きさだし、中の具もお肉じゃなくて、偽肉のモノもあるので、
手作りが良いなぁ~って思うけど、なかなか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード