タスケバブ(TAS KEBABI)。

f0232763_4374012.jpg



日本では大型の台風で大変だったと聞きましたが、
久しぶりに、アンタルヤも雨でした。

年間、約300日が晴れとも言われているアンタルヤ。
夏は、ほとんど雨が降らず、雨天は冬に集中しています。

だけど、降れば土砂降り。。。

冬は、それがずっと続くので、
わたしの住む古いマンション(レンガとコンクリで出来ているはず?)では、
外壁から吸い取った水分がゆっくりと中にしみ込んできて、
部屋の壁までうっすらと水染みができたり・・・。


ヒドイ時には、
下水道が溢れかえったり(これは、過去1度だけですが、思い出したくない過去)・・・。


と、冬の雨は大災害を招くほど深刻ですが、
夏の雨は、土砂降りでさえも、恵みの雨のコトがほとんど。
(でも。水はけの悪い道路が多いので、道が川のようになっちゃいますけどね)





話は変わりますが・・・。

f0232763_4422948.jpg



写真は、以前、外ごはんでちらりと紹介したことのある、タスケバブ。
最近、アジアなご飯ばかり作っていたけど、久しぶりにトルコ料理です。



ところで、この『ケバプ』というトルコ語。
日本語には、どう訳すのだろう?って悩みます。

語源は、古代アッカド語で「焼く」または「焦がす」の意味の「カバブー」(kababu)。(wikipediaより)

確かに、シシケバブ、アダナケバブ、パトルジャンケバブなど串に刺して焼いたモノだし、
ドネルケバブ、クユケバブ(サフランボル名物)などは、火であぶり焼いたモノ。

だけど、このタスケバブは、『焼く』というよりも『煮込む』だし、
テスティケバブ(カッパドキア名物)は、肉類と野菜を壺に入れて『蒸した』お料理。

トルコには、『○○ケバブ』っていうのが、たくさんあるけど、
1つずつ調べていくと、余計にわからなくなってしまいます。。。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-09-22 23:13 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/16591371
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by petapeta_adeliae at 2011-09-23 12:27
調べれば調べるほど、考えれば考えるほどに分からなくなること
よくあることですよね。
焼く、焦すは分かるけど、煮込んであってもケバブなんて、
ハテ共通点は??
ワタシだったら、"まっいいかぁ"で〆てしまうかも。(笑)
Commented by zeytin at 2011-09-23 18:05 x
こんにちは。
こちらも久しぶりに降りました。

確かに煮込みなのになぜケバブ?
知らないことがまだまだ一杯。

下水管の逆流・・・・。
オソロシヤ~。
うちも最近台所の配水管が逆流。
雨樋と台所の排水管が一緒というのは?
ありえね~ですよね。
夜中近く配水管にホースを突っ込んで
ごりごり掃除をしました。
くさかった・・・・・・。
Commented by akdeniz_tk at 2011-09-24 05:23
ソーニャさん
外国語と日本語。
対になるようで、やっぱり微妙に雰囲気がちがったりするモノも多いです。
意訳の方がすっきりするコトもあるけれど、
完全に意訳するのもどうかなぁ?と思ったりして・・・。
本当に、外国語は難しいです。
Commented by akdeniz_tk at 2011-09-24 05:32
zeytinさん
こんばんは。
イスタンブルも雨だったのですね。

zeytinさんも、水周りの悪事情の犠牲になったんですね。
数年前、下水道が溢れかえったのは、衝撃的でした。
行政に電話してもなかなか対応してくれないし、
そうこうしているうちに下水管へ逆流。、
1階に住んでいるので、当然、我が家の下水管からも溢れて来て・・・。
雨と汚水のブレンドだったので臭いはなかったけど、
それでも廊下まで浸水。

部屋は廊下から段差がちょっとあったので大丈夫でしたが、
本当に泣きが入りました。。。

で。翌年の冬が来る前に、住宅改修。
一応、溢れても大丈夫なように対策も取っています。
もちろん、住宅の保険もかけました。
保険金は無駄になってもよいから、二度と起こらないでほしいです。
Commented by zeytin at 2011-09-28 00:33 x
こんにちは~。
作りもしないくせに
タスケバブの作り方が知りたい
わたくしです、ははは。。
こんなの見つけましたー。
http://www.birseninmutfagi.com/2009/02/tas-kebabi.html
http://www.uluborlu.bel.tr/taskebabi.htm
二つともガスコンロで料理してますが、
これを正しくはオーブンで焼くからケバブ?
ブルグルのほうのレシピの写真が
友人に聞いたものに一番近いみたいです。
しつこくてすいません~。てへ。
Commented by akdeniz_tk at 2011-09-28 05:45
こんばんは。
どちらも読みました。
正しいタスケバブって、こんな感じなのですね。
これから比べると、この前レストランで食べたのも、わたしが作ったのも、
http://www.uzmantv.com/tas-kebabi-nasil-pisirilir
とかも、普通の煮込みですね。

なんだか現地で、本物のタスケバブが食べたくなってきました。
で。タスケバブってどこの名物なのだろうって調べたら、アンテップ、ウルファ、マラティアなど何ヶ所もヒットしました。。。
もしかしたら、地方によって作り方が違うのかなぁ?
Commented by zeytin at 2011-10-03 15:24 x
こんにちは。アクデニズさん。
またまたタスネタを引き伸ばしてしまいます。
最後にオーブンで焼くといいましたが、
最後はコンロで仕上げだそうです。
オーブンは使わないそうです。
物凄く時間のかかる料理だそうで、
おとなりさん、定年退職したら
一度作ってくれる約束を。。。
だって一度食べたら他のお肉は食べられないわよ
なんて言うんですよ。
死ぬまでに一度は食べたいですよね。
Commented by akdeniz_tk at 2011-10-03 22:11
zeytinさん
こんにちは。
普通に煮込むのでも、こっちのお肉はかなりしっかり煮込まないと柔らかくならないから、
タスで作るとなると、さらに時間がかかりそうですね。
実際に、お食べになったら、是非、感想を聞かせてください。
わたしも味わうチャンスがあればいいんだけど・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード