唐辛子の名産地@シャンルウルファ。

f0232763_13202416.jpg

南東トルコ周遊の旅の続きです。

シャンルウルファ(省略してウルファと呼ぶ人が多いです)は、唐辛子の名産地。
この地域だけで栽培されている唐辛子は、isot(ウルファ唐辛子vikipedi英語版へ)といって、
ものすごく辛いのだけど、それと同時に甘み(うま味)が感じられるという高級品。


ウルファには、isotがずらりと並んだ、唐辛子専門店まであります。
同じisotなのに、色が微妙に違って、真っ赤だったり、どす黒い赤だったり・・・。

wikipediaのトルコ語版によると、干す時間の違いによって色が変わるみたいです。
(1日間干すと真っ赤、2日間だと紫、3日間だとどす黒い赤)

f0232763_1422188.jpg


色が違えば、当然、味は違うし、
色が同じだったとしても、作り方によって、かなり差が出るというのだから、
『唐辛子』と一言では片づけられない、かなり奥深いスパイス。
料理の種類などによって使い分けるらしいです。


さて。そんなウルファ名物には、やっぱり唐辛子入りの辛いお料理が多いです。

なかでも一番有名なのは、Çiğ köfte(チーキョフテ)。直訳すると、生のミートボール。
ひき肉に、ひき割り小麦やスパイスを入れて捏ねてつくるトルコ料理で、
名前の通り、火を通さずに作ります。

生肉を食べるのは、宗教上の罪だとか、悪いコトだとかで、
(正しいかどうかは知りませんが、よく言っているのを耳にします)
ちょっとでも焼きがあまい(ミディアムやレアなお肉)は、『生焼けだ』と怒るトルコ人。

レストランでステーキを頼むと、
ウェルダンの以上に焼き切ったカチカチのお肉が出てくる国、トルコ。

そんなトコで、チーキョフテが許されるのは、不思議だと思いませんか?
(テレビでイスラム教の導師さんが言っていたのは、
 チーキョフテは、充分に捏ねて調理されているので、生ではないと。。。
 わたしは、全く納得ができませんでしたけど、そんな見解があるコトを補足しておきます)


今回は、日本からのゲスト連れなので、
『旅行中、生肉はちょっと・・・』とチーキョフテは食べませんでしたが、
この他のウルファ名物は、しっかりと味わってきました。

同じウルファの名物キョフテでも、揚げ物系のiçli köfte(イチリキョフテ)。

f0232763_15123747.jpg


直訳すると『中身入りのミートボール』。
ひき割り小麦で作った皮に、スパイシーなひき肉の具を詰めて団子にして、
カラッと揚げたお料理です。


割ってみると、こんな感じ。

f0232763_15262274.jpg









そして、うす焼きピザ風のLahmacun(ラフマジュン)。
f0232763_15494412.jpg

lahmacun自体は、トルコのどこでも食べられますが、
これも、ウルファなど南東地方の名物の1つ。
薄く伸ばした生地に、唐辛子入りのスパイシーなミートソースを乗せて窯で焼き上げます。




f0232763_161745.jpg

付け合わせとして出てきたトマトやイタリアンパセリなどの生野菜をのせて、
レモンを絞って食べます。

チーズがたっぷりと入ったピザもおいしいですが、
こういうシンプルな味も、あっさりとして良いですよ。
(しかも、ピザ(トルコ語ではpide)より安いし・・・)



そして、デザートもウルファ名物、

f0232763_16155296.jpg


Şıllık(シュルルック)、トルコ風のクレープです。
トルコ風なので、当然、甘い、甘いシロップがかかっています。




あれれ???今回は、ウルファの観光名所の紹介をするつもりでしたが、
結局、名物の食レポートになってしまいました。。。
ということで、ウルファのお散歩は、次回に。
[PR]

by akdeniz_tk | 2010-10-18 16:27 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/14813438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fleur de sel at 2010-10-18 22:37 x
胡椒も干し加減によって色が変わるし興味深い分野ですね。キョフテのお料理レストランで何度か食べたことはあるけれど色々な種類は知りません。しっかり食べてみないとお料理するの難しいです。下の茄子巻きとても美味しそうです。トルコ風の香辛料は我が家でよく使う物です。マロンを使ったお菓子も素敵。とてもお料理上手ですね。お気に入りに入れてくださりどうも有難うございました。私も ね。
Commented by akdeniz_tk at 2010-10-18 23:04
本当に、お料理って実際食べてみないとダメですね。食べたモノはレシピを見ないでも、『なんとなくこんなものか?』って作り方が想像できるけれど、逆にレシピを読んで作ったとしても、それが本当の味なのか?って自信がないですよね。
こちらこそ、お気に入りに加えてもらってありがとうございます。fleur de selさんのお料理は、本当においしそうでハンサムなお料理なので、目の保養になります。
Commented by fsnote2 at 2016-02-17 13:31
唐辛子には一言も二言も煩い韓国もビックリするほどの、
より取り見取りのisotですね。
唐辛子の名産地がトルコにあるとは!
ウルファの辛いお料理が気になります。^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード