カバックタットルス(カボチャの甘煮)。

f0232763_152567.jpg



引き続き、カボチャネタ。


トルコ料理の試食会の最後に、
ちょっとした甘いものをって作ったのが、これ。
Kabak tatlısı(カバック タットゥルス・・・カタカナ表記はこれで良いのかな?)
カボチャの甘煮です。


トルコのカボチャって、
カボチャだとは認めたくないぐらいに、水っぽくて、繊維質で、
スープにも、サラダにも、プリンにも使い辛いです。(はっきり言って、作ってもおいしくないし)

そんな中で、
唯一(という訳じゃないかもしれないけれど、よく)作るのが、カボチャの甘煮。


皮をむいたカボチャにお砂糖をたっぷりまぶして、水分を出し、
その水で煮込みます。
トルコ流だから、生活習慣病一直線のお砂糖の量です。


が。今回は、日本人向けに、少し甘さを控えておきました。(糖分約40%カット)


ほくほく系の日本のカボチャだから、
オリジナルとは、かなり違いますが、これはこれでおいしかったです。







f0232763_15204636.jpg


【材料】
カボチャ 400g
グラニュー糖 120g
水 50ml程度

ターヒン(なければ、ごまペースト) 適量
ナッツ(刻んだモノ) お好みで

【作りかた】
1.カボチャの皮をむいて、適当な大きさに切り、鍋に入れる
2.グラニュー糖を加えて、軽く混ぜ、蓋をして、1晩放置する
3.水を加えて、カボチャが柔らかくなるまで煮込む
4.器に盛り付けて、上から、ターヒンやナッツをかける
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-10-10 23:59 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(5)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/17999269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マチルダ at 2012-10-11 11:55 x
こんにちはー(●^□^●)
トルコも土足厳禁なんですね!
外国=土足ってイメージがあったけど、もし自分が海外に住んだら
普通に靴を脱いであがりそうです。

かぼちゃの甘煮、飴色でとってもおいしそーー❤
生活習慣病一直線って笑っちゃいました(*≧m≦*)

でも水っぽいかぼちゃだったら、お砂糖入れないと味が決まらなそう
ですもんね!!
胡麻ペーストかぁ。
なんだか和風になりそうでおいしそうですね☆
Commented by akdeniz_tk at 2012-10-11 22:01
マチルダさん
こんばんは。
トルコが土足禁止って、ちょっと意外ですよね。
上流階級は、ヨーロッパスタイルで靴を履いたままの生活をしているみたいですが、
庶民は玄関で靴を脱ぎます。が、上り框がないので、埃やら砂が結構入るんですよ~。

トルコのカボチャは、しっかり繊維があって、
カボチャ認定はしたくないような、そんな野菜です。
ゴマペースト、和でも使うけど、トルコでも使うんですよ。
あ、トルコのは、ターヒンって言います。(http://akdeniz.exblog.jp/14150217/)
Commented at 2012-10-11 22:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-10-11 22:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by akdeniz_tk at 2012-10-11 23:35
鍵コメ様
ありがとうございます。
何かほかのモノが入っているに違いないって思っていましたが、
想像がつきませんでした。
材料がそろわないので、日本に帰ってからになりますが、
絶対に、抹茶のモンブランを作りたいと思います。
ずうずうしい質問にもかかわらず、教えていただいて、ありがとうございました。
鍵コメさんの美しいお菓子を目指して、頑張ってみようと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード