具だくさんなホワイトソースハンバーグ(アバントキョフテシ)。

f0232763_382927.jpg


かなり手間のかかる、トルコ料理、
アバントキョフテシ(abant köftesi)を作りました。


【作りかた】を見てもらうと分かるように、工程が長いんです。

ハンバーグを作らないといけないし、
野菜は炒める必要があるし、
それとは別にマッシュルームも単独で炒めるし、
ベシャメルソースを作らないといけないし・・・。

手の込んだお料理だけに、おいしいです。
普段の料理としては、ちょっと面倒なのでおもてなし向きかも?



f0232763_394037.jpg


断面は、こんな感じ。

ハンバーグに、オリーブオイルを入れますが、
最初のオーブンで、かなり脂(油も)が落ちるので、くどくないです。
でも、その分、後で、ホワイトソースとチーズが加わるので、
まぁ、カロリーは高いままでしょうけどね。。。
(たまに食べるには、こんなのも良いかと・・・)









f0232763_373837.jpg


【材料】
(ハンバーグ)
ひき肉  350g
パン粉(細かいモノ) 20g
オリーブオイル 大さじ1
クミン  小さじ2
塩    小さじ1.5

(フィリング)
赤ピーマン 1個
たまねぎ  1/2個
ほうれん草(茹でたモノ)100g
にんにく 1~2片
塩・こしょう 少々
オリーブオイル 大さじ1

マッシュルーム 8個
塩・こしょう 少々
グリーンピース(冷凍) 28~30粒

(ベシャメルソース)
バター  20g
小麦粉  大さじ2
牛乳   200g

(仕上げ)
チーズ  40~60g お好みで

【作りかた】
1.ハンバーグを作る。ハンバーグの材料をすべて入れて、しっかりと捏ねる
2.3時間ぐらい冷蔵庫で休ませてから、成形する
3.4つに分けて、薄く伸ばし、土手を作る(カップ状にする)
4.190℃で余熱したオーブンで、10分程度焼く(焼き過ぎないコト)
5.ハンバーグをオーブンで焼いている間に、フィリングを作る
  たまねぎ、赤ピーマン、にんにくをスライスする
6.フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて火にかけ、
  たまねぎ、赤ピーマンを加えて、塩、こしょうをして、炒める
7.赤ピーマンがしんなりしてきたら、ほうれん草を加えて、さらに炒める
8.別のフライパンに、オリーブオイル(分量外)を入れて、マッシュルームを炒める
9.ベシャメルソースを作る。フライパンにバターを入れて加熱して、
  バターが溶けたら、小麦粉を入れて炒める
10.ゆっくりと牛乳を加えながら、しっかりと混ぜる
11.適当な固さ(少し固め)になったら、塩、こしょうで味を調える
12.オーブンから取り出したハンバーグのくぼみに、7の野菜を入れ、
   上から、9のホワイトソースをかける
13.グリーンピース、8のマッシュルームを飾りつけて、チーズをのせる
14.210℃に余熱したオーブンでチーズが溶けるまで焼く
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-08-19 02:16 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/16440087
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by petapeta_adeliae at 2011-08-21 21:03
手がかかっている分美味しくなりますよね。
余計な脂が流れてしまうなんて尚、魅力的ですね。
見た目もなんかかわいいしおもてなしになります。

昨日、成城石井でムール貝を発見し、今夜ムール貝の
ピラフ作りました。ピラフを詰めて蒸しましたが、
アクデニズ。さんのように口が閉じず開いたままです。
どうすれと口が閉じるのでしょうか?
Commented by akdeniz_tk at 2011-08-22 01:03
ソーニャさん
あんまり食べたコトない料理って、おもてなしには良いですよね。

ムール貝のピラフ。具を詰めた後に、鍋に隙間なく、きっちりと並べて、
上にお皿を乗せて(落としぶたのような感じで)煮ました。
日本でムール貝って、珍しいですね。
アンタルヤのスーパーでは、最近見かけません。。
(ムール貝のピラフスタンドは、たくさんありますけどね。この暑さだから、外で食べるのはちょっと怖いです。)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード