村のバクラヴァ。

f0232763_18424836.jpg



ずるずる続けていたYörük(ヨリュク)村の記録も、最後です。

村のお母さんとの話の中で、

「ちょっと前に、ご近所さんにバクラヴァを教えてもらったけど、
 出来がイマイチだった。。。」と話したら、

「わたし、バクラヴァとかも作って、売っているのよ!!
 是非、食べて違いを感じて!!!」と自信満々の村のお母さん。


共同洗濯小屋から、帰った後に、
お家の隣にある、小さな小屋(家?)に案内されて、
そこで、バクラヴァを味見させてもらいました。


※ バクラヴァは、トルコを代表する、甘い甘いシロップがけのお菓子です。




f0232763_18443534.jpg


1切れが少し大きめのバクラヴァ。

基本的には、バクラヴァとか甘過ぎるから苦手で、
あまり食べないのですが、
・・・おいしいのは、パクッと食べられるみたい。

今まで食べたバクラヴァで、トップ5に入ります。




ポイントは、やっぱり、生地を薄く広げるコト。

「新聞の上に乗せて広げた生地を乗せても、
新聞がちゃんと読めるぐらいじゃないと駄目」らしいです。

って、簡単に言われても、なかなかできるモノじゃないんですけどね。





f0232763_18431756.jpg


シロップをかける前のバクラヴァは、長期保存がきくとのコト。
こうやって、大量に作って、置いておくそうです。



まったりとした時間を過ごしていると・・・。

お宅を拝見に来た次のお客さん(トルコ人)がやってきて、
そんなおしゃべりも強制終了。

「これ、記念に。プレゼントよ」と
ピノキオのキーホルダーまでもらっちゃいました。



入場料を払ったとはいえ、雀の涙(2TL=100円)?
2時間ぐらい、しっかりお邪魔して、
バクラヴァをごちそうになって、しかも、記念品までもらって、
これじゃあなんだか申し訳ないなぁ~と、
お母さんの作ったエリシテ(手打ち麺、うどんの細切れみたいなの)を買って帰りました。


わたしのサフランボルの思い出は、
サフランボルの町よりも、この村の方が強いかも?
本当に、良いトコでした。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-07-17 19:17 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/16286805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by petapeta_adeliae at 2011-07-17 20:43
バクラヴァはお土産で何度か食べたことがあるけど、
歯に沁みる甘さで苦手でした。でもサロンで作ったら
おいしかったです。保存料がないことと出来立てだった
からでしょうかね。
先ほど、カッテージチーズの春巻きを作り、油の後処理が
面倒なので、多めの油で焼いた?らちょっと色白に
なってしまったので明日にですももう一度ちゃんと揚げて
みます。
Commented by ヤブ姉 at 2011-07-18 01:23 x
優しいお母さんの気持ちと誇りが伝わってきます。心が温まる経験は忘れないですよね。
バクラヴァは実は甘くて苦手。レバノン人やアルメニア人の友人から頂くのですが、いつもどうしよう?と悩んでしまいます。でも新鮮な物を頂くとやっぱり違うのでしょうね。羨ましい!
Commented by サスピ at 2011-07-18 07:31 x
昨日ちょうど、ボレッキを作った生地の残りでバクラヴァを作ったのでした!(私、大好きなんです〜)
本場のに比べれば控えめな甘さだと思うのですが、それでもなかなか美味しくできたんですよ(←自画自賛でスミマセン 笑)
こればかりはあまり砂糖を控えすぎるとダメな気がします。

それにしても、生地の薄さは「下に敷いた新聞の記事が読めなくてはいけない」って凄いですよね〜
私も買って来てパックを開ける度にその薄さにびっくりするんです。
これを作ってしまう人たちを無条件に尊敬!(笑)
Youtubeとかで映像を観る限りでは、いかにもって感じのおばさんがひょいひょい簡単そうに作ってますけど。。。^^
Commented by mikitty at 2011-07-18 10:25 x
あぁ~!!コレコレ~!!
どこでもデザートに登場して数日後には
旦那様がギブアップしてました(^^;)
少しだけならかなり美味しいんですけどね~
甘すぎが毎日続くと食べれませんね~
でもこちらのお菓子、とても素敵だと思います♪
Commented by bossma30 at 2011-07-18 11:03
ロクムはお土産に頂いたことあるんですが、こちらも甘いのですね。
作っているところを見たり、お話聞くと食べてみたくなりますね。
Commented by akdeniz_tk at 2011-07-18 16:50
ソーニャさん
本当に、歯に沁みる甘さですよね。
空港とかのお土産用のは、保存期間も長くしてあるため、
ちっともおいしくないですが(1度だけ食べました)、
有名なトコのは、やっぱり納得のお味です。
といっても、甘さが甘さなので量は食べられませんが・・・。

揚げ物って、油の後始末が面倒ですよねぇ~。
Commented by akdeniz_tk at 2011-07-18 17:56
ヤブ姉さん
旅先で、こういう出会いがあると、思い出がいっぱいになるし、
印象もぐんと良くなります。
バクラヴァの甘さ。日本人にはイマイチですが、
住み慣れてくると、たまに無性に食べたくなるお菓子です。
といっても、使う油と砂糖の量を知ると、たくさんは食べたくないですけどね。

ヤブ姉さんのブログへ書き込めないので、
こちらのコメント欄だけで失礼します。
Commented by akdeniz_tk at 2011-07-18 17:56
サスピさん
バクラヴァのお砂糖の量。昔、かなり減らして作ったコトありますが、
ちっともおいしくない、べたっとした味になりました。
やっぱり、ある程度、入れなきゃダメなんでしょうね。
かけるシロップ(砂糖水)、ドロっとした感じになるからこそ、
バクラヴァの層に絡みつくんだろうなぁ~と、作ってみて納得。

バクラヴァの生地。ある程度延ばしておいて、
何枚か重ねて、さらに延ばす方式を近所の方から教えてもらいましたが、
村のお母さんに言わせると、邪道。
1枚ずつ、薄く広げないと駄目!って言われちゃいました。
言うのは簡単だけど、実際はなかなかです。。。
Commented by akdeniz_tk at 2011-07-18 18:15
mikitty さん
日本人には、合わない強烈な甘みですよね。
トルコで、バクラヴァを注文すると1皿に4~5個盛られてくるのですが、
男のヒトでも、それをペロッと食べちゃうから、吃驚。

わたしは、たまに、おいしいバクラヴァを1つだけで十分かなぁ~。
今回、村で食べたので、あと2~3ヶ月は食べなくても平気です。

mikitty さんのブログへ書き込めないので、
こちらのコメント欄だけで失礼します。

Commented by akdeniz_tk at 2011-07-18 18:16
bossmaさん
ロクムも甘いですが、
バクラヴァは、もっとガツンとダイレクトに甘さが響く感じです。
作るのを見ていると、食べるのが怖くなるぐらい、
半端ない量のお砂糖を使いますから。
毎日食べていたら、確実に生活習慣病へまっしぐらのお菓子です。
でも、たまに食べるのは、きっと大丈夫(なはず)。
是非、味わってみてください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード