ピーマンのピラフ詰め(ビベルドルマス)。

f0232763_22353069.jpg


大量のピーマンが野菜室で眠っていたので、
『なんとかしなくちゃ!!』とビベルドルマスを作るコトにしました。

ビベルドルマスは、スタッフドピーマンのコト。
トルコでは、お米を詰めるのが一般的です。

日本でよく作る、肉詰めのピーマンのオーブン焼きよりも、
お米を詰めて煮た方が、あっさりと、たくさん食べられるので、
大量のピーマンを消費するのには、とっても有効。



本来ならば、ビベルドルマス用のピーマンは、寸胴タイプだけれど・・・。
お鍋で煮込むときに、先が細いと座りが悪くて、
並べるときに滑って、きちんと並べられず、『キィ~』ってなります。
(正確にいうと、なりました。)

でも、それ以外は支障なく、どんなタイプのピーマンでも作れます。



f0232763_22483067.jpg



【材料】
ピーマン   10~15個
ひきにく   150g
米      1カップ
たまねぎ   1/2個
にんにく   1片
サルチャ   大さじ2 (トマトペーストでOK)
オリーブオイル大さじ2
塩      大さじ1
こしょう   少々

塩      小さじ1

【作り方】
1.ピーマンのヘタの根元を切り、種を取り除く。たまねぎ、にんにくをみじん切りにする
2.米を洗ってザルで水を切る
3.フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて火をつけ、にんにくの色が変わったら、
  たまねぎを入れてさらに炒める
4.たまねぎが透き通ってきたら、米を入れて軽く炒め、サルチャ、塩、こしょうを入れる
5.4の荒熱が取れたら、ひき肉を加えて良く混ぜる
6.ピーマンに5を詰めて、ヘタで蓋をする(70%ぐらいの量。米が膨らむので詰め過ぎ注意)
7.鍋に隙間なく並べて、ピーマンが浸るぐらい水を入れて、塩を入れて、20分ぐらい煮る

※肉は加熱するとタンパク質が変性して小さくなりますが、それ以上に、米が膨張します
 70%(『少ないかな?』って思う)ぐらいが、ちょうど良いです
※ミンチを入れなくてもできます。その時は、オリーブオイルを多めにした方がおいしいです
[PR]

by akdeniz_tk | 2010-10-01 23:09 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/14707664
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サスピ at 2010-10-03 09:36 x
スペインの青ピーマンて、ばかデカ型か細長型なのでどちらにしても作りにくそうですが(笑)
でも、すごく美味しそうだから作ってみたいです。
小ぶりのピーマンだったら、赤ピーマンでも美味しく出来ますかね?
Commented by akdeniz_tk at 2010-10-03 19:01
細長型は、本当に作りにくいです。。が、お鍋を横にして入れるか、お鍋にカフェオレボールを入れて、立てかけながら並べると、それでもなんとかなります。たまに、ドミノのように倒れて、『キィ~!!』って悔しい思いはしますが・・・。
トルコでは、赤ピーマンででも、黄色いピーマンででも作ります。色とりどりで、さらにきれいです。(日本だと、パプリカは高いので・・・)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード