バレンタインには、リンゴとプラリネルージュのタルトを。

f0232763_4511327.jpg



リヨンで買ってきたプラリネ・ルージュ。

タヌ子さんから、ロマンティックなタルトを教えていただいたので、
今まで、2回、チャレンジしましたが(1回目2回目)、
なかなか納得いくカタチにならなくって・・・。

三度目の正直?

もう1度、作るコトにしました。


作ったのは、1月の中旬。
その後、タヌ子さんも素敵なタルトをUPなさって、
『バレンタインデーにはバラの花束タルトでテーブルを飾ろう!』
とおっしゃっていたので、
バレンタイン前にUPしておかねば!!と。




f0232763_4514364.jpg


前回、前々回を踏まえて、

もっと、クレーム・ダマンドの量を減らして、
リンゴのバラをこれでもか?って敷き詰めて、
さらに、プラリネ・ルージュを大盤振る舞いしたら、

きっと理想のタルトに近づくハズって思い、

クレーム・ダマンド→少量のクレーム・パティシエールに変えて、
リンゴは、前回同様に、軽く煮こんで、
プラリネ・ルージュは、たっぷりと振りかけて、
焼いてみました。

ちょうど良いタルト型がなくって、セルクルで焼いたら、
タルト生地のふちがガタガタになってしまったけれど、
それ以外は、満足のできあがりになりました。


諦めないで、何度か試行錯誤すれば、
少しずつ上手になるものですねぇ~。



近づいてきたバレンタイン・デーにうってつけなタルトだと、
わたしも思います。
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-02-10 05:14 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback(1) | Comments(12)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/18580917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 異邦人の食卓 at 2013-02-14 09:15
タイトル : ダメダメバレンタイン菓子
数年前まではバレンタインは全く無視の狸家だったけれど、ブログを始めてからあちこちで美味しそうなバレンタインのお菓子を見かけるので、お菓子作りは苦手なタヌ子も少しずつ作 ...... more
Commented by Mchappykun at 2013-02-10 14:58
美しいですね。バラの花束のタルト。タヌ子さんのもakdenizさんのも、本当に素敵です。食べるのがもったいないほど。でも食べてみたい。りんごは軽く煮たのですね。プラリネルージュはとてもきれいな赤になりますね。アメリカでも手に入るのかしら。調べてみましょう。
Commented by yk-voyant54 at 2013-02-10 17:31
りんごのタルト、洗練されたアイデアだね。
誰が最初に考えたのかしら?ロマンがあるよね。
でも、どうやって作るの?謎。
タヌ子さんのも見たよ。きれいだし、薔薇のようなタルトなんて、感激だよね。何度もチャレンジしたくなる気持ち、分かるなぁ〜。
お味とか食感はどんな感じなのかしら?
こういうのを頂いたら、もう感激ですよね。
視覚的に頂きました。あ〜美味しかった。
Commented by un_voyage at 2013-02-10 19:12
バラの花束タルト、なんてステキなタルトなんですか~♡
大人なバレンタインにぴったりですね~
テーブルにこのタルト。。。ステキな時間になりそうです
Commented by akdeniz_tk at 2013-02-10 22:29
Mchappykunさん
買ったりんごがボソボソした感じだったので、スライスしても、
きれいなバラになりそうになくて、少し火を通しておきました。
Mchappykun さんのお作りになったバラの花束タルト、拝見したいです。
アメリカで、プラリネ・ルージュが手に入るのなら、是非、試してみてください。
Commented by akdeniz_tk at 2013-02-10 22:34
ボヤントさん
とっても素敵で、ロマンティックなタルトですよね。
もともとは、フランス人のアラン・パッサール氏のタルトだけど、
ポプラさんがアレンジなさったのを、タヌ子さんに教えていただいて・・・。
写真から、想像して作ったので、オリジナルとはずいぶん違っていると思います。
プラリネ・ルージュはお味に影響しないので、普通にりんごのタルトです。
中に入れるクリームを変えたら、いろんなバリエーションができそうですよね。
Commented by petapeta_adeliae at 2013-02-10 22:34
ふたりとも職人の様にステキな出来映えですね。
何度も納得するまで作り続けるからいい作品になるんですね。
食いしん坊だから出来る技!?(笑)
濃い紅茶で頂きたいです。

今日、サロンで駅前の高めのスーパーでポロ葱を見つけましたが、
なんと¥790と高価過ぎて、手がでませんでした。(悲)
Commented by akdeniz_tk at 2013-02-10 22:36
un_voyageさん
ロマンティックなタルトですよねぇ~。
タルトタタンやアップルパイが作りたくてリンゴを買ってくるのに、
結局、作っているのはこのタルト。
バレンタイン向きですよね。
Commented by akdeniz_tk at 2013-02-10 22:41
ソーニャさん
失敗は成功のもと。繰り返せば、少しずつうまくなるものですねぇ~。
食いしん坊だから・・・あたっているかも?

ポロねぎ、高い!買う気にならないですよね。
昨日、久しぶりに、アンタルヤの紀伊国屋的な高級スーパーに行ったんです。
しいたけも売っていました(たぶん、アンタルヤだとここだけ)。が、普通のマッシュルームの10倍のお値段。・・・買えません。
Commented by タヌ子 at 2013-02-11 01:20 x
やっぱり林檎をぎっしり詰めると更に華やかな印象になりますね。
もともとこのケーキはバラの蕾をイメージしたものだから、akdenizさんのものの方が私のものよりオリジナルに近いです。
3回も作られたakdenizさんに刺激されて、私ももう一度作ったんですが、最初のはビギナーズラックだったみたい。
見かけはまあまあだったんですが、もっとバラらしくしようと思って、林檎の花びらの数を多くしすぎて、パイ生地が負けてしまいました。
夫からも最初のほうが美味しかったとダメ出しを喰らいました(涙)
確かに生だと丸く形を整えにくいから、少し柔らかくしたほうが綺麗な仕上がりになりそうですよね。
私も次回はちょっと煮てから形を整えてみようかな。
Commented by azu-azumy at 2013-02-11 09:36
美しい♪♪
お写真のタルトを一目見てつぶやいてしまいました。
そして、バラの花束のよう・・・と。
こんな素敵なタルトがバレンタインのテーブルを飾ったら~
他には何もいりませんね~♪♪
Commented by akdeniz_tk at 2013-02-11 19:11
タヌ子さん
何回か作ると、さすがに要領が分かってきますね。
リンゴとパイで、りんごが負けるって・・・どんなにたくさんバラが咲いていたのかしら?
りんごの種類によっては、生でもうまくいくと思うんですが、
アンタルヤのリンゴは、ボソボソしていて、軽く煮ないと全然ダメでした。
Commented by akdeniz_tk at 2013-02-11 19:20
azumyさん
最初は『バレンタイン・デー』とタルトが結びついていなかったけど、
言われてみれば、バレンタインに似合う、ロマンティックなタルトですよね。
作るのがちょっと面倒だけど、出来上がったのを見ると
報われた気がしますよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード