ピエールエルメのマカロン。

f0232763_1412550.jpg



図書館で、何冊かお菓子の本を借りてきました。

その中の1つが、『ピエールエルメのお菓子の世界』。
1冊5460円という、自分ではなかなか買えない高価な本です。



【送料無料】ピエ-ル・エルメのお菓子の世界

【送料無料】ピエ-ル・エルメのお菓子の世界
価格:5,460円(税込、送料別)











もちろんレシピもあるけれど、レシピ本というよりも、
読んで、写真を見て楽しむって感じかもしれません。

フランス菓子で使われる材料の説明とかが多いし、
写真も、出来上がりのお菓子というよりも、格好良い写真を見ているような・・・。



で。アーモンドの章の中にあった、マカロン。

普通のマカロンだと、卵白を加糖してメレンゲを作るのですが、
ピエールエルメのマカロンは、無加糖のメレンゲ。
「マカロンがメレンゲの味にならないように・・・」ってコトらしいです。
(そのため、ボリューム感が足りなくなるけど、それは失敗じゃないって書いてありました)







f0232763_1493325.jpg


ちょっと興味が出てきたので、さっそくピエールのマカロンを試してみました。
オーブンを変えてからの初マカロンです。

・・・ちょっとピエが出過ぎたかも?(下火が弱すぎたと思います)


中のクリームは、キャラメルクリーム+有塩バターで、塩キャラメル風です。
(これは、ピエールのレシピじゃないですけどね)







f0232763_14134181.jpg


中のクリームが余ったので、
図書館で一緒に借りてきて他の本のレシピでもマカロンを焼きました。


が。分量通りに作っても、ちっとも乾燥しない!!
マカロナージュもうまくいっていたハズなのに、原因不明です。


で。しょうがないから、乾燥しないまま焼きました。

普通に焼くと上にひび割れが出来ちゃうので、
最初の3分は、天板を重ねて、さらに新聞紙の上にオーブンシートを乗せて、
その後、14分ぐらい、温度を下げて、新聞紙と天板を取り除いて焼きました。

ひび割れなかったけど、ピエの出が少なかったです。


ピエールエルメのレシピの方が良かったかも?
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-06-16 14:20 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/17661165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by petapeta_adeliae at 2012-06-16 15:08
ええっ〜作っちゃったんですね。
マカロンって1つ¥250以上しますよね。
「マカロンは値段にあっていなくて勿体ない」と生意気なことを
云ったら、エルメとジャンポール・エヴァンのマカロンを買ってきて
くれました。この2店舗は納得のいく味でした。
Commented by Mchappykun at 2012-06-17 00:18
マカロンは一度しか作ったことがありません。無糖のマカロン、いいですね。
塩キャラメル風の中味、美味しそうです。
Commented by kaori at 2012-06-17 07:25 x
はやくお店出して下さいませ~買いにいきます
アンタリアもいいけどイスタンブルであっても(もちろん東京でも)大成功すると思う~
Commented by akdeniz_tk at 2012-06-17 13:53
ソーニャさん
東京だとマカロンは250円ぐらいするんですね。
松江だと安いお店で120円ぐらい~。それでも、1口で終わってしまうお菓子なので、
なかなか気軽に買えません。
本を読んでから、1つ1つがすごく計算されているのが、良く分かったので、
ピエールエルメのお菓子が食べてみたいって思いました。
Commented by akdeniz_tk at 2012-06-17 13:56
Mchappykunさん
レシピが違うと、こんなにも嵩の出方が違うんだ!
って吃驚しました。
塩キャラメルのバタークリーム。わたしは好みだったのですが、
義妹には、バターが強いかも?って言われました。
(義妹はバターが苦手だったらしいですが・・・)
Commented by akdeniz_tk at 2012-06-17 14:03
kaoriさん
2年前に「女性のための創業塾」に参加しているのに、
未だに開業ならず。。。
やっぱりきちんとプランを立ててタイムリミットを決めなきゃ駄目ですねぇ~。
お店が出来たら、是非、来てくださいね。
(どこで開けるかは、分かりませんけど・・・)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード