カボチャのパイ。

f0232763_1102019.jpg



お料理に使おうと思って作っておいた、
カボチャ(のペースト)が余ったので、パイにしました。



ekko*さんトコで知ったTED’S Bakeryのパイを真似て、
パイ生地は、出来るだけ薄く。

・・・したら、焼いている間に、高さが減ってしまいました。。。








f0232763_1144469.jpg


でも、良いのです。
生クリームをのせたら、ちょうど良い感じになったし。


生地は、パート・ブリゼ。
中のクリームは、
カボチャのペースト+クレームパティシエール+生クリーム。

カボチャのクリームが甘いので、上の生クリームは微糖にしました。






f0232763_1163290.jpg


久しぶりにカボチャのパイを食べたけど、
『こんなにおいしかったっけ?』ってぐらい、好みの味でした。

かぼちゃは、お料理にして良し、お菓子にして良しですね。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-08-26 01:21 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/17901955
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Mchappykun at 2012-08-26 02:32
かぼちゃのパイ、こんな風にしたら、とってもお洒落で素敵ですね。アメリカのパンプキンパイは甘すぎて、好きでありませんが、akdenizさんが作ったこのパイはとても美味しそうで、食べてみたいです。
Commented by akdeniz_tk at 2012-08-27 01:58
Mchappykunさん
アメリカのお菓子って、大きくて、甘いイメージがあります。
パンプキンは、もともとが甘いから、ちょっとお砂糖を加えるだけで、
ものすごく甘くなっちゃいますよね。

甘さ控えめで、するりと食べれるパイでした。
薄いパイ生地は、焼きにくいけど、しつこくなくて良いですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード