シロン。

f0232763_06234588.jpg




餃子を作ったときに出る、ユフカの端を使って、
シロンを作りました。

シロンって、BAUSWATERのアンさんの記事で初めて知ったトルコ料理。


作るにあたって、さらに調べました。


どうやら、シロンは、ギュムシュハーネの郷土料理で、
(ギュムシュハーネというのは、トルコの東北アナドリア、黒海に近い県)
お隣の県、バイブルトでは、ズィロン(ziron)と呼ばれています。


レシピの中で、
オーブンで乾燥させて、ふやかしてっていう工程があって、
とっても不思議だったのだけど、
(だって、また戻すのなら、乾燥させる意味あるの?って思いますよねぇ~)
乾燥させた状態で保存しておけば、日持ちがするからってコトみたい。


f0232763_06240297.jpg




ユフカの切れ端をくるくる巻いて、切って、
耐熱皿に並べて、






f0232763_06241120.jpg




しっかり乾燥するまでオーブンで焼いて、
(この状態で保存させると日持ちします)








f0232763_06243203.jpg




お湯で適度にふやかして、
上から、にんにく入りのヨーグルトと、
バターとサラダ油で炒めたサルチャのソースをかけて、
上から、イタリアンパセリのみじん切りをかけました。



お湯じゃなくて、鶏肉の茹で汁をかけて、
さらに、上に茹でた鶏を割いてのせ、
その上に、にんにく入りヨーグルトとサルチャソースをかけた、
鶏肉のシロンっていうのもあります。

って、ふと思ったけど、
鶏肉のシロンとダーマット・パチャスってそっくりじゃない??

地方が違うと、名前も違うってことなのかしら???




f0232763_06244496.jpg




検索しているときに、
シロンでお菓子もできるっていうのを読んで、
そっちも試してみたけれど、イマイチでした。

油分が全くないトコに、砂糖シロップをかけてもねぇ~。
焼くときに、バターを入れて焼けば、おいしくなるかも??








[PR]

by akdeniz_tk | 2015-04-28 07:22 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(7)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/23949178
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by BBpinevalley at 2015-04-28 07:44
最初、バラの花を詰め込んだように見えました。
面白いお料理ですね。
イタリアのお母さんが、よく残り物のスパゲティにソースをかけてオーブンで焼きますが、あんな感じなのかしら。
ちょっと違うか……
容器も素敵だな〜
Commented by fsnote2 at 2015-04-28 07:51
おはようございます。
ユフカを使った新メニュー、ワクワクです。o(^o^)o
層になって丸まったユフカが魅力的です♪
ほんと、ダーマット・パチャスに似てますね。
また、新郎の脚の意味が面白い♪では新婦の脚や腕って言うメニューも
あるのかしら?(笑)
あ~美味しそうで真似したいけど、私はとにかくユフカを作らないと!
Commented by froggymama at 2015-04-28 08:56
おはようございます^^
ごぶさたしておりましたが、こちらにコメントありがとうございました!
シロン。。最初ラザニアみたいなの?って思ったけど
チーズは使わないんですね。
くるくる巻いて入れた感じが花焼売みたいで可愛いですね♪
少し遡って見せていただきましたが、食べてみたいお料理がたくさん!
そうそう、抹茶のブラウニー、白あん入りでどんなお味なのかなぁ~って
すっごい気になりました。
市場のお写真を見るのも好きです^^

そちらはGWのようなものはあるんでしょうか。
私は結構仕事がくるのであんまり関係ないのですが
でもお天気もよさそうだし、ちょこっとカメラ持って歩けたらいいな♪
仕事の量次第です。。
akdenizさんも、お店がんばってくださいね^^
Commented by Mchappykun at 2015-04-28 13:32
ユフカを巻いた形が薔薇の花にそっくり、と私も思いました。きれいですね。そして美味しそう。一皿が一人分ですか?結構な量に見えますが。
やっぱりトルコ料理、私には未知の世界です。お味が想像できるようで,想像できません。
Commented by bayswater92 at 2015-04-28 15:04
おはようございます!アンです。
普通のユフカをクルクルやって敷き詰めてからオーブンで火を通せばいいんだ〜。
目から鱗!です。あのしっかり焼いてあるのじゃなきゃ無理と思ってたので^^;
トルコっていろんな、それも無名の郷土料理があるから
民族の流れを調べるだけで面白そうだな、っていつも思います。
リンク、ありがとうございます♪
Commented by jenajena at 2015-04-28 16:02
作り方が面白いですねー
くるくる巻いて焼くところも興味深いです。
いい具合に焼けているところはパリパリしてそうで、癖になりそう^^
ちょっとラザニアっぽい味を想像したのですが、全然ちがう味なんでしょうか?
Commented by petapeta_adeliae at 2015-04-29 16:30
どんな食感なんだろう?ワンタンを想像しちゃいました。

このような素焼きの器がありましたが、
ロシア料理の煮込みで直火で煮たのですすけて捨てて
しまいました。でも耐熱であれば良いんでね。
ウズベクスタンとウイグル(中国)にも見た目は同じで
ウズベクは自然の調味料vs化学調味料のウイグルです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード