黒海地方のピデ。

f0232763_2355111.jpg


久しぶりに、外ごはんです。

「おいしいピデ屋を見つけたから、食べに行こう!!」
って、誘われて、カレイチ(旧市街)近くまで。


ピデとは、トルコ風のピザのコト。
イタリアのピザの起源となったともいわれます。

「ピデ」と簡単に言い切れないぐらい、種類も様々で、
定番のピデでさえ、
なんにものっていないピデから、
イタリア風にいろいろトッピングされたもの、
中に具を包んで焼いたものなど・・・。

そして、地方の名物ピデがあるコトも多いです。



今回のピデ屋さんは、黒海地方の東側リゼ出身の人のお店で、
お勧めは、その地方の特産であるトラブゾンペーニル(トラブゾン地方のチーズ)を使ったピデ。

(ちなみに、トラブゾンは、リゼのお隣の県です。)





f0232763_2363251.jpg


ここのオリジナルピデ。
クシュバシュ(小さな肉入り)、トラブゾンペーニル+スジュク、
クイマル(ひき肉)の3種類がのっています。

これで、6.5TL(350円ぐらい)。


薄焼きで、パリっとしていて、とってもおいしいです。
しかも、3種類が少しずつ味わえるのもポイント高いかも?







f0232763_239373.jpg


トラブゾンペーニルとひき肉。7TL(400円ぐらい?)。
それに、卵!!

・・・トルコで初めて、卵のピデを見ました!!



この暑さで、ほぼ生に近い卵ってどうなんだろう?
とか、
サルモネラ菌あったら・・・
などと、一瞬、躊躇しましたが、とりあえず、一瞬だけ。



とろりとした黄身がピデに合わさって、とってもおいしかったです。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-06-10 23:37 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/16110187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by petapeta_adeliae at 2011-06-12 21:28
2枚目のピデは1mだったらアンカラで食べたのと同じです。
半月も行っていて、一番記憶に残っているです。
逆に一番不味かったのが、イスタンブールの中国料理の
チンゲンサイの炒めもの。←灰汁が抜けた無かったのです。
このスリムなピデ又食べたい〜ぃ。
Commented by akdeniz_tk at 2011-06-13 08:21
端は厚かったけれど、中はかなり薄焼きでした。
その地方出身の人が、ご当地ピザを作ると、やっぱり、おいしいですね。
わたしは、黒海地方のピザは初めてでしたが、
すっかりお気に入りになりました。

トルコの和食や中華・・・全く期待できないです。
わたしもイスタンブルで食べたラーメンの味は、
絶対に忘れられない!!って思っていますよ。
(最低でって意味でですけど・・・)
もちろん、それなりのモノを出すトコもあるんでしょうけど、
正直、自分で作った方が随分おいしくて安上がりです
名前
URL
画像認証
削除用パスワード