白チーズ入りハーブポアチャと運転免許証。

f0232763_342492.jpg



気がついたら、今年もあと2日。

日本だと、早めに仕事納めがあって、
大掃除やらなにやら、お正月準備にバタバタって感じだけど、

トルコは、31日も午前中まで仕事があるトコが多いし、
ほんと、全く新しい年を迎える気分なんてないです。

ちなみにね。お正月も元日が休日なだけ。
2日から、学校も仕事も始まるんです。なんか、普通の祭日っぽいですよねぇ~。




という訳で。
年が終わりに近づいていたのに、あまりにものんびりしすぎてしまい、
『今年中にしよう!!』と思っていたコトの半分ぐらいは、
来年に持ち越しになりそうです。



でもね。ちゃんと今年終わったコトもあって・・・。
その中のいちばんが、念願の、トルコの運転免許証を取得した!!ってコト。

と言っても、トルコの自動車学校へ通って、試験を受けて、取るんじゃなくて、
日本の運転免許証から切り替えただけなんですけど、

これが、そう簡単な話じゃなくて(詳しくは追記で)、


領事館に行くために、イスタンブルの往復をしなきゃいけなかったし、
裁判所、病院でも書類を作ってもらわなきゃいけなかったし、
警察署でも申請に半日以上かかったし、


結局、のべ7日がかり、
経費だって600TL(3万円)近くかかる大仕事だったんです。


これだけ労力を使って手に入れた運転免許証だけど、
実際に、トルコで運転するか?っていうのは、また別の話。
(トルコのヒドイ交通事情は、以前、ぼやいた通り・・・)







f0232763_35278.jpg



写真は、警察署の近くで食べたポアチャ。

ハーブ(ディル)入りの生地で、
中には、白チーズも入っていました。


お値段は、0.7TL(約35円)。
パン屋さんのイートインコーナーだったので、紅茶は、無料だったんです。
なんて、格安なお昼ごはん!!


ポアチャっていうと、もうちょっと油多めの生地のをよく食べるけど、
ここのは、スコーン風の食感で、わたしは初めて食べました。
(が、お友達(日本人)は、たまに食べるって言っていたから、珍しくはないみたい)














ほとんどの方には関係ない話だし、
うだうだと書いているから、読みにくいと思いますが・・・追記です。




トルコで免許証を取得したい方のために、取得に必要だったものと、
めちゃくちゃ大変だった警察署での顛末を残しておこうと思います。


まず、警察署に行く前に必要なのが、

1.日本大使館か領事館で、日本の運転免許所の翻訳をしてもらう

  他の国の免許証だと公証役場で翻訳して承認してもらえば良いみたいですが、
  日本の免許証(韓国もだと思われる)の場合、必ず、大使館か領事館で翻訳してもらわないとダメ。

  アンカラ、イスタンブルに住んでいたら、簡単ですが、
  地方都市に居るわたし。日帰りで、イスタンブルまで飛びました(往復165TL+現地の交通費)。

  翻訳料金は、40TL(去年はもっと安かったので、変わると思います)

  すでに、これで、200TL以上の出費です。地方都市はつらいわ~。


2.裁判所で、犯罪歴証明をもらう

  トルコだとどこで、何をするにも、おカネが必要だと思っていたのに、
  なんと、ただで発行してもらえました。しかもね、待ち時間もほぼゼロ。
  半日はかかると思っていたから、かなり吃驚です。


3.病院で、健康診断書と血液検査をする

  今のトルコだと、地域医療(?)で、自分を担当する病院が決まっているので、
  外国人は、診療所では健康診断書を書いてもらえないみたいです
  (受付で、外国人のキムリッキNOを入れても弾かれて、
   ドクターに聞いたら、私立病院へ行きなさいって言われました)

  で。私立病院で、健康診断。といっても、視力検査だけです。
  免許証専用の診断書にドクターが記入して終わり(でも、25TL)。

  さらに、トルコで血液検査をしてもらったコトがなければ、
  血液検査も必要です(健康診断の中には入っていない=別料金8TL)。

  指先から血液を採るんですが、『ちくっ』とするだけだと思っていたら、
  思い切り『ぶすっ』と刺されて、予想以上に痛かったです。。。


4.写真の準備
  警察署の申請にも必要だし、病院でも必要でした(免許用の診断書に貼るため)


以上に加えて、
5.滞在許可証と6.日本の運転免許証ももちろん要ります。




これだけ揃えた後は、警察署でって話だったけど、これが大変で・・・。


今回は、同じく、日本からの免許証を切り替えるお友達がいて、
彼女の旦那様(トルコ人)が申請に付き合ってくださったのだけど、
それでも右往左往しました。
(だって、トルコ人でさえ、いろんなトコで何度も何度も聞かないと分からないんですよ)

まず。警察に行ってから渡された
『免許所切り替えのための必要書類リスト』には、
事前情報で用意した書類以外にも、いろんなモノが並んでいて、

その1つが、『申請用のファイル(自動車学校で)』
って、自動車学校って何???

いろんなトコで聞いてもらった結果、どうやら代行屋さんでもできるというコトなので、
警察署の近くの代行屋さんに行き、申請書とファイルを作成してもらいました(10TL)。



さらには、
1の日本の免許証のトルコ語翻訳が2部必要だって!!

って、イスタンブルやアンカラに行けって意味になるけど、そんなの無理。

公証役場での複製でも可(らしい)ともリストに書いてあったので、
警察署から公証役場へ車で移動しました。

が、公証役場では、
『海外の機関で発行されたものは、県庁で承認の印がないと公証役場で複製ができません』
と、着き返されて・・・。

なんの成果もなく、再び、警察署へ戻りました。


警察のヒト3人以上に聞いても、『1部じゃダメだ』って言われたけれど(お友達の旦那様が聞いた)、
一応、このまま申請してみて、やっぱり無理なら、県庁へ行こうかぁ~とお友達と相談。

・・・結果、1部でOKでした。

どうやら、
他の外国の免許証は、公証役場で翻訳してもらって(2部)、それを元に申請できるけど、
日本の免許証は、それが認められていないし、よく分からないけど、それが理由だったのでは?
(OKと言われた後に、ぐだぐだ言って、取り消されちゃ困るので、スルーしました)





それにしても・・・。

免許証を申請するヒトって、こんなに多いの??
ってぐらいのヒト(ほぼトルコ人)で、指紋採取50人待ち、申請60人待ちとか・・・。
しかも。指紋採取と申請の番号札が分かれているのに気が付かなくって、
申請の番号札を取るのが遅くなり、午前中には順番がまわってこなかったです。


お昼休みの後、お金を払って(370TLちょっと)、無事、申請終了。



今回思ったのが、
日本の免許証からの切り替えになれていないアンタルヤの警察では、
受付の職員さん(警察官)では、全く事情が分からないから、聞いても要領を得ないし、
日本人だけで、バスで行っても、対処不可能だったってコト。

トルコ人が、車で、連れて行ってくれたからこそ、この日に申請できました。

・・・ほんと、お友達の旦那様には感謝です。





果たして。申請翌日の夕方には、無事に免許証が手に入りましたよ。
(ロシア人のお友達は、申請後免許証が発行されるまで6ヶ月かかったらしいですけど・・・。
 予想だけど、日本や韓国の場合、大使館か領事館で翻訳をしてもらうから、早いのではないか?と)

以上、長々と書いたけど、免許所得の顛末でした。
トルコで免許証を取得する時の参考になれば・・・・。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-12-30 03:39 | アンタルヤの事情(生活編)。 | Trackback | Comments(12)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/18301548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Mchappykun at 2012-12-30 05:06
それにしても運転免許の切り替え、めちゃくちゃ大変ですね。
アメリカは週ごとに免許証発行なので、引越しで他州に幾たびに新しい免許が必要です。切り替えは出来なくて、ちゃんとペーパーの試験は受けなくてはいけません。
免許所はこれまたひどく混んでいて、予約していかないと5-6時間待たされます。ハンディキャップのカードを貰うのでさえ、予約していっても2-3時間待たされました。
免許所ってどこも要領が悪くてイライラさせられるところが多いようですね。
でも、最近は同じ州の免許の更新はネットで出来るので、随分便利になりました。
Commented by yakimonoya-san at 2012-12-30 20:04
akdenizさん、こんばんは♪

新年の迎えかたも、お国によってそれぞれですね~!
明日もお仕事があって、2日からはもうお仕事が
始まるのですね!!
それは、確かに普通の連休のような感じですね。

免許の切り替えもお疲れ様でした。
お友達のご主人様がいてくださったのが
せめてもの救いでしたね(>_<)

ポアチャもまた、初めてお目にかかる食べ物でした。
しかも約35円とは、とてもお財布に優しいランチですね。

なにはともあれ、残すところあと一日ですね。
akdenizさん、来年もどうぞよろしくお願いします(*^_^*)
Commented by nananananohana at 2012-12-30 21:50
こんにちは^^

私自身は運転免許を持っていないので、その経験はありませんが…
外国生活で嫌になってしまうことの1つが、
こういった申請関係ですよねぇ^^;
イライラハラハラしっぱなし…なんてことも多いです。。。

私達も大抵、年越しのお仕事があるので
1年を締めくくる~新たな1年が始まる~といった気分は…
ほぼないです笑。
あの年末年始、独特の雰囲気も良いなぁと感じますね^^

ポアチャ?今回初めて目にしました~
トルコのスウィーツ屋さんがあるので、そちらで手に入るかな…
お食事系も出しているお店なので、ちょっと行ってみます♪
Commented by petapeta_adeliae at 2012-12-30 23:45
おつかれさまでした。
面倒な手続きでしたね。それを思うと日本は何でも早いみたい。

運転する予定がなくても、万が一ということもあるから
生活が楽になるし、行動範囲も広がってプラスになりますね。
Commented by akdeniz_tk at 2012-12-31 03:08
Mchappykunさん
アメリカも免許取得が大変そうですね。
州が変わると、また、取らなきゃいけないなんて・・・。
予約しているのに2~3時間待ちって、予約の意味がないですよね。
日本の免許センターが、いちばんスムースなのかも??
Commented by akdeniz_tk at 2012-12-31 03:11
yakimonoya-sanさん
こんばんは。明日は大晦日というのに、ちっともそんな感じじゃないですよ。
お正月だから特別に用意するモノもないですしね。
大晦日は年越しパーティーに行くと思うけど、
お正月はただのお休み。ちっとも気分がでません。。。

免許の取得。本当に、大変でした。
一人でだったら、さらに時間がかかったか、
もしかしたら、途中で諦めていたかですね。

今年もあと1日。
来年もよろしくお願いします。
よいお年を。
Commented by akdeniz_tk at 2012-12-31 03:14
nananananohanaさん
こんばんは。
公的機関って、とんでもなく混んでいますよねぇ~。
日本もそれなりに混むけれど、そんな比じゃないし、
書類も、後になって必要なコトが分かったり、
ヒトによって言うコトが違ったり・・・イライラの連続でした。

定番のポアチャは、もう少し油の多く入った生地を使っているけど、
このタイプのポアチャは、ほぼスコーンです。
トルコのスィーツ屋さんであったら、試してみてください。
Commented by akdeniz_tk at 2012-12-31 03:18
ソーニャさん
日本の30年前の役所仕事って感じだと思います。
(30年前のお役所がどんな感じなのかは、体験してないけど、たぶん)
トルコは、病院でも、公的機関でも、銀行でも、スタッフの方が偉いって感じで、
行くと、だいたい、右往左往する羽目になります。

トルコの免許は、永久免許。
更新がないので、一度取っておけば、一生使えます。
いつか、運転するかなぁ~??
Commented by あるぷ at 2014-03-06 17:55 x
はじめまして。
今、私もトルコの免許書切り替えについて 調べています。 切り替えしたら、日本の免許書は、返してもらえますか?(トルコも日本も両方、手元に残りますか?) それとも、切り替えなので、日本の免許書と 交換ってことになりましたか? こちらも田舎なのでアンカラ、イスタンブルへ簡単に行けません。 よろしければ、返信のほう よろしくお願いします。
Commented by akdeniz_tk at 2014-03-07 12:22
あるぷさん
はじめまして。
日本の免許証は、そのまま手元に残ります。切り替えというよりも、
日本の免許証を使って、トルコで新たに免許取得をするという感じです。
お住まいの警察署で、必要書類などを確認なさった方が良いと思います。
ほぼ一緒だと思いますが、法律など少し変わっているかもしれないので。
Commented by あるぷ at 2014-03-15 07:18 x
お返事ありがとうございます。
警察へ出向き 聞いたのですが、まずノテルで訳してから出直してこい。とのこと。後日、ノテルで日本語訳していないと言われ、後日、警察へまた、ノテル不可能なので、イスタンブル、やアンカラ在住の方がしているように 日本領事館の訳でも大丈夫か、と聞いた所、ノテルって言ってるだろう!と、ノテルが日本語の翻訳してまいが こっちには関係ない。との返事。
イスタンブル、アンカラの交通のウエブサイトには、日本、イラン、韓国は、ノテルか領事館発行されたものでいい。と書いてありますが、やはり、こちらもやはり警察の 傲慢な態度と 正確な適切な 応答がもらえず、行ったり、きたり、です。
Commented by akdeniz_tk at 2014-03-15 16:03
あるぷさん
お疲れ様です。最近は、トルコの行政関係も親切になったなぁ~と思っていたのですが、地域によってはまだ昔のようなトコもあるんですね。
たぶん、前に、日本や韓国の免許を切り替えたコトがないからなのかな?と思います。
最悪のパターン(どこかの町でノテル訳をしてもらって提出したら、「日本の免許はノテルじゃ駄目だから、日本大使館(領事館)の訳が必要」って言われて、また書類をそろえ直し)ってコトになりませんように。
他の大きな町(日本人の免許切り替えをしたコトのある町)で、免許申請ができたら、そっちの方がよさそうですね。イスタンブルやアンカラの警察でできるかどうか確認なさったらいかがでしょう?
わたしも、今、電気のアボーネを取るのに、ものすごく苦労しています。わたしには全く関係のない、前の店子の負債のせいで。。。電力会社は民間なのに・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード