ヨーグルトソースのパスタ。

f0232763_17564083.jpg

以前書いたような気もしますが・・・。

日本語とトルコ語。
同じ言葉で意味が違っているモノがたまにあります。

そんななかで、いちばん紛らわしいのが、「パスタ」という言葉。

日本語で、「パスタ」といえば、もちろん、スパゲッティやマカロニなどを示すのですが、
トルコ語では、「ケーキ」(カップケーキなどは、「ケク」ですが・・・)。



で。「パスタ食べたいなぁ~」とつぶやくと、
トルコ人には、ケーキが食べたいって誤解されるし、
在アンタルヤの日本人には、「どっち?」って聞かれるし・・・。

トルコと関わって、ずいぶん時間は経っていますが、
わたしの中では、「パスタ」はやっぱりスパゲッティやマカロニのコトで、
たぶん、これからもずっと変わらないような気がします。。。



もう10年近く前のコト。
初めて、トルコ人のお家で食べたパスタは、衝撃的でした。

柔らかめに茹でた(というか、茹で過ぎた)パスタが皿に盛られ、
ソースの代わりに出てきたのは、ケチャップとマヨネーズ。

・・・二度とトルコ人と一緒にパスタは食べない!!って強く思いました。


もちろん、10年も経てば、少しずつ変わってくるもので、
今では、パスタをソースにからめて食べたりしている人もいますけどね。

そんな中で、結構好きなのが、ヨーグルトの暖かいパスタ。
最初に食べた時は、ヨーグルトにパスタかぁ~と驚いたのですが、
意外とおいしいのです。(しかも、冷めてもおいしく食べられます。)




f0232763_1757526.jpg


【材料】
パスタ  300g (フリッジなど絡まりやすいのがお勧め)

ヨーグルト300~400g
にんにく 4~6片
塩    小さじ2/3
こしょう 少々

バター   40g
とうがらし 大さじ1~2
乾燥ミント 少々

【作りかた】
1.パスタを茹でる(パッケージの表示に従ってください)
2.ソースを作る。にんにくをみじん切りにして、ヨーグルトの中に入れてかき混ぜ、
  塩とこしょうで調味する
3.バターソースを作る。フライパンを火にかけ、バターを入れて溶かし、
  バターから泡が出てきたら、とうがらしを入れてかき混ぜ、火を止める
4.1と2を混ぜ合わせて、皿に盛りつけ、上から3のソースとミントをかける
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-04-24 18:06 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/15864080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ekko_kopanda at 2011-04-25 07:54
おはようございます。
私も思いました、ヨーグルトのパスタって~?って。
見た目はとっても美味しそうですが、
やっぱり不思議な感じがしますね(笑)
でもホント色んなパスタあるんだなぁ~。

トルコではパスタはケーキの事なんですね。
確かに紛らわしいですよね~

日本でも最近ですよね、色んなパスタ食べるようになったのって。
私の子供の頃はアルデンテなんて言葉無かったし、
ミートソースかイタリアンかみたいな感じでした。
そういえば延びたパスタだったなぁ(笑)

Commented by akdeniz_tk at 2011-04-25 11:38
おはようございます。

トルコでは、ヨーグルトを料理に使うコトが多いです。
だから、パスタと混ぜるのも、きっと普通の感覚なのだと思います。
日本人としては、ちょっと不思議ですよね。

たしかに。子供の頃って、伸びきったソフト麺とか、
普通にありましたよね。
なぜだかわからないけど、
イタリアに近いのに、フランスやトルコでは、
どちらも、パスタは酷いのが出てくるから、
できるだけ避けようって、今でも思っています。
もしかしたら、そのうち変わるのかな?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード