トラブゾン物産展。

f0232763_21130932.jpg




先週、通勤途中に、バスのラッピング広告で、
『ヨズガット物産展開催!!』ってのを見ました。

ヨズガットって、どの地方だっけ?
ってぐらい、縁遠い都市で、名物もなにも思いつかないので、
ちょっと興味はあったけど、結局、行きませんでした。
(ちなみに。ヨズガットはアンカラより少し東の、中央アナドリア地方の県)



で。今週はというと、
『トラブゾン物産展開催!!』っていうのを見かけて・・・。

実は、調理師さんと、
『黒海地方のとある郷土料理が食べたいなぁ~』って話していたので、
なんてタイムリー♪♪


行こうか?でも、お休みの日にお出かけするのは面倒だし・・・
って、迷っていたんだけど、調理師さんに、
『君の家から近いんだから行って来れば』って言われて、
それもそうだと、出かけてきました。
(実際、車で10分弱だったしね。お家から外に出るまでが億劫なのさ)












f0232763_21134708.jpg

物産展会場。

アンタルヤでは、来年エキスポがあるんですけど、
ツーリスト来てくれるのかしら??

うちのお店では、ここ3週間ぐらいツーリスト・ゼロの毎日が続いているんですよ。

気軽に旅できるような、そんな情勢になって欲しいモノです。(かなり切実)







f0232763_21135667.jpg

今日、日曜日が最終日。
たった、3日間の「トラブゾン紹介の日(=物産展)」









f0232763_21141019.jpg

まずは、甘いモノから。
trabzon ev burmalısı(トラブゾン・エヴ・ブルマルス)。

トラブゾンの名物なんですね・・・知らなかったです。
ブルマルじゃなくて、ブルマは他の都市でもあって、
同じモノのように見えるんだけど、どうなんでしょう??











f0232763_21141716.jpg


レブレビ。

ひよこ豆を炒ったお菓子で、
スタンダードな(炒っただけの)モノから、
砂糖でコーティングしたモノ、チョコレートコーティングしたモノ、
いろいろとありました。

でも。レブレビって、トラブゾンの名物だっけ??
(チョルムの方が有名だと思うけど・・・)





f0232763_21142392.jpg


トラブゾン名物というよりは、どこでもありそうですが、銅製品。

高級なモノから、普段使いのモノまで。
以前から欲しいなぁ~って思っていた、
小さな両手持ちのフライパンを買っちゃいました。
以前UPした『Vanのカフヴァルト』で、卵とかスジュクとかを炒めるのに使っていたのと同じモノ。






f0232763_21143048.jpg


アンタルヤでも見たコトあるけど、
タービン(練りごま)をつくる機械。

上にゴマを入れて、2度挽きして作ります。









f0232763_21143781.jpg



出来たては、ほんのり暖かく、そして、香り豊か。
(試食させてもらっただけで、買わなかったけどね)










f0232763_21151529.jpg


別会場では、乳製品を中心とした物産展。

トラブゾンといえば・・・・
って思いつくのが、バターやチーズだものね。

こっちは、ものすごく充実していました。








f0232763_21153058.jpg


日本では人気がないそうですが、
栗のハチミツ。
独特の風味があって、わたしは良いなぁ~って思うんだけど。

食べる薬って感じで、食べ過ぎは駄目だそう。










f0232763_21155589.jpg

バター。

今、気が付いたけど、manda(スイギュウ)のバターじゃないですか!!
買ってみれば良かった。。。






f0232763_21160277.jpg


吃驚したのがこのパン。

この大きさはなに???


今、調べたら、クジラ・パン(balina ekmek)っていうらしいです。
重さは、10キロ~18キロ!!


大きくする意味はあんまり分からないけどね。(思いつくのは話題性ぐらい??)







f0232763_21161119.jpg

varil peyniri(ヴァリル・ペーニリ)。

木の樽(varil)の中で作るチーズです。
トラブゾンの名物チーズの1つ。







f0232763_21162276.jpg

わたしが今回買ったのは、
長細く切ってあるチーズと、その隣にあるバター。

このバター、味見させてもらったんだけど、
とってもおいしかったです。
ちょっと塩が効いていて(トルコのバターは無塩が普通)、しかも、まろやかな感じ?
お値段は、普通のバターの1.5倍したけどね。





f0232763_21162961.jpg


そして、炒ったトウモロコシの粉。


材料は、この3つだけ。
いったい何を作るのか?分かりますか??
(わかるあなたは、トルコ通ですね。たぶん。。。)


近いうちに、作ったらUPしますね。



[PR]

by akdeniz_tk | 2015-12-20 22:26 | アンタルヤの事情(生活編)。 | Trackback | Comments(12)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/24787016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hogecyan at 2015-12-20 22:33
こういう処で写真撮りたいです。市場とか、
ほんと憧れます。
Commented by akdeniz_tk at 2015-12-20 23:18
keitoさん
わたしも、keitoさんが、こういうトコや市場で撮った写真を見たいです。
ものすごく素敵になりそうですもの。
Commented by タヌ子 at 2015-12-21 01:24 x
本格的な物産展ですね。
トルコは国土が広いから、名産も多いのでしょうね。
銅細工、使いもしないのに、ギリシャやトルコでいくつか買ってしまいました(汗)
でも、インテリアにも使えるからいいですよね。
こちらでも栗の蜂蜜って売ってるけれど、普通の蜂蜜色。
何故こんなに濃厚なのかしら?
一度食べてみたいです。
Commented by fsnote2 at 2015-12-21 07:58
物産展、魅力の塊ですね♪とっても楽しそう^^
大量のひよこ豆製品と、練りごま機械が流石トルコ!すごいわあ~
小さな両手持ちのフライパン、イイですね!私も欲し~~~い!
水牛のチーズは大好きですが、バターも存在するんですね。
色々興味深いものが沢山あって、お出かけしてよかったですね♪
チーズとバターともろこしの粉・・・
何を作られるのか分らない私はトルコ通には程遠いです;
出来上がりを楽しみにしています。^o^
Commented by Mchappykun2 at 2015-12-21 08:55
楽しそうな物産展ですね!
とても異国情緒があります。それにしても10キロのパンって。持って帰るだけでも大変。
さあ,何が出て来るのか,次のアップが待ち遠しいです。
Commented by petapeta_adeliae at 2015-12-21 16:08
物産展と云っても食べものとなると試食があって
回り終わったことには次ぎの食事が要らないぐらいに
お腹がパンパンになりますよね。
10キロのパンをお買い上げしたら、そのまま渡されること
ないですよね?10キロの重さに耐える袋自体なかなか無いですよね。

あの両手付きパン、可愛いなって思っていました。
インド料理店で直径12㎝ほどのがあって、調理器具というより
食器として使われていました。私んちのトルコのスープ皿?
¥3、000近くで買いましたが、現地トルコだったら¥1、000しないかも。
因みにモロッコのサボは東京近辺では¥3、800が相場です。
Commented by bayswater92 at 2015-12-21 22:25
こんにちは〜! アンです。
うちの義両親の出身が黒海地方なんですが、
わからないものもある〜。。
物産展面白そうですね。
バター、チーズ、ムスルウヌ、で作るもの、夫い聞いちゃいました。ふふ。
アップ楽しみにしていまーす♪
Commented by akdeniz_tk at 2015-12-21 22:45
タヌ子さん
栗のハチミツ。トルコで見たのは、だいたいこんな色です。
他の国のとはなにか違うのかもしれませんね。
ちょっと独特な味がするんですけど、それが薬効成分のようで、
多量摂取厳禁とのコトです。黒海沿岸には、他にも、
アンゼル蜂蜜、デリ蜂蜜(マッド・ハニー)など、毒性を含む、
だけど、少量だと身体に良い蜂蜜もあるみたいですよ。
Commented by akdeniz_tk at 2015-12-21 22:48
Fさん
スイギュウのチーズは食べたコトあったけど、バターは食べたコトないので、
買うべきでした。。。ってか、写真に撮っても、ちゃんと見ていないコト、まるわかりですね。
ヨズガット、トラブゾンと続いたので、次はどこの物産展なんだろ?
などと、期待しているトコです。
トラブゾン名物のお料理、今週、作るつもりです。お楽しみに~。
Commented by akdeniz_tk at 2015-12-21 22:50
Mchappykunさん
さすがにね。クジラ・パンは切り売りでしたよ。
丸ごと買うヒトいるのかしら??
後でネットで調べたら、8歳ぐらい子供の背の高さと同じパンとかもありました。
トラブゾン名物のお料理。わたしも初めて食べるので、とっても楽しみなんです。
Commented by akdeniz_tk at 2015-12-21 22:54
ソーニャさん
パンは量り売りでした。さすがに、トルコ人でも、丸ごとは買わないみたいです。
最低10キロなので、もっと重たいのかもしれないですし。
試食は、乳製品が多かったので、日本の物産展のようにお腹がパンパンというコトにはなりませんでした。

両手の銅製浅鍋のお値段。良い読みをなさっていますね。
2つのお店で聞いて、1軒目は1500円、2軒目は1000円でした。
(当然、1000円のお店で買いました)
Commented by akdeniz_tk at 2015-12-21 22:56
アンさん
こんにちは。
物産展って、おもしろいですよね。
手軽に、その地のモノがいろいろ見れるし、買えるし。
次は、エルズルムかハッタイの物産展が来てほしいって思っています。
トラブゾン名物料理のあれ。アンさんは召し上がったコトあるのかしら?
ちょっとフォンデュに似ていて、おいしいのでは??って期待しています。
普通のチーズやバターでも作れそうですが、今回は、本格的にね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード