アダナのクスル(アダナ風クスクス)。

f0232763_16305996.jpg


クスル(KISIR)といえば、トルコ風のクスクス()。


トルコのどこでもよく食べられますが、
メルシン、ガズィアンテップ、アンタクヤなどアナドリア南東部がオリジナルだそうで・・・。

どこでも同じように作られていると思いきや、
アダナ地方のクスルは、ちょっと違うとのコト。
(アンタクヤのクスルも、ザクロ酢が入っていて他の地方とは違うらしい)

で。ちょっとアレンジを加えつつ、試してみました。

以前、作ったのよりも、格段においしい!!
これからも、クスルはアダナ風でいこうと思います。


トルコでは、紅茶(チャイ)と一緒に食べるクスルですが・・・
ビールに合わせると、最高に合います。


f0232763_16451876.jpg


【材料】
ブルグル(キョフテ用) 3/4カップ (日本だと、クスクス)
熱湯          3/4カップ弱
たまねぎ     1個
青ネギ      2~3本
イタリアンパセリ(みじん切り)大さじ1
トマト      1個
オリーブオイル  大さじ3
サルチャ     大さじ2   (日本では、トマトペースト)
赤シソのふりかけ(ゆかり) 小さじ1/2(トルコでは、スマック)
乾燥ミント    小さじ1
クミン      小さじ1/2
塩        小さじ2
こしょう     少々

レモン     適量

【作りかた】
1.ブルグルをボールに入れて、上から熱湯を注ぎかき混ぜ、蓋をして蒸らす
2.たまねぎとイタリアンパセリをみじん切りに、青ネギを小口切りに、
  トマトも小さめのサイコロ状に切る
3.フライパンにオリーブオイルを入れて、熱くなったらたまねぎを炒める
4.たまねぎがしんなりしてきたら、サルチャを加えて、塩、こしょうを入れて、さらに炒める
5.ブルグルが蒸らし終わったら、4を加えてよく混ぜる
6.ゆかり、乾燥ミント、クミン、イタリアンパセリ、青ネギを加えて、しっかりと混ぜる
7.味を見て、必要なら塩とオリーブオイルを足して、最後に、トマトを加えてかき混ぜる
8.皿に盛り付け、レモンを添える

 

※レタスや茹でた葡萄の葉っぱに乗せて、レモンを絞って食べるコトが多いです

 (わたしは、そのまま、レモンだけ絞る方が好みですけど・・・)
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-05-14 16:51 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback(1) | Comments(2)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/15969161
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ソーニャの食べればご機嫌 at 2012-09-15 23:25
タイトル : JICAでランチ
午前中の用事を済ませ、13時に幡ヶ谷にある東京国際センターの 社食を訪問。総合受付で来客用バッジわもらい地下の食堂に向かう階段で アフリカ系の大柄な男性と数人、ドレスアップしたインド女性と すれ違い、キレイなインドサリーに見入ってしまいました。 食堂の入り口には本日のおすすめA、Bの見本、入るとショーケースに 見本メニューの上にプラスチックの札があり、それを会計に持っていきます。 字、数字が読めなくても注文できるよう工夫が施されています。 肉料理には宗教的なこともあるので...... more
Commented by petapeta_adeliae at 2011-05-15 08:24
見るからにビールに合いそうですね。
クスクスは1回しか食べたことがない?!
無いのもの代用まで書いて下さってありがとうございます。
丁度2年前にブドウの葉のドルマがサロンであったのですが、
出張で参加できませんでした。なのでブドウの葉って
どんな味なのかなぁーとずっと思っていたんです。
Commented by akdeniz_tk at 2011-05-15 17:57
クスクス(そして、ブルグル)は、お料理の仕方で、
おいしさががらっと変わると思います。

ぶどうの葉っぱは、それ自体は絶賛するような味ではないですが、
ドルマ(巻いて煮た料理)にして食べると、おいしいです。
日本でも、デラウェアを作っているトコで葉っぱをもらってきて、
ドルマを作ったら、ちゃんとできましたよ。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード