肉なしチー・キョフテ(Çiğ köfte)。

f0232763_16250781.jpg




Çiğ köfte:そのまま日本語に訳せば、生の肉団子。
     
      ひき肉、ブルグル、サルチャ、たまねぎ、イタリアンパセリ、
      香辛料などを捏ねてつくるお料理です。



トルコでは、嗜好的にも、宗教上の理由からも、
生肉はもちろん、赤い部分の残ったレアな焼き加減のお肉は駄目なヒトが多く、
(宗教的なお話は、ここでは割愛。話せば長くなるし・・・)
ステーキなど『ミディアム』で焼いてもらっても、
『ウェルダン』以上にしっかり焼いたお肉が出てくるのに、
チーキョフテって???
って、ずっと不思議に思っているんです。

『捏ねるコトによって、料理(pişmek)されているから大丈夫なのだ』
っていうんだけど、
pişmekは、油、湯、火で調理する(=煮る、焼く)ってコトで、
捏ねたトコで、生肉は生肉。何も変わらない気がするので、いまだに納得できていません。




f0232763_16252465.jpg



肉なしチーキョフテ。
本来ならば、チーキョフテには、お肉が入っていなきゃいけないのですが・・・。

だって、生肉のキョフテで、お肉が入っていないなんて、
牛肉なしの牛丼レベルで看板に偽りがあるって気になりません??

でも。衛生上の問題より、肉入りのチーキョフテの販売は禁止されていて、
現在、お店で売っているのは、肉なしのチーキョフテだけです。







[PR]

by akdeniz_tk | 2014-04-17 17:19 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/21816640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yk-voyant54 at 2014-04-17 18:54
へぇ〜、今日もびっくりです。
akdenizさんの例えが凄い!ってか分かりやすすぎて唖然。
このフレーズです。
『牛肉なしの牛丼レベルで・・・・・・略』
面白い国だなって思ったけれど、
次に考えたら私、結構トルコ的人間かも。
Commented by fsnote2 at 2014-04-17 19:37
捏ねる事によって調理・・・・・ですか!
トルコでは絶対火を通したものしか食べないと思っていたので
とっても意外です。ほんと、不思議ですね~
でも現在は販売禁止と読んで、安心するやら残念に思うやら・・・

Commented by bayswater92 at 2014-04-17 22:05
こんにちは!アンです。
今、生肉入りって売ってないのですか?
って我が家も最近は肉なしばかり食べてるので気づかなかった。。
前に通ってたトルコ語学校の先生は、辛い香辛料で捏ねて捏ねて捏ねることで
火が入るのと同じ状態になる、っていうようなこと言ってました。
って本当かい!?ですよねー。笑
まあ、唐辛子が腐敗を抑えるとは思うけど、火が通ったことになるのか!?
Commented by Mchappykun at 2014-04-17 23:12
このお肉の入っていないキョフテも生のままなんですよね。
やはり生肉のキョフテでお腹壊す人が沢山出て、販売禁止になったのでは?と勘ぐりたくなります。捏ねただけで火が通ったことにはなりませんよね。
それで、いつも気になるお味。どうなのでしょう。
Commented by surigon at 2014-04-17 23:26
生の肉団子・・・私はお腹壊しそう^^;
私は焼肉屋で、昔ユッケでお腹壊しましたから~。
何か、捏ねてるからって、理屈が面白いですけどね。
Commented by akdeniz_tk at 2014-04-18 03:53
ボヤントさん
もともとは、生肉を使っていたのに、それが禁止になって、
でも、チーキョフテは食べたいってコトで、
こんな状態になったんだと思いますが・・・、そういえば、
日本でも輸入肉が禁止された時期に、牛丼がない牛丼屋さんになっていましたよね。

fsnote2さん
お家で作るチーキョフテは、生肉を使っていますよ~。
あと、今日、トルコ人のヒトと話をしていて、炒め卵を入れたチーキョフテもあるそうです。
いろいろバリエーションがありますよね。
捏ねるコト+辛みで殺菌しているとのコトですが、どこまで効果があるのかしら??

アンさん
こんばんは。
2008年に禁止されています。さらに、調べると、去年、
クエン酸以外の添加物も禁止されたそうです。
http://www.ensonhaber.com/cig-kofte-yasaklari-basladi-sektorde-savas-cikti-2013-08-02.html
http://www.sabah.com.tr/Ekonomi/2013/08/02/12-bin-800-tl-ceza#
(参照)
わたしも、今回の記事をUPして、初めて知りました。
チーキョフテ=生肉って思っていたから・・・。
きちんと火を通すと、寄生虫や細菌は死滅するけど、
唐辛子でどんだけ殺菌ができるか?微妙ですよねぇ~。
Commented by akdeniz_tk at 2014-04-18 04:04
Mchappykunさん
たぶん、その通りなんだと思います。
お店だと作ってから、販売するまでに、細菌が増殖しますものね。
肉なしのチーキョフテ。お肉の代わりに、胡桃を使ったりするらしいです。
お味は、かなりスパイシーなクスクスを団子状にした感じかな?
わたしは、メルジメッキキョフテシの方が好きです。

surigonさん
わたしも生肉は嫌って思ってずっとチーキョフテを敬遠していたんですよ。
でも、今回調べたら、市販されているチーキョフテは、
ずっと前から生肉の使用が禁止されているって。敬遠する必要がなかったみたいです。。。
捏ねて、温度が上がったら、余計に細菌の増殖が進むのでは?
って思います。
かなり唐辛子が入っているので、唐辛子で殺菌?それも、どこまで効果があるのかしら??


Commented by jun-go-chan at 2014-04-18 12:16
お国柄、お料理事情、様々ですね。
生肉と言えば、日本だと、ユッケがあたりますね~
私はこれが食べられないので、元々のチーキョフテ食べられないでしょうね。
お寿司やお刺身は生ものなのに、食べられます。
本当に、不思議なお料理なんですね。
Commented by petapeta_adeliae at 2014-04-18 23:20
>捏ねたトコで、生肉は生肉
体温で加熱? まさか捏ねる摩擦で??
いろんなスパイスが入ってるから傷まないとか?
アルコール呑んで消毒してちょっと食べてみたい!!
Commented by akdeniz_tk at 2014-04-19 03:13
jun-go-chanさん
トルコだと、基本的に生ものや生焼けのモノは食べないのに、
チーキョフテは、なぜか好きなヒトが多いです。
わたしも、お刺身やお寿司は好きなんですけど、
生肉は怖くって駄目なので、避けて通っていましたが、
2008年から市販のチーキョフテは肉なしだって知って、
避ける必要がないコトに、いまさらながら気が付きました。

ソーニャさん
捏ねて温度が上がったとして、せいぜい50℃?
腐敗が進みますよねぇ~。スパイスがあったとしても、無理ですし。
これを書くときに、ざっと調べたんですけど、
肉なしのチーキョフテでさえ、衛生上問題があるお店も結構あるみたいですよ。
もみ込んで、余計に細菌が繁殖するとか?
アルコールで消毒できるかなぁ~??
肉を使った本物のチーキョフテは、今のトルコじゃお家でしか作れませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード