鶏肉のタントゥーニ風。

f0232763_00355947.jpg



スーパーで売っているラワッシュ(トルコ風トルティーヤ)のお値段は、
1袋3TL(約120円)という魅力的。

お味は、それなり、
(フルン(パン屋さん)のエキメッキと比べるとねぇ~。所詮・・・だから)
だけど、量がすごいのです。
12枚入りだったかな?

トルティーヤって、薄い皮のクセに、
食べると結構、お腹にたまりますよね。

だから、なかなかなくなりません。。。



ということで。
ラワッシュ消費の日々。


今回も、前回と同じく、
『○○風』なトルコ料理。

トルコ地中海沿岸地方都市メルシン名物、タントゥーニ(tantuni)風。


本当のタントゥーニは、
牛肉(羊肉)や脂身、レバーなどを使って、
タントゥーニ専用の鉄板で炒めて作るのですが、
(写真は以前Upしているので、そちらをどうぞ)


今回は、専用の鉄板じゃなくて、中華鍋、
牛肉(羊肉)じゃなくて、鶏肉。
(しかも、肉少なめで!!・・・本当のトコは、調理開始直前に、
 他に使う必要があったので、結局、2/3量に減っちゃったのですが。)



オリジナルのタントゥーニもお店や作るヒトによって、
調味料とか食材が違うみたいだから、

普通はここまでかけ離れてないとは思うけど、
これはこれで、ありなのでは??
結構、おいしかったですよ。




f0232763_00452262.jpg



レシピメモ残しておきます。


【材料】
鶏肉 120g  
トマト 3個
たまねぎ 1/2個
ピーマン 1個
赤ピーマン 1個
にんにく 1かけ
サラダ油 大さじ2
塩 小さじ1/2
胡椒  少々
粗びき とうがらし 大さじ1

ラワッシュ(もしくはトルティーヤ)  4枚



【作りかた】
1.鶏肉を小さく切る
  トマトは皮をむいて、みじん切りに、
  たまねぎ、ピーマン、赤ピーマンもみじん切りにする
2.中華鍋を火にかけ、サラダオイルを入れて、油が熱くなったら、
  潰してみじん切りにしたにんにく、たまねぎを入れて炒める
3.鶏肉を入れて軽く炒め、ピーマン、赤ピーマンも加える
4.トマトを入れて、軽く炒め、塩・胡椒、粗挽きとうがらしを入れて混ぜ、
  トマトが煮崩れるまで加熱する
5.テフロン加工のクレープパンで、ラワッシュの両面を温める
6.温めたラワッシュに4を入れて、巻く





[PR]

by akdeniz_tk | 2016-01-21 01:09 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/24883632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Mchappykun2 at 2016-01-21 04:25
ラワッシュ、とってもお安いのですね。こちらのいわゆるメキシコのトルテーヤも多分安いと思います。そしてしっかりお腹にたまるので、よそで食べると、いつでもトルティーヤは食べ切れません。メキシコのブリットやケサディヤよりトルコ風の方がきっと私の好みだと思うので、今度作ってみます。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-01-21 17:14
これは是非ともラムで食べたい~(*^_^*)

昨夜、残業しお腹が空いてどこかで食べて行こう・・・どこにも入れず。
お腹が空きすぎて倒れそうな状態でコンビニにGO
気づけばトルティーヤをつかんでおりました。
自分って影響を受けやすかったのかと。。。(^_^;)
Commented by akdeniz_tk at 2016-01-25 12:34
Mchappykunさん
主食になるモノって、意外と安いですよね。
しかも、思ったよりも少ない量で、お腹いっぱいになるし・・・。
牛肉でも、鶏肉でも、おいしいので、是非、お試しください。
Commented by akdeniz_tk at 2016-01-25 12:36
ソーニャさん
トルコ風が続いているので、逆にトルティーヤが食べたくなりました。
コンビニのトルティーヤ。思い出したら、懐かしくなってきたし・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード