これでもボレキ!?アフィヨン風パトルジャンボレイ。

f0232763_02061849.jpg



先日のコメント欄で、ソーニャさんとのやり取りの中、
パトルジャン・ボレイがちらりと話題にでました。


で。調べたところ、

あら!なんと2種類のパトルジャン・ボレイがあるではないですか!


まったく別のお料理なのに、名前が一緒。
以前の紹介したマニサケバブも、
 ケバブらしいケバブと、名称詐欺のようなマニサ・ケバブという、
 同名なのにまったく違うお料理っていうのがあったけど、これってよくあるコト?)


以前も書いたけど、
ボレキ(語尾変化で○○ボレイ)は、
小麦粉で作った薄い皮(ユフカ)を使ったお料理の総称。

これまで紹介をしたモノも結構あります。
コル・ボレイ()、ス・ボレイ(①、)、シガラ・ボレイ
サジ・ボレイ(ギョズレメ)メルジメッキ・ボレイ
クル・ボレイギュル・ボレイ、セルプメ・ボレイ()、
サライ・ボレイ・・・そのほかにも、紹介していないボレキは、まだたくさんあります。

ちなみに、薄い皮を使う春巻きだって、
トルコ語だと『チン・ボレイ(中国のボレキ)』なんですよ~。


なので、普通に考えると、パトルジャン・ボレイといえば、
茄子(パトルジャン)を具にしたユフカを使ったお料理になるのですが、

その妥当なパトルジャン・ボレイの他に、
アフィヨン名物のパトルジャン・ボレイがあります。
ネットで、複数のレシピを確認したけれど、
いずれも、ユフカを使っていないんです。


それって、皮なしの餃子レベルで、
『え?』って感じ。

『餃子を作ったの♪♪』って言われて、
出てきたのが、中の具を丸めて焼いただけだった。。。って状況ですよ。






f0232763_02062786.jpg



ナス入りのミートローフのようですが、
これが、アフィヨン風パトルジャン・ボレイ。

トルコ人調理師さんにも、
『ボレキに似ても似つかない、ボレキだねぇ~』って言われました。
(彼も、アフィヨン風パトルジャン・ボレイの存在を知らなかったらしい)

ボレキとは思えないボレキですが、おいしかったです。




で。いろいろと調べたレシピをアレンジして作ったパトルジャン・ボレイ。
ソーニャさんから、日本語のレシピをUPしてねって言われたので、
レシピ残しておきます。



【材料】 15cmスクエア耐熱容器使用
牛ひき肉 200g
茄子 3本
たまねぎ 中1/2個
赤ピーマン 1本
イタリアンパセリ 5~6本
卵 1個
塩 小さじ1/2
胡椒 少々

(飾り用)
トマト 小1/2個
赤ピーマン、ピーマン 少々

【作りかた】
1.茄子はダイス状に切り、水につけてアクを抜く
  たまねぎ、赤ピーマン、イタリアンパセリは、みじん切りにする
2.1の茄子の水をよく切り、160℃ぐらいの油で揚げ、
  キッチンペーパーの上で、油をよく切る
3.ボウルに、ひき肉、たまねぎ、赤ピーマン、イタリアンパセリを入れて、
  よく混ぜる
4.卵、塩・胡椒を入れて、さらに混ぜる
5.茄子を加えて、混ぜる
6.15cmのスクエア型に詰め、
  上にスライスしたトマトと千切りにしたピーマンと赤ピーマンをのせる
7.200℃に予熱したオーブンで、20~30分、火が通るまで焼く



参考にしたパトルジャン・ボレイのレシピ
http://allah-ne-verdiyse.blogspot.com.tr/2012/07/patlican-boregi-afyon-usulu.html
https://www.kanald.com.tr/mutfagim/haberler/patlican-boregi-tarifi/44009.aspx
http://lezzetler.com/patlican-boregi-afyon-vt41029
http://www.birseninmutfagi.com/2014/07/kiymali-patlican-boregi-afyon-yemegi.html
http://www.yemekevi.tv/Mutfaklar/Afyon-mutfagi_2095.html



[PR]

by akdeniz_tk | 2015-10-24 04:26 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback(1) | Comments(6)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/24601168
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ソーニャの食べればご機嫌 at 2015-11-03 00:30
タイトル : 季節の練切/よそさまレシピ
ハロウィン前に三原堂で買っていましたが、海外のイベントごとに 併せてアップするのもねぇとばかりに終わってから アップするへそ曲がりなソーニャ。 南瓜のランタン(緑)/  抹茶錬切、こし餡 悪戯おばけ(白)/ こし餡 、くるみ入り ハロウィンパーティー(橙)/ かぼちゃきんとん、つぶ餡 そして、この日のランチははん亭で 鮪のほほ肉ステーキバルサミコ酢ソース 狭い厨房で3人で押し合いへし合いで息ぴったりで働くすがたが頼もしい。 ホールはお嬢さんひとり。お客さんも女性ば...... more
Commented by Mchappykun2 at 2015-10-24 07:56
ホント、茄子入りミートローフみたいですね。でも一旦あげてから中に入れるって,手が込んでいますね。とても美味しそう。作ってみたいです。本当はakdenizさんがお作りになったのを食べたいのですが,それは叶わないので。
Commented by petapeta_adeliae at 2015-10-24 16:29
早速作ってくださってありがとうございます。ぺこり
あと、シードルがあれば幸せ。
ひと目見て、食べたい〜♪と思いました。

レシビは写真を見てるとなんとなく分かるのですが、
食欲が買ってしまって正確なレシピを・・・と思いました。^^
Commented by タヌ子 at 2015-10-24 21:08 x
ボレキと言うより、ムサマのジャガイモなし版みたいな外見ですよね。
でもレシピを見ると、確かにミートロ―フっぽい。
最初に誰かが間違えて名前をつけてしまったのかしら?
でも、お野菜たっぷりで美味しそう。
Commented by akdeniz_tk at 2015-10-27 06:36
Mchappykunさん
どう見ても、ミートローフですよね。
カロリーはものすごく高いのでしょうが、(高いからこそ?)おいしかったです。
Commented by akdeniz_tk at 2015-10-27 06:38
ソーニャさん
アフィヨンは、何度も行ったコトあるのですが、
このボレキは食べたコトがなかったです。
ソーニャさんのおかげで、新しい郷土料理を知ることができました。
こちらこそ、ありがとうございます。
Commented by akdeniz_tk at 2015-10-27 06:41
タヌ子さん
ボレキじゃないですよね。ムサカ(トルコ風)とも違うし、
かといって、キョフテでも、ケバブでもないし・・・。
名前を付けるのに困って、えぃ!!って適当につけたのかもしれないですね。
かなり茄子が入っているので、ひき肉だけで作るよりも柔らかい仕上がりになった気がします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード