カスレ風な肉類と白インゲン豆のお料理。

f0232763_22385010.jpg



いまさらのコトですが・・・
今年の冬は、カスレやカスレ風なお料理をよく作りました。



理由は、いろいろあって、

去年の秋、本場で食べてきたからっコト、
前日仕込んでおけば、当日はオーブンで焼けばよいからってコト。
そして、もちろん、おいしいからってコト。


たぶん、これが今年の冬、最後に作ったカスレ(だと思います)。

昨日の写真と同じお花が写っているから、
これも4月に作ったお料理ですね。
(もう冬じゃなくて、春だったのか。。。)



オーブン対応のお鍋で煮込んで、そのまま1日放置。
当日、仕上げに30分ぐらい焼いて完成!!


※ 写真は、残ったカスレ(風)を、オーブン対応の器に入れて温め直したもので、
  本来は、鍋ごとテーブルに出しています。



f0232763_22474782.jpg



日本で、白いんげん豆のお料理を作るときには、
北海道産の手亡を使っているのですが、
ちょっと茹で過ぎるとすぐに腹割れをしてしまいます。。。

トルコで、
クルファスリエ(白インゲン豆の煮込み)やピアズ(白インゲン豆のサラダ)を作っていた時には、
気にしたコトさえなかったので、たぶん品種が違うんでしょうねぇ~。




















メール便でって思って、3袋だけ注文するのですが、

手亡だけじゃなくて、レンズ豆も合わせて買うものだから、
結局、足りなくって、また注文。

いっそのこと、最初に、どぉ~んと買っておけばよかった。。。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-07-14 23:15 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/17761608
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Mchappykun at 2012-07-15 00:43
カスレ、美味しいですよね。十数年前、本場で夫のを一口もらって食べて、美味しさにびっくり。数年前、白いんげん豆で有名なスペイン北部で食べたカスレ風も凄くおいしかったです。そのときお店に沢山売られていた乾燥白いんげんを何故買ってこなかったのか、今思い起こしても残念に思っています。
Commented by kaori at 2012-07-15 01:15 x
群馬の白インゲンでピアズを作ったことがあるのですが、皮が厚くて口に引っかかるのです。やっぱり品種が違うんでしょうね。日本の白インゲンって裏ごしして白あんにするからなのでしょうか、、、。先週アンタリアご一行様がピアズが食べたいと言ってたのを思い出しました。
Commented by petapeta_adeliae at 2012-07-15 11:15
事前に作って、その場でオーブン投入なんてなんてよゐこなんでしょう。
持ち寄りパーティーに使えますね。スペイン料理でお豆料理が沢山あった
のですが、当時はお豆に見向きもしなかったのが、今になってお豆の
美味しさを確認しました。
Commented by akdeniz_tk at 2012-07-16 08:40
Mchappykunさん
スペイン北部でも、カスレっぽい郷土料理があるんですね。
白いんげんって、かなり種類によって違うようだから、
お買いにならなかったのは、残念でしたね。
フランスでわたしが食べたカスレの白いんげんは、かなり大きめで、
日本だと、白花豆のようでした。
お店によって使っている豆が異なるみたいで、せっかく行ったのだから、
何回か食べてみれば良かったです。後悔先に立たずですね。
Commented by akdeniz_tk at 2012-07-16 08:42
kaoriさん
群馬の白いんげんは、手亡とはまた違うんですね。
夏になると、アンタルヤのピアズが食べたくなります。
他のトコのピアズには、たいして食指を動かされないのですが、
ゴマ(ターヒン)の風味が効いているアンタルヤのは大好き。
アンタルヤ御一行様が食べたい!っておっしゃっていたのが分かります。
Commented by akdeniz_tk at 2012-07-16 08:46
ソーニャさん
持ち寄りパーティにも使えますね。
この時期は暑いので、あんまり食べたい!って思いませんが、
冬場のカスレは、本当においしく感じます。

スペインでも豆をよく使いますよね。
日本じゃ白いんげんって、餡にぐらいしか使わないけど、
わたしは大豆の料理よりも、白いんげんの料理の方が好きです。
Commented by タヌ子 at 2012-07-17 08:12 x
フランスでカスレを注文すると量が多すぎて絶対に食べきれないので、いつも夫のカスレを少しだけ味見させてもらってます。
でも、akdenizさんのカスレだったら量もお上品だし、味もフランスのものよりもあっさりしてそうだからお代わりしちゃうかも知れません(笑)
夫の大好物なのに、お豆を煮るのが面倒臭いという理由だけで一度も作ったことがなかったカスレ。
日本のほっくりとしたお豆で作ってみたい。
Commented by akdeniz_tk at 2012-07-17 12:24
タヌ子さん
確かに、本場のカスレは、肉がたっぷりでした。
鍋焼きうどんのような土鍋に、こんもり盛られて出てきて、
イメージしていたカスレと全然違っていて吃驚しました。

同じいんげん豆でも、国はもちろん、地域によっても、全然違いますよね。
腹割れを気にしなければ、日本の豆の方がほっくり仕上がるからおいしいのかもしれません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード