憧れホテルと名物料理@アンタクヤ。

f0232763_21165326.jpg


週に1度のトルコのお話。
長々と引っ張ってきている、南東トルコ周遊の旅、アンタクヤ編の続きです。


冒頭の写真は、アンタクヤでの宿泊ホテル。
アンタクヤの郷土料理は、もちろん楽しみだったけれど、
それ以上に期待していたのが、このSAVON HOTELでした。

サボンホテルの建物としての歴史は長く、オスマン時代(1860年代)に建設されています。
そして、オリーブオイルと石鹸の工場として使われていたのを、リノベーションして、
2003年にブディックホテルとしてオープンしたそうです。



f0232763_2252920.jpg

ホテルのロビー。

お部屋(スタンダードルーム)は、ごく普通の大きさで、
『写真をUPする必要もないかな?』って感じでしたが、
ホテルの全体の雰囲気は、本当に良かったし、
スタッフも洗練されていて、親切だけど、フレンドリー過ぎずという、
トルコにしては珍しい一流感がありました。

f0232763_2285457.jpg


この日は、あいにくの小雨で、
結局、市内をさっと観光してから、ホテルに帰ってきました。

みんな疲れていたし、夜ごはんを外へ食べに行くのも面倒だったので、
ホテルのレストランで、ちょっと豪華ディナーを味わいました。
(豪華といいつつも、そんなに値段は張りませんでしたが・・・)


ホテルのレストランは、ちょっと照明が落としてあって、
とってもロマンティックな雰囲気で良かったのです。

が・・・写真を撮るには不向き、この上ありません。
(ここからの写真は、気に食わないモノが多いですけど、料理の説明には、写真が必要なので)

まず。前菜は、ハタイ地方(アンタクヤ)の郷土料理を中心にシェアしました。
f0232763_2262798.jpg


手前から、Biber Yoğurtlama、Humus、Cevizli Biber、Abugannuçとなります。
あまりにも暗くて全然ピントが合わなくて、トロトロ写真を撮っていたら、
みんな待ちきれなかったみたいで、食べ始めてしまいました。


なので。お皿に取り分けてから、ゆっくりと・・・。

f0232763_2264132.jpg

手前から時計回りに、Zeytin salatası(オリーブサラダ)、Humus(ひよこ豆のペースト)、
kekik salatası(タイムのサラダ)、 Abugannuç(ナスのピュレ)、
Biber Yoğurtlama(パプリカのヨーグルト合え)、
Cevizli Biber(スパイシーなクルミのペースト)、全部で6種類。

オリーブのサラダは、今まで食べた中で一番おいしかったし、
クルミのペーストも、『レシピが知りたい!!』と切実に思うぐらいだったし、
パプリカのヨーグルト合えのヨーグルトが濃厚で美味だったし・・・。

ただ。タイムのサラダは、ちょっと苦手かも?
(おいしくないという訳じゃなくて、個人的にダメな味でした)


この後、メイン料理。郷土料理を少しずつ味わいたいから、
それも取り分けて食べるコトにしました。

ここからは、本当に写真が汚くて、見ていると頭が痛くなるボケボケ写真になりますが、
f0232763_227487.jpg

Cara peynırlı Karnıyarık(ジャーチーズ入りナスのグラタン)。
トルコ料理の代表選手に、揚げたナスの中に、ひき肉を入れてオーブンで焼いた、
Karnıyarık(imam bayıldıとも言います)があります。
あまりのおいしさに、imam(僧侶)が卒倒した(bayıldı)という凄い名前の料理です。

で。このKarnıyarıkのアンタクヤバージョンは、
中にひき肉ではなくて、ジャーチーズというチーズ入り。



料理の写真をフラッシュを使って撮ると、ちっともおいしそうに見えませんが、
f0232763_23225693.jpg

antakya usulü kazbaşı kebap(アンタクヤ名物フィレのケバブ)。
英語では、antioch styleのフィレと書いてありました。






f0232763_2318436.jpg

antakya usulü şiş kebab(アンタクヤ名物シシケバブ)。


2つともアンタクヤ名物と書いてある割には、どこでもありそうなお料理でした。
もちろん、おいしかったですけどね。



他にも。正真正銘のアンタクヤ名物、
kağıtta kebap(kağıt kebabı 紙みたいな薄いハンバーグ)、
künefe(チーズ入りの甘いデザート)なども食べたのですが、
UPに耐えられる写真がありませんので、今回はこれで終わりです。





f0232763_2255788.jpg

ライトアップしたホテルの外観。

もう一度、アンタクヤへ行くコトがあったら、絶対に、またここで泊りたいと思います。
[PR]

by akdeniz_tk | 2010-11-07 23:55 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/14939247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マベリーノ at 2010-11-09 14:39 x
こんにちは♪
トルコって美しいんですね。
イタリア料理が大好きなのですが、こちらのも美味しそうです。
地中海つながりですし。

ホテルのロビーもうっとりします。
海外のインテリアって、ホントに素敵です。

Commented by akdeniz_tk at 2010-11-09 21:30
こんにちは。コメントありがとうございます。
アンタクヤはトルコでもシリアに近いから、かなりフランス風だったような気がします
(シリアは以前フランス御植民地だったから。。。)
お料理は、イタリアと似たトコがあるかもしれませんね。
トマト、ナス、オリーブなど、よく使います。
アンタクヤのお料理は、アラブとフランスとトルコが混じった感じで、
かなり、おいしかったです。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード