イワシの季節2015。

f0232763_00542451.jpg



少し前のコト。


『イワシのシーズンが始まったねぇ~』などと調理師さんと話をしていたら、
ある日、イワシを持ってきてくれました。


トルコのイワシは、豆イワシ。
日本のような大きな鰯は売っていません。
(あるトコにはあるかもしれないけど、まずないです)

内臓を取って、丸ごと調理するイワシ料理は、
トルコ人にとって、いちばんポピュラーな魚料理です。






f0232763_00543626.jpg



持ってきてくれて、さらに調理してもらい、
わたしは、(写真を撮ってから)食べるだけ。
・・・贅沢ですよね。


イワシに衣をつけて、多めの油で焼くだけですが、
もちろん、ヒトによって、作り方が少しずつ違います。


去年、別の調理師さんが作ってくれたのは、これ

アンタルヤにある人気のイワシレストランのは、こんな感じ



魚介類をあんまり食べないトルコ人が多いけど、
イワシだけは別枠。
これから、3月ぐらいまで、イワシの季節が続きます。





[PR]

by akdeniz_tk | 2015-10-22 01:16 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(12)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/24594590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bayswater92 at 2015-10-22 04:07
こんばんは!アンです。
うちもこないだ今シーズン初のハムシ、食べました!
トルコのハムシ、美味しいですよね〜。
日本にいた時もカタクチイワシを買って調理してたけど
美味しさが全然違う。。それにやっぱりマルマラ産より黒海産が美味しいですね!
なんだけど、ハムシを調理した2日後くらいまでキッチンがイワシ臭くて。。笑
美味しいけど調理するの勇気いりますね。笑
Commented by misarin-1126 at 2015-10-22 16:10
こん^^
>持ってきてくれて、さらに調理してもらい、
>わたしは、(写真を撮ってから)食べるだけ。・・・贅沢ですよね。
実に羨ましいです(*^_^*)
イワシは、カルシュムばっちりですから骨粗鬆症の予防 ぴったり♪

信州の驚き桃には私も吃驚しました(@_@;)
でも、お醤油とみりんで炒めたら美味しいのなんのってお箸が止まりませんでした。
モロッコいんげんとの相性ばっちりでしたので是非ともお試しください。
Commented by fsnote2 at 2015-10-22 21:11
こんばんは。
へえ~イワシがそんなにポピュラーなお魚とは意外でした!
青魚ですもの、健康的でいいですね♪
豆鰯だとパクパクいけちゃいそう~(^o^)
調理師さんが作ってくれる美味しい旬の鰯、
楽しんでくださいね♪
Commented by Mchappykun2 at 2015-10-23 01:40
新鮮な鰯は美味しいですよね。残念ながらサンディエゴでは生きの良い鰯はありません。たまに売っている鰯は20センチ以上の大鰯。小さかったらアンチョビも自分で作れますね。面倒だけれど。
調理師さんに作ってもらった季節の美味しい鰯料理、羨ましいです。堪能して下さいね。
Commented by akdeniz_tk at 2015-10-24 04:53
アンさん
こんばんは。
日本じゃ、小さいタイプのイワシって、あんまり見ないですよね。
(日本で作ろうと思って、実家の近くにあるいくつものスーパーを探したけど、売っていなかったです)
ハムシをお家で作ると、臭いが残りますよねぇ~。
内臓を取るのも面倒だし、臭いもあるしって考えると、
外で食べたいお料理の1つです。
Commented by akdeniz_tk at 2015-10-24 04:55
misarinさん
お客さんからのオーダーのお料理は、わたしがメインで作るので、
まかないは調理師さんがメインで作ってくれます。
たまに、わたしも作りますけどね。
ヒトに作ってもらうと、おいしいわ♪♪って最近思います。
桃のシーズン。そろそろ終わりなので、早めにトライしてみます。
驚き桃じゃないけれど、きっとおいしく仕上がりますよね。
Commented by akdeniz_tk at 2015-10-24 04:57
Fさん
魚介類をほとんど食べない、エビを虫だって言いきっちゃうようなヒトが多いトルコ人なのに、
イワシだけは、かなりポピュラーなんです。
3月までに、あと何回、食べられるかなぁ~。
シーズンは、まだまだ終わらないって、のんびりしていると、
あっという間に、シーズンが終わっちゃうんですよね。
Commented by akdeniz_tk at 2015-10-24 04:59
Mchappykunさん
なんでもそろう羨ましいサンディエゴなのに、
新鮮なイワシはないんですか・・・。意外です。
時間があれば、自家製アンチョビを作ってみたいです。
内臓を取ったり・・・って考えると、ちょっと億劫になってしまいますが。。。
Commented by MakiMakiMacci at 2015-10-26 12:47
こんにちは!
おいしそうなイワシですね!
スウェーデンでも同じような調理法で食べますよ!

実は、スウェーデン国内でも、場所によっては「イワシ」と「ニシン」を逆に呼ぶところや、すべて「ニシン」と呼ぶところもあり、私もなんだか、よくわかりません。

スウェーデンでは、パン粉をたっぷりつけて、バターで焼くのが多いと思います。
Commented by petapeta_adeliae at 2015-10-26 23:56
ハムシリ・ビラウが食べたくてお魚技術の会に通ったのを思い出しました。
実習で育ち過ぎた鰯が出てきて、先生がこんなに大きな鰯見た事が
ないなんて言い出したんですよ。そんな大きな鰯を使ってなんと"手開き"
手に骨が刺さって痛かった事。
金曜日にお昼にアクデニズ。さんのこの記事の話になり、小さな鰯が
ないというと、小さな鰯は"へこ鰯"と呼ばれていると知りました。
でも、お教室でハムシリ・ビラウに丁度よいと使っていた
ティファールの鍋をもっていたのですが、つい最近焦がしてしまったの。

↑のボレキを作るのにうちのは15cm×20cmと大きいので
15cm×13cmの耐熱ガラス見つけてきました。ふふっ楽しみ♪
Commented by akdeniz_tk at 2015-10-27 06:30
MakiMakiMacciさん
イワシと鰊。ずいぶん違うような気もしますが、
スウェーデン人にとっては、似たようなモノなのかしら?
そういえば、トルコの市場で、カツオをマグロだって言われたコトがあります。
パン粉にバターのスウェーデン風イワシもおいしそうですね。
Commented by akdeniz_tk at 2015-10-27 06:34
ソーニャさん
うち(実家)の方では、豆イワシって言っていました。
日本海沿岸なので、どのスーパーでもかなりお魚の種類は充実しているのですが、
豆イワシは、売っているトコがあんまりなかったです(大きなトコでたまに)。
関東では、へこ鰯っていうのですね。
おいしいハムシピラフは、ほんとおいしいですよね。

15cm×13cmの耐熱ガラス。ぴったりですね♪♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード