口水鶏を目指したけれど・・・。

f0232763_456618.jpg


昨日、トルコ版クイズ・ミリオネアを見ていて・・・。

『砂糖1カップは、だいたい何グラム?』って問題に、

『A.100g(だったはず?)、B.125g、C.200g、D.300g』の4択。


大さじ1杯(15ml)が10gだから、133gぐらい?
ってコトは、『B』が正解かなぁ~などと考えていたのに、

正解は、『C.200g』


・・・えぇ~、どうして???


よくよく考えてみれば、
トルコのお砂糖って、上白糖じゃなくってグラニュー糖みたいな感じだから、
日本のお砂糖1カップとは違うんだろうけど、
でも、水と一緒の重さなんて納得いかない。。。

グラニュー糖は、1カップ(200ml)=180g(ここを参照しました)。



あまりにも気になったので、キッチンで実際に計ってみました。

・・・どうやら、クイズの答えは正しいようです。




f0232763_4563045.jpg


ちょっと前に話題にした、口水鶏。
焼いた鶏肉で作るレシピがあったので、試してみました。

が。ターヒン(ゴマペースト)の分量が多すぎたみたいで、
別物になってしまいました。。。


それに、わたしの好みとしては、
焼いた鶏よりも、やっぱり茹でた鶏かなぁ?


考えただけで、よだれが出ちゃうレベルには程遠い。。。
次は、茹で鶏で、ターヒン少なめで、トライしてみようと思います。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-09-28 23:25 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/16617603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ekko_kopanda at 2011-09-29 11:33
おはようございます~♪
本当の口水鶏を知らないので分りませんが
これはこれで、よだれが出そうなくらいすっごーく美味しそうです♪
ゴマ大好きなのでペーストいっぱい入ってるのは嬉しい☆
上に乗ってる緑色のはネギですか??
ピーナッツも乗ってて食感がいいでしょうね♪

それにしてもやっぱりその国によって
一般的に使う砂糖の種類って違うんですね。
トルコではグラニュー糖が主流なのかぁ。
なら上白糖とは重さ違いますよね。

ホント、運転講習は止めたほうがいいと思います(笑)
危ないですよ~!!

Commented by マチルダ at 2011-09-29 11:43 x
こんにちは(●^o^●)
あっ、よだれ鶏だ(笑)
わたしはけっこう焼いた鶏のほうがすきなので
このお料理は好みだと思いますー♪
上にのったねぎやナッツがアクセントになってすごく
おいしそうです❤

お砂糖のグラム、なんだか人ごとじゃない感じ!
わたしもレシピとか見ててなんとなく全部水の重さと一緒で
大さじ1=15gとか換算しちゃって失敗することがよくあります!

↓の桃の寒天ムース、すごくおいしそうに見えます(●^o^●)
でも寒天だから硬かったですか??
ゼラチンは豚さんが入ってるんですねーw(*゚o゚*)w
Commented by zeytin at 2011-09-29 16:20 x
おはようございます。
アクデニズさんの作ったお料理(特に和食とアジアン)
どれもおいしそうです。
今年の夏はホットケーキを作るのに
量りが壊れちゃったので、
小麦粉コップ一杯って何グラム?
ってネットで探す羽目になりました。
面倒臭い・・・・。

去年偶然板ゼラチンを見つけて、
コーヒー牛乳ゼリーが食べたかったので、
買い込みました。
でも売れないのかしばらくすると店頭から消えてしまいました。
味つきのゼリーの素売ってますけど、
はっきり言ってまーずーい!
またゼラチン売って欲しいです。
Commented by petapeta_adeliae at 2011-09-29 21:27
上白糖とグラニュー糖だとグラニュー糖の方が重そう。
ワタシは甜菜糖を使っているから、また重さが違うでしょうね。
口水鶏は表面をカリカリに焼いたのが好きです。
だから↑のが好みだとおもいます。^^
酒の肴になりそうです。♡
Commented by akdeniz_tk at 2011-09-30 06:22
ekkoさん
こんばんは。
上には、ネギとピーナッツを乗せました。
香菜が欲しかったんですけど、ここ1ヶ月市場で見かけなくて、手に入りません。
日本だったらいつでも欲しいときに買えるけど・・・残念。

トルコのお砂糖は、グラニュー糖みたいなのです。
でも、重さから言うと、さらに細かいのかな?
水と砂糖が同じ重さなんて、納得いかないですよ、本当に。

やっぱりドライビングの講習会は、お勧めじゃないですか?
まぁ。私の場合、ドライビングのテクニックというよりは、車線が反対なのが問題。
あんまり解決しないですよねぇ~。
Commented by akdeniz_tk at 2011-09-30 06:27
マチルダさん
こんばんは。
焼いた口水鶏は、台湾のテレビ番組を見て知りました。
茹で鶏を使うレシピが多い中、ちょっと珍しくって、これもありか?って試したけど、
あんまり、口水鶏っぽくなかったです。
ゴマ好きだから、味は好みだったのですけどねぇ~。

お砂糖。種類によってかなり違いますね。
トルコのお菓子、3~4カップ使うレシピも多いのですが、
ってことは、1回に300~400gも使うってコト。
考えたら、食べられません。。。

寒天のムースは、食感がイマイチでした。
硬いというか、ざらっとしているというか・・・。


Commented by akdeniz_tk at 2011-09-30 06:33
zeytinさん
トルコのレシピって、
フィンジャン1杯、スプーン1杯って感じで、
ほとんど計りを使いませんよね。
レシピ見ていても、あんまり再現性ないなぁ~などと思ってしまいます。
(わたしのレシピもメモ書き程度なので、ヒトのコト言えませんが)

ゼリーの素は、アンタルヤにもあります。
中にゼラチンは入っているけど、作りたいモノとはかけ離れているので、
買ったコトないです。
Commented by akdeniz_tk at 2011-09-30 06:35
ソーニャさん
いってみれば、焼き鶏の辛ゴマソースだから、
酒の肴にも、ご飯にも合うと思います。

こういうごはんを作ると、やっぱりごはんで食べたくなります。
トルコのパンがいくらおいしくっても、
やっぱり白飯には敵いません。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード