小さなパスタ入りピラフ(シェフリエピラブ)

f0232763_2219429.jpg


昨日の続き、
クルファスリエになくてはならないピラフについてです。

トルコの定番ピラフは、şehriye pılavı(シェフリエピラブ)。
小さなお米の形をしたパスタが入ったピラフです。

ロカンタ(定食屋)やレストランでピラフを注文すると、
だいたい、これが出てくるし、
家庭でも、いちばん良く作られていると思います。



トルコピラフ。
最大の特徴は、恐ろしいぐらい大量の油(油類)を使って作るコトかも?


某レストラン(アンタルヤではおいしいとされているトコ)では、
大きな鍋に入っていたピラフの表面に、
水溜りならぬ、油溜まりができていたり(これには、驚いた!)、

あるお家に遊びに行って、6人分のピラフのために、
マーガリン1本(200g)を使っているのを見たり(ちょっと呆れた!!)・・・。


というのは、極端な例かもしれないですが、
やっぱり、日本のピラフと比べて、油は多めなのは間違いじゃないと思います。



パンが主食のトルコだから、ピラフは副菜扱い。
だから、しっかり塩味と油を利かせているのかもしれないです。
(カロリーとか健康を気にしないのなら、ものすごくおいしいですよ。)


でも。たっぷり油を使って作るピラフ、
その油リッチなピラフと一緒にパンを食べる、
トルコ人のメタボ率が高いのは、ここらに原因があるのではないか?と。




さて、今回のピラフ。
日本人なので、トルコのピラフとしては油少なめに。
といっても、やっぱり多いですけど・・・。

トルコ人だと、『塩気が足りない!!』って怒りそうですが、
クルファスリエをかけるつもりなので、塩加減も薄めにしました。


f0232763_22193167.jpg

こんな風に、クルファスリエと一緒に盛りつけると、
カレーにそっくりだと思いませんか??


【材料】
白米    420g(3合)
米型パスタ 60g なければ、カペッリーニなどを細かく割って利用

マーガリン 60g
塩     小さじ2
水     570g(洗米時の吸水分も含む)



【作り方】
1.白米を洗い、水を切る(重量を計り、水も準備する)
2.鍋にマーガリンを入れて火にかけ、マーガリンが溶けたらパスタを加えて炒める
3.パスタの色が変わり始めたら、米を入れてざっと炒め、水を加える
4.塩を足してかき混ぜて、蓋をして、中火で水がなくなるまで炊く
5.水がなくなったら、30秒強火にして火を止め、蒸らす



※ 塩加減は、お好みで足してください(トルコ人的には、大さじ1~1.5)
  本格的なトルコのピラブが食べたいのなら、油分も1.5倍ぐらいにしても良いかと。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-01-12 23:31 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/15323207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chukcha at 2011-01-14 08:35 x
akdenizさん、はじめまして。
旦那さんがウズベキスタンという国出身で、同じようにプロフという、ピラフ料理があるのですが、同じようにビックリするくらい、油使うんですよね。。
マーガリンとかもビックリするくらい、一箱とか平気で使うし。
記事を読んでいて、思わず同じだ~!って思いました^^
トルコのピラフはパスタも入るんですね。美味しそうですー♪
Commented by akdeniz_tk at 2011-01-14 22:25
chukchaさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

ウズベキスタンとトルコ。
近くの国だから、食べ物も似ているのかも?
油の多いピラフ。ちょっと食べるとおいしいけど、日本の白飯のようには食べられないですよね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード