アリ将軍のピラフ。

f0232763_09370975.jpg



前回に引き続き、トルコ料理です。


トルコ料理の名前って、

『ほうれん草の料理』とか、『白いんげん豆』とか、
なんのひねりもない、材料そのままか、

『婦人の太ももキョフテ』とか、『僧侶が卒倒した』とか、
いったいどうしてこんな名前を付けたの?
っていう、ものすごく変なのがあります。


それから。
『○○将軍の○○』っていうのも、結構あるかも?

ハサン将軍のキョフテとか、
ケマル将軍のお菓子とか。


今回のは、アリ将軍のピラフ(Ali Paşa Pilavı=アリ・パシャ・ピラヴ)、
小さなミートボール入りのピラフです。

   ※トルコで、『アリ』という名前はよくあるので、
    アリ将軍も、たくさん存在します。
    (なので、どのアリ将軍に因んでいるかは、知りません。)



調べてみると、ピラフの中にミートボールを混ぜ込んだレシピと、
シンプルなピラフを作って、ミートボール入りのソースをかけたレシピの
2種類ありますが、どちらの名前も、『アリ将軍のピラフ』。
(ミートボールが入っているコトぐらいしか共通点がないのに、同じ名前なのね)




わたしの好みは、ソースがけなので、
今回のレシピは、そちらで。


ソースがコッテリしているので、
バターライスじゃなくて、油を使ったピラフにして、
(バターonバターはクドイでしょ?)

ソースには、キョフテだけだと寂しいので、ナスもプラス。
(単に、肉の量をケチったともいうけど)
野菜もあった方が、バランスがとれて良いしね。




f0232763_09371549.jpg


【材料】 2~3人前
(ピラフ)
米 1.5カップ
水 420ml
塩 小さじ1
サラダ油 大さじ1
(ソース)
牛ひき肉  60g
塩・胡椒 少々
クミン ひとつまみ
茄子 1本
バター 20g
にんにく 1かけ
サルチャ 大さじ1弱
水 120ml程度
(飾り用)
イタリアンパセリ 適量

【作りかた】
1.ピラフを作る
  米を洗って、1時間程度、水につける
  鍋にサラダ油を入れて、火にかけ、油が熱くなったら、水を切った米を入れて、よく炒める
  塩を入れて、かるく混ぜ、水を入れて、蓋をして、中火で水がなくなるまで加熱する
  火を止めて、軽く混ぜ、蓋をして蒸らす
2.ピラフを炊いている間に、ソースを作る
  ひき肉に塩・胡椒、クミンを入れてよく捏ねる
  1cmぐらいに丸めて、テフロン加工のフライパンで、油をひかずに炒める
  茄子も同じぐらいの大きさになるように切って、中温の油で揚げる
  キョフテ(ミートボール)をフライパンから取り出して、バターとみじん切りにしたにんにくを入れて、
  火にかける
  バターが溶けてきたら、サルチャを入れて、さらに炒め、
  水、取り出したキョフテ、ナスを加えて、さっと煮る
  味を見て、必要なら塩・胡椒を加え(わたしは入れていませんが)、火を止める
3.ピラフを皿に盛り付け、上からソースをかけ、イタリアンパセリを散らす






[PR]

by akdeniz_tk | 2016-01-09 00:00 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/24844419
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hogecyan at 2016-01-09 06:48
おもしろいですね。
いったい、誰が付けるネーミングなんでしょう。
Commented by Mchappykun2 at 2016-01-09 09:46
今日日本のテレビ番組「コウケンテツのアジア食紀行」とか言う(題はうろ覚え)のを見ていました。今回は台湾。そしたら美人の太ももという野菜が出てきました。マコモというのが本当の名前らしいですが,皮をむきながら白い所だけ食べるのです。台湾にもお釈迦さんが飛び上がるスープ,という名前のものもあるし,シルクロードを通じてトルコとどこかでつながっているのかもしれませんね。

akdenizさんのピラフ,お洒落です。
Commented by fsnote2 at 2016-01-09 09:54
ネーミングに使われる将軍達とは、オスマン帝国時代の英雄たちなのでしょうか?
日本でもありますものね、信玄餅とか。(☜これはご当地グルメ的かな?)
勇ましいネーミングでも彩綺麗でお洒落な外見ですね。
まー、これはakdenizさんのセンスでしょうけど。^^
ナスのプラス、超~いいです!
☟売春”宿”のお菓子、間違えてまして失礼しました~
Commented by petapeta_adeliae at 2016-01-09 17:23
アクデニズ。さんのピラウ食べたい!

今日・明日中にお正月の残りの野菜を使い切って、
トルコ料理に突入するぞ!
そう云えば、アタチュルクに由来、ちなんだ?ありそう。

Commented by bayswater92 at 2016-01-09 22:45
こんにちは!アンです。
おー、これも知らない料理ですー。
ピラフとキョフテの組み合わせは美味しいですね。
今日、明太マヨパン焼きました!見た目はびっくりするくらいだったけど^^;
結局パスタソースじゃなくて
冷凍してあった普通の明太子使ったんだけど
子供受けも良かったです。
今度ブログに書こうと思うのでリンク貼らせてください〜。
よろしくお願いします♪
Commented by akdeniz_tk at 2016-01-10 00:53
keitoさん
ほんと。誰がつけたの??って感じですよね。
Commented by akdeniz_tk at 2016-01-10 00:56
Mchappykunさん
・・・美人のふとももですか?
国が変わっても、ふとともは注目を集めるのですね。
(日本じゃ、大根あし??)
台湾や中国でも、変な名前のお料理がありますよね。
調べてみると、おもしろいかも?(トルコ料理だけでも、へぇ~って思うモノがいっぱいです)
Commented by akdeniz_tk at 2016-01-10 00:58
Fさん
日本じゃ「○○将軍の○○」っていうのないって思っていましたが、
そういえば、信玄餅などは将軍の名前ですね。
茄子って、揚げて使うと、お肉みたいだから、
嵩だしにちょうど良かったです。
Commented by akdeniz_tk at 2016-01-10 01:03
ソーニャさん
トルコ料理三昧ですか?
どのお料理をチョイスなさるのかって楽しみです。
最近、暇な時間に、トルコ料理(特に郷土料理)のコトを調べているのですが、
ほんと、まだまだ知らない料理がいっぱいです。
移民が多いので、その移民のルーツ(の国)のお料理が
トルコ風にアレンジされていたりして・・・。作ってみようと、いくつかピックアップしています。
アタチュルクに因んだのって、ありますよ。
今すぐに思い出せないけど・・・聞けば、そうそうって・・・なんだっけ??
Commented by akdeniz_tk at 2016-01-10 01:05
アンさん
リンクありがとうございます。嬉しいです。
パスタソースじゃなくて、本当のめんたいがあるのなら、
さらにおいしかったコトでしょうね。
UP楽しみにしています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード