赤レンズ豆のキョフテ(mercimek köftesi)。

f0232763_23011824.jpg




ちょっと前に、肉なしチー・キョフテについてUPしましたが、
それよりも、わたしの好みは、こっち。

メルジメッキ・キョフテスィ(mercimek köftesi)です。
良く考えると、これにもブルグルが入っていますねぇ~。

・・・ほんと、毎日、ブルグルを食べているかも?



ピラフに使うブルグルと、
クスルやメルジメッキ・キョフテスィなどに使うブルグルでは、
ブルグルのサイズが違います。

ピラフに使うのは、粒の粗いブルグルですが、
クスルやメルジメッキ・キョフテスィに使うのは、
一見、クスクスにも見えるような細かい(小粒)タイプ。

ブルグルが手に入らなかったら、クスクスで代用するコトも可能です。



f0232763_23015998.jpg

以前UPしていますが、レシピが違うので、
今回のもメモに残しておきます。


【材料】
赤レンズ豆 150g
ブルグル(細) 65g
たまねぎ 1個
サルチャ(トマト) 大さじ2
サルチャ(ビベル) 大さじ1/2
サラダ油  50g
塩    少々
青ネギ 4~5本
イタリアンパセリ 5~6本

【作りかた】
1.赤レンズ豆を洗って、鍋に入れ、豆が被るより、
  2~3cm多めに水を入れて、豆が柔らかくなるまで火にかける
2.水気がほぼなくなったところで、ブルグルを加えてかき混ぜ、蓋をして蒸らす
3.別の鍋に、みじん切りにしたたまねぎ、サラダ油を入れて、たまねぎが透き通るまで炒める
4.サルチャを加えて、さらに炒める
5.2に4を加えてよく混ぜる(捏ねる)
6.小口切りにした青ネギ、みじん切りにしたイタリアンパセリを加えてさらに混ぜる
7.ボール状に成型する



  ※ レモン汁を加えると良いのでしょうが、酸味があんまり好きじゃないので、
    使っていません。
    サラダ油の代わりにオリーブオイルをつかうヒトもいるし、
    もっといろいろスパイスを入れるヒトもいます。お好みで。



[PR]

by akdeniz_tk | 2014-04-21 06:03 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(14)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/21847913
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Mchappykun at 2014-04-21 08:26
赤レンズ豆に二種類のサルチャ。全部赤だからこんなにきれいな色になるのかしら。完全なヴィジタリアンですね。
ブルグルにも種類があるんですね。アクデニズさんのところへくると、新しいことを学ぶので楽しいです。
Commented by bayswater92 at 2014-04-21 15:18
おはようございます!アンです。
実は私このメルジメッキキョフテシ、作ったことも食べたこともないんです!!
今回もレシピが載っててよかった〜。作ってみたいです。
私もレモンの酸味があまり好きじゃないのー。レンズ豆のスープにも搾りません^^;
Commented by bonbonniere0826 at 2014-04-21 17:04
いつもながらお仕事が丁寧で素敵です♪
何だろう? 敢えて日本の食べ物にたとえるならば、おにぎりでしょうか?(まったく違う?^^:)
トルコ料理ってもう少しインド色が強いのかと思っていましたが、アクデニズさんのお料理を拝見していると、まったく独特のユニークな世界観がありますね✨
知らないことを知るって本当楽しい!!
Commented by akdeniz_tk at 2014-04-21 21:12
Mchappykunさん
レンズ豆は、加熱するとベージュになるから、サルチャの赤と合わさって、
オレンジ色の仕上がりになります。
トルコの家庭料理って、お肉を使わないモノもかなりあって、
なんとなくベジタリアンな生活が助長されちゃっています。
お肉も好きなんですけどねぇ~。
Commented by akdeniz_tk at 2014-04-21 21:14
アンさん
こんにちは。
意外です!!メルジメッキキョフテシって、
トルコの定番家庭料理の1つだと思っていたので。。。
地方によって、よく作る地域とそうじゃない地域があるのかしら?
チーキョフテよりも、わたしは好きなんですけど、アンさんのお口に合うかしら?
是非、試してみてください。
Commented by akdeniz_tk at 2014-04-21 21:17
picoriさん
こんにちは。
実は、写真に撮る用だけ、キョフテにして、残りは面倒だったので、
ペースト状のまま、食べちゃいました。
トルコ料理は、歴史そのまま、いろんな文化が混ざって発展した気がします。
アラブ、イタリア、ギリシア、ブルガリアなど、各国で似たようなお料理を見つけるコトも多いです。

Commented by un_voyage at 2014-04-21 22:15
綺麗に盛りつけられていますねー!!
さすが akdenizさん♪
こちらも、一般的なお店で出会うことが出来るのでしょうか??
トルコのお料理は、日本人のお口に合いそうなものばかりですね◎
Commented by mifita at 2014-04-21 22:58
このレシピ試したいです!
うちにトルコで買ったサルチャがあるんですがもうすぐなくなりそうで、
サルチャ手作りって出来るもんですか?
トルコのスーパーでサルチャどこ?って聞いたら普通のトマトの水煮缶渡されて、
結局地元の人が行くようなスパイスなど売ってる小売店であのトルコの味がするサルチャ買えました。

ところでシフォン型、日本で購入されました?
私も欲しいんですがかさ張るから毎帰国の度にどうしようかなと思いつつ
持って帰ってない一品で。。
質問たくさんになってしまいました(f*^_^)
Commented by petapeta_adeliae at 2014-04-21 23:52
揚げているのかと思ったら・・ヘルシーですね。
プルグルにサイズがあるなんてしりませんでした。^^;

アクデニズ。さんおススメのメルジメッキ・キョフテスィ
是非作ってみます。
GW中に母の幼なじみの81才のお婆さんに母のお弁当を
届けにいくので、重箱に入れて反応見てみよっと。^^
Commented by akdeniz_tk at 2014-04-22 05:56
un_voyageさん
写真用だけは、ちゃんとキョフテのカタチにしましたよ~。
(後は、面倒でそのままペーストとして食べちゃいました。。。)
メルジメッキ・キョフテスィは、お母さんの味って感じなので、
青空市場風のトコで、パックに入れて売っていたりしますが、
レストランでは見たコトないです。
Commented by akdeniz_tk at 2014-04-22 05:56
mifitaさん
大量のトマトを買ってきて、サルチャ作りをしているトルコのお母さん達もいますが、
切って、塩を入れて、放置して、ざるで越して、太陽で乾燥させて・・・
って、本格的に作るには、かなりの時間がかかります。
日本でサルチャが手に入りにくかったとき、トマトの水煮に塩を加えて、煮詰めて、
なんとなくサルチャを作ったコトもありますが、やっぱり本物とは違いました。
(代用品としては、まぁ、しょうがないねって感じで使えますけど)

シフォン型は、日本から持ってきました。
トルコじゃ、売っていない(と思います)。製菓卸問屋さんに行ったときも、
シフォンの型は見なかったし・・・。
日本から持ってきたいモノがたくさんあると、後回しになっちゃいますよねぇ~。
Commented by akdeniz_tk at 2014-04-22 05:56
ソーニャさん
ブルグルは、2種類。細かい方は、見た目も食べた感じも、
ほんと、クスクスそっくりです。(作り方が全然違いますけど)

是非、試してみてください。
レンズ豆とブルグルは、2:1の割合です。どっちも膨れるから、
思ったよりも大量にできますよ~。
Commented by タヌ子 at 2014-04-22 14:10 x
一度ちょっと粒の粗いブルグルを使ってしまい、あまりうまくできなかったので、細かいブルグルを買ってきたのに、そのまま忘れてました。
現在フランスでお留守番中なので、帰ったらさっそく使ってあげようと思います。
酸味があまりお好きじゃないということは、私と食の好みが似てるかも。
Commented at 2014-07-08 18:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード