プルコギなのか?ブルコギなのか??・現地で味わう編。

f0232763_16414551.jpg


ソウル2日目のお昼ごはんです。

北村地区から、またもや明洞に帰って、
ロッテデパートの食品売り場でお買い物。

翌日は、旧正月。
ロッテデパートは、旧正月の1日目と2日目がお休みだそうで、
私の滞在期間中、開いているのはこの日だけ。

あまり買うモノはなかったのですが、
それでも、いくつか韓国の食材を買ってから、
そのまま、デパートの上階にあるレストランでお昼ごはんを食べました。



プルコギは、韓国風のすき焼き(?)。
タレに浸けこんだ肉を焼いて食べます。

が、このレストランのお肉は、「本当に浸けたの?」っていうような、
そのままのお肉でした。


f0232763_16415626.jpg

いつもながら、ゴージャスな付け合わせ。

小鉢がずらっと並ぶと、楽しくなってしまいます。




f0232763_1642417.jpg


じっと焼けるのを待つこと、数分。。。










f0232763_16421163.jpg


キノコの味わいが深い、プルコギの完成です。

「たまねぎスライス入りのタレにつけて食べてください」
と言われましたが、つけて食べると・・・??
タレが甘酸っぱくて、せっかくのおいしさが台無しになっているような??

結局、そのままで食べたのですが、
その方が、断然おいしかったです。



ところで。些細なコトですが、疑問があります。

プルコギ。
日本語では、「プ」なのですが、
ローマ字表示では、「Bulgogi」・・・濁っています。

なんででしょう???

これをきっかけに、韓国語を学ぶ!!ってほど、気合いはないですが、
それでもちょっと気になりました。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-02-15 16:59 | アジアでの非日常。 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/15512350
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード