ガズィアンテップで絶品バクラヴァを。

f0232763_17255713.jpg



久しぶりに、トルコの話題でも。。。


以前から少しずつ書いている南東トルコ周遊の旅。

シリフィケから、シャンルウルファへ向かう途中に、ガズィアンテップに寄り道をしました。

ガズィアンテップ南東トルコの大都市の1つで、
『寄り道する』というぐらいでは、時間が全然足りないぐらい見どころ満載の町なのですが、
シャンルウルファまで移動しなくてはならなかったので、2つのポイントに絞り込んで行きました。

1つ目のポイントは、ガズィアンテップ博物館のモザイク画『ジプシーの少女』。
(行ったときには、こじんまりとした美術館だったのですが、
 『今年、新しい場所にリニューアルオープンする』とのコトでした。。。
 ちゃんとオープンしたのかしら???)



そして、2つ目は・・・。
トルコのスィーツの代表Baklava(バクラヴァ)を食べるコト。

トルコのどこででもバクラヴァは食べられるし、
イスタンブルにも、有名店が何件かありますが、
バクラヴァの本場といえば、やっぱり、ガズィアンテップ。

そして、ガズィアンテップのバクラヴァの有名といえば、『İmam Çağdaş』です。
1887年創業の老舗中の老舗で、 新聞(全国紙)のなんでもランキングで、
『お土産に持っていきたいおいしいバクラヴァ、ベスト10』にもランクインされていました。


もっと小汚いお店をイメージしていたのだけれど、
f0232763_20363754.jpg

かなり高級店風のつくり。

しかも、バクラヴァだけのお菓子屋さんと思っていたら、
どうやらケバプとバクラヴァ屋だったので、
せっかくだからとお昼ごはんもここで食べました。




f0232763_20394847.jpg

ピスタチオ入りのケバブ。
さすが、ピスタチオで有名なガズィアンテップ。




f0232763_20423116.jpg

アリナーズィック。
以前、アンタルヤで食べた時は、
『こんなものか?』ってとりたてて絶賛メニュっ感じでもなかったのですが、
ここのは、本当においしかったです。

他にも、ナスのケバブ、たまねぎのケバブなどいろいろ注文したのだけど、
どれもケバブのお肉がジューシー。



そして、最後はバクラヴァ。
f0232763_20524970.jpg

最高級の材料にこだわったバクラヴァは、確かに絶品。


未だに、普通のバクラヴァさえ成功したコトがないわたしは、
『どうやったら、こんなにおいしいバクラヴァができるのだろ?』
『本当のプロは凄い!!』と、ただ、ひたすら感心するだけ。


普通にその辺で売っているバクラヴァとは全然違うので、食べる価値ありの一品です。
ただ、これを食べるために行くには、ガズィアンテップは遠すぎですけど・・・。
[PR]

by akdeniz_tk | 2010-10-04 21:17 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/14725985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サスピ at 2010-10-05 10:20 x
トルコって是非行ってみたい国の一つなんですけれど、この記事を読んでますます行きたくなりました!
それにしてもずいぶんおサレなお店ですね。
なにもかもがみ〜んな美味しそう(アリナーズィックって、下のソース的なものはヨーグルトですか?)
そしてなんと言ってもバクラヴァーーーー
滅多に食べられないけれど、大好きなんです。
スペインで手に入るのなんて似非も似非でしょうから(笑)本物でしかも絶品なるものを、死ぬまでにせめて一度でいいから食べてみたいです〜
Commented by akdeniz_tk at 2010-10-05 17:02
是非、是非、トルコを旅してみてください。
食べ歩きをするとかなりの確率で、おいしいモノに出会えます。しかも、B級グルメ並の金額で!!
アリナーズィックは、ヨーグルトソースです。
わたしは、ケバブにヨーグルトってあまり好みじゃないですが、ここのは、本当においしかったです。
バクラヴァの有名店は、イスタンブルにも何件かあるそうです。
アンタルヤだと、ギュルオールってトコがおいしいって言われます。
食べ比べてみると、確かに、同じバクラヴァなのにかなり違いますよ。トルコにお出かけの際は、是非、何回か試してください。ただし、油と砂糖の過剰摂取を覚悟しなくてはいけませんけどねっ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード