ボルのチョコレート。

f0232763_3542410.jpg




ボルで忘れてならないのが、チョコレート。

たっぷりのナッツで作ったクロッカン(krokant)に、
チョコレートをかけたのがボルチョコレート(bolu çikolatası)。

bolçiだとか、gülçiだとか、有名なメーカーもありますが、
ちょうど、お昼ごはんを食べたレストランのお隣にも1軒、
チョコレート屋さんがあったので、とりあえずそこへ。




f0232763_3545497.jpg


「beyçi」
チョコレート屋さんというよりは、工場の直売所でした。










f0232763_424345.jpg


店長さんは、結構、親日派。

というのも、
以前、日本からのお客さんからメールが来たコトあるそうです。
しかも、日本語で。
クレームかと思って、日本語の読めるヒトを探して通訳してもらったら、
『とってもおいしかった』との感想メールだったとか。

わざわざ、メールを送ってくれたコトに感激したそうです。


「日本のツアーのお客さんとか来てくれたらいいのに・・・
 工場の直売所だから、他で買うのの半額で買えるから、お客さんもお得。
 もちろん、自分たちも、売り上げが出るし、どっちにとっても、悪いコトないし・・・」
 って、話していました。

 
でも、日本からのツアーで、ボルを通過するのは、
あまりないから、なかなか難しいんでしょうけど・・・。




f0232763_3553699.jpg


ピスタチオ入りを試食させてもらったのですが、
めちゃくちゃ、おいしいかったです。

ほんとたっぷりピスタチオが詰まった感じ。

旅の途中だったので、アンタルヤに帰るまでに溶けそうだからと、
いちばん小さい箱詰めの
ピスタチオ入りのチョコレートと、クルミ入りのホワイトチョコだけ購入。
(それが、いちばん上の写真。チョコが溶けちゃったのは暑さのせい)

ほとんど買わなかったのに(5TL=250円ぐらい?)、
ボルのコロンヤ(オーデコロン)をプレゼントしてもらっちゃいました。
(写真の下の段の右奥にあるスプレーがコロンヤです)





このメーカーのがどこで売っているかは聞きませんでしたが、
ボルチョコレートは、
ボルだけじゃなくって、イスタンブルとかでも売っているみたいです。

ロクムやバクラヴァよりも、ボルチョコレートの方が、
日本人の口にあうので、お土産としてお勧めです。
(ただし、夏は駄目ですねぇ~)
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-07-19 23:59 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/16298932
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ekko_kopanda at 2011-07-20 07:31
おはようございます~♪
トルコとチョコって私の中で接点が無かったのですが
有名なんですね~
色んなチョコがあって美味しそう♪

日本人のツアーがボルへ寄る事ってないんですか?
観光地じゃないからなのかな?
近くに世界遺産でもあればチョコレート屋さんも嬉しいでしょうね(笑)
でもそのメールした日本の人も日本語で送るってすごいなぁ~
トルコ語が分からないのは仕方ないとしても、
せめて英語じゃないです?(笑)

Commented by akdeniz_tk at 2011-07-21 00:37
こんばんは。
トルコと言えば、甘いシロップがけのお菓子が多いですが、
チョコレートとかマロングラッセが有名な町もあります。
クロッカンのチョコがけ。自分でも作れそうな感じで、
とってもおいしかったし、試してみたいなぁ~って思っています。
ただし、もうちょっと涼しくなってからですよね?

日本のツアーは、基本的にお決まりのパターンで、
日本からイスタンブルに入り、夜行寝台か飛行機で、アンカラ。
バスに乗り換えて→カッパドキア→コンヤ→デニズリ→イズミルなどエーゲ海
そして、イスタンブルに帰ります。(もしくは、その逆回りです)
それでも、移動だけですごい距離になり、1週間で周るのはハードな旅。
ボルは、アンカラから西の方にあるので、
ツアーでは、なかなか行けないと思います。

日本語のメールが届いたって、わたしも驚きました。
出すとしたら、普通英語ですよねぇ~。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード