庶民に人気の定食屋さん。

f0232763_1632612.jpg
アンタルヤ(トルコ全体かも?)では、飲食店の淘汰がとても激しいです。
新しくできたレストランを見つけても、
「今度行きたいなぁ~」と思っているうちに、潰れているコトも多々あります。
半数以上のお店が、開店1年以内に潰れるという話も・・・。

そんなシビアな生存競争の中で、
長い間、地道に営業を続けて、
しかも、着実にお店が確実に大きくなっているトコもあります。


f0232763_1634762.jpg
özkan kebapもその1つ。
いつも満席の小さなお店だったのですが、
久しぶりに行ってみたら、
左右のお店を買い取って、大きな定食屋になっていました。

隣のレストラン(買い取られたお店)が、
ここ数年で3回以上オーナーが変わったというのに、
özkan kebapには、20年近く続いているのです。
値段は安いし、味もそれなりにおいしいので、
庶民に人気があるのも、納得します。



お店の名前には、kebap(肉類のロースト)が入っていますが、
お勧めは、スープと日替わりの料理。
ほとんどの人が食べているのは、スープか料理。


日替わりの料理は、3種類。
この日のメニューは、
さやいんげんのトマト煮込み、
グリーンピース入り牛肉とジャガイモの煮込み、
そして、レバーの煮込み。
f0232763_1644275.jpg
わたしが頼んだのは、グリーンピース入り牛肉とジャガイモの煮込み。
サービスのパンやサラダと一緒に食べていたら、
結局、食べきれませんでした。
思ったよりも、量があるのです。


そして、スープも何種類かあります。
定番は、レンズ豆のスープとチキンスープ。
もしかしたら、臓物(İşkembe)のスープもあったかもしれません。
f0232763_16103613.jpg
これは、チキンスープ。
中にお米と鶏肉のほぐしたのが入っていて、
トウガラシ入りの焦しバターをかけ、レモンを絞って食べます。
日本のチキンスープとは、見た目も、味も全く違います。


özkan kebapは、旧市街(カレイチ)に近いので、
旅行者でも気軽に行けますよ。
庶民の味を楽しむには、うってつけの定食屋さんです。



場所:アタチュルクcd(ケバブジラルの通り)から、
   1252sokへ入り、
   つきあたりを右に折れた所にある広場にあります。
[PR]

by akdeniz_tk | 2010-06-15 16:12 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/13975789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード