やかもずキッチン開きます。

f0232763_12105099.jpg



ご無沙汰しております。

久しぶりの日本の夏。
思っていたよりも暑くなくて、
日本の夏ってこんなだったっけ?って、
勘違いしちゃいそうですが、
これから、また暑くなるんですってね。。。


ブログをさぼっている間、
何をしていたかというと、

飲食店の営業許可

が、取れました!!


トルコでのアジアンキッチン『縁』から、
がらりと変わりますが、
松江で『やかもずキッチン』として、
営業しようと思います。

というか、もうすでにぼちぼち営業中。



ここに至るまで、いろいろあって・・・。

最初は、テナントを探していたのですが、
ちょうど良い大きさや家賃のモノが見つからず、

テレビやブログで、『自宅で一軒家レストラン』みたいなのがあるので、
自宅で作ってケータリングとか出張料理が提供できないかしら?
と保険所に相談に行ったものの、

自宅でするには、
まるっと改装して、新たに別のところに厨房を作らないといけないので、論外。
(それって、テナントを改修した方が安くつくよね?)
県ごとに、営業許可の規定が違うそうなので、取得できる県もあるのかもしれないけど、
引っ越しするわけにもいかないしね。


で。考えたのが、
現在、誰も住んでいなくて、
日中多目的に利用している叔父のお家のキッチンを利用しようってコト。
保険所に通いながら、規定に合うように改装して、
7月末に、営業許可が取れました。



f0232763_12110001.jpg



とりあえず、ここでスタートして、
並行してテナントを探して、良いところが見つかったらお引越ししようかな?
って思っています。






f0232763_12105728.jpg



火曜日~木曜日は、ランチもしています。
(当日の10時までに予約してね)

たとえば、トルコ風のプレートとか。
写真は、鶏肉のアンカラタヴァ(お米じゃなくてパスタだよ)。



9月からは、月に1回、ワークショップも考えているので、
そろそろ宣伝活動をしなくてはって思っているトコ。
@LINEやツイッターを始めてみたものの、まだよく分からないです。



アンタルヤのアジアンキッチンよりは、きっと近いと思うので、
松江でお越しをお待ちしております。



最後に・・・。

やかもず?
なにそれ??
やかましい百舌鳥のコト???

って聞かれますが、トルコ語の『YAKAMOZ』から。
月明かりなどに照らされて、
海の水面が、キラキラとひかっている様子のコトです。





[PR]

# by akdeniz_tk | 2017-08-18 12:46 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(8)

バトゥルック。

f0232763_09285592.jpg





楽しみにしていたトルコのドラマ、
次々と最終回を迎えました。

以前もちらりと書いた、1年半続いた『KARA SEVDA』も、
1年続いた『 Hayat Şarkısı 』も終り。

Hayat Şarkısı は、ほぼ大団円って感じで、
まとまった感があったけど、

KARA SEVDAは、後味が悪すぎる!!

(ネタバレですが)元夫と現夫の二人が、
元夫の仕掛けた地雷(本物の)を踏んで、
妻の前で爆死。
・・・えぇ~!!だと思いませんか?
だいたい、地雷なんて普通に買えないし、
勝手に山に仕掛けるって、どうよ?



もう1本、最終回を迎えたのが、
『Cesur ve Güzel』

google翻訳で訳すと、『ハゲと美女』になりますが、
・・・なんで???
Cesurは、勇敢って言う意味だし。
(ちなみに、主人公の名前もCesur)


このドラマも、最後は、
主人公(女)の兄が、主人公の義理の母親の兄に殺され、
主人公の父親が、息子(と妻・・・妻も同じ人=実の兄に殺された)の仇をうつために、
舟で一緒に自爆炎上・・・なんだか、激しいですよね。


このドラマの一番印象に残ったシーンは、




タンゴ!!

タンゴって、全く興味のない分野だったけど、素敵~。

だけど、これって、
Kıvanç TatlıtuğとKıvanç Tatlıtuğが踊っているから、
格好良いのかも??って思ったり。







探してみたら、
una por cabezaのタンゴって、
他の人が踊っていても、格好良いですね。



f0232763_09290012.jpg


で、本題。

Cesur ve Güzelで出てきたお料理、Batırık。

主人公夫妻の会話の中で、
主人公(女)が『無性に食べたくなった!』って言って、
2人で作ったお料理です。

Batırıkには、
どろどろとした液体状のものと、
クスルに似たものの2種類があるけど、

どろどろタイプのは、見ためもイマイチだし、
好きになれそうにない(トルコ人でも賛否両論な感じ)ので、
カラマン名物のクスル状のものを作りました。

バトゥルックは、ターヒンやドライトマトが入っていて、
見たは、クスルと同じだけど、味は全然違いますよ。




[PR]

# by akdeniz_tk | 2017-06-26 10:34 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(9)

イワシのピラフ。


f0232763_17061939.jpg



久しぶりに、スーパーで、カタクチイワシが売っていました。

15尾入り100円。

・・・安いのか?高いのか??

でも、いつも手に入る訳じゃないので(たまにしか売っていないから)、
大量に買って、下処理してから冷凍しておくのも良いかも??
って悩みどころです。








f0232763_17025002.jpg



日本でも、イワシのピラフを1度作りました。
スキレットを使ったので、焼いてそのまま食卓へ。



・・・おいしいね。イワシのピラフ。















またも、トルコドラマの話題ですけど・・・。
[PR]

# by akdeniz_tk | 2017-05-27 17:35 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(10)

大根島の牡丹園。 sanpo

f0232763_16064675.jpg





自分のパソコンがないから、なかなか更新ができず、
すっかり、ご無沙汰しております。

更新を滞っていたこの1ヶ月の間、
季節も、春から初夏へ?

・・・暑い夏が近づいてきますね。



ちょっと季節外れになってしまいますが、
この間に出かけてきた、近くの牡丹園の様子です。


松江市にある、大根島は牡丹栽培に力を入れていて、
いくつもの牡丹園があります。
ちょうど、ゴールデンウィークの初めがいちばんの見ごろなので、
久しぶり(10年ぶりぐらい?)に出かけてきました。





f0232763_16074097.jpg


今年は、日本に居たから、桜も見れたけど、
満開の牡丹は、華やかで素敵。





f0232763_16074771.jpg


水面に浮かんでいるたくさんの牡丹。







f0232763_16071638.jpg


好きな牡丹を選ぶ、コンテストもありましたよ。









f0232763_16072988.jpg


ピンクや赤の牡丹とは、また違う趣がありますね。










f0232763_16071278.jpg


でも。やっぱり赤系の牡丹が好きです。







f0232763_16090932.jpg

お土産物屋さんのかりんとうのパッケージも、
牡丹柄でかわいらしかったです。






f0232763_16075595.jpg


最近、ハマっているドラマ。
[PR]

# by akdeniz_tk | 2017-05-23 17:17 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(13)

ホタルイカと『ha leyli』。

f0232763_13272942.jpg



今年は、ホタルイカをかなり食べました。

ホタルイカは、下処理が面倒だけど、おいしいですよねぇ~。


菜の花と合わせて和風にしたり、
アフィージョっぽくたっぷりのにんにくと一緒にオイルで煮込んでみたり。。。



ホタルイカが終わりに近づいたら、
今度は、カタクチイワシ。
・・・これまた、下処理が面倒だよね。

トルコじゃ、ハムシ(イワシ)は、冬がシーズンなのに、
日本だと、春なんですね。どうしてなのかなぁ~??





f0232763_13262831.jpg




で。今日の本題??は、トルコのドラマ。

もう、『聞いて!聞いて!!』って誰かに言わずにいられないモノが多いのに、
周りで観ているヒトいないから、誰とも共感できない・・・なんだか、悲しいね。


ドラマの内容の共感は無理でも、歌ならいいよね?


最近見たドラマの挿入歌が、とっても素敵だったんです。


まずは、ドラマ『Hayat Şarkısı(人生の詩)』で流れた、
『Ha Leyli(ハ・レイリ)』を聴いてください。







全く何言っているのかがわからなくて、
アラビア語かと思ったら、たぶんペルシャ語。
ها لیلی --
っていうのがオリジナルの名前で、イランの女性( مهسا و مرجان وحدت)が歌っているみたい。




トルコ人がカバーしているコトも多いようで、
『yaylabend』が歌っている『Ha Leyli(ハ・レイリ)』








・・・歌詞(の発音)が違って聞こえませんか?


気になったので、歌詞を検索してみました。
ペルシャ語は全く読めないので、アルファベット表記のモノでね。


“El-minnetu- lil-leh ki der-i miyked-i bâz est
Zan ru ki mera ber der-e u ruy-i niyaz est
Hagigât, nâ mecaz est, der-i miyked-i bâz est Kî-u gessî diraz est
Hagigât, nâ mecaz est, der-i miyked-i bâz est Kî-u gessî diraz est
Bar-i dîl-i mecnûn-u ham-i tûrri-ye leyli Ha leyli ha leyli ha leyli
Bar-i dîl-i mecnûn-u ham-i tûrri-ye leyli Ha leyli ha leyli ha leyli
Rûhsâri-yi mahmûd-u kef-i pây-i eyaz est
Hagigât, nâ mecaz est, der-i miyked-i bâz est Kî-u gessî diraz est
Hagigât, nâ mecaz est, der-i miyked-i bâz est Kî-u gessî diraz est


・・・って、アルファベット自体読めないわ。
最後のestは全く聞こえないし、aがoに聞こえるトコとかあるし・・・。

どうしても、歌いたいのなら、カタカナでルビが必要だねって思いました。


追記:後でネットで見ていたら、トルコ語のサイトで、
『とっても素敵なフランス語の曲』って紹介されていましたが、
フランス語じゃないですよね???







[PR]

# by akdeniz_tk | 2017-04-17 13:59 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(12)

Höşmerim

f0232763_23392844.jpg






せっかく日本に居るのだから、
桜を見に行きたいなぁ~って思っているうちに、


気が付けば、4月。桜も終わりかけ。。。
って感じです。


トルコ人のお友達から、『桜フェスティバルの写真を送ってくれ~』
って言われていたのにね。
・・・葉桜でも良いかなぁ~??




f0232763_23393685.jpg


Höşmerim(ホシュメリム)。


見た目がちっとも魅力的じゃなくて、
今まで、食べる気にならなかったけど、

食べたら、あれ?期待したよりもおいしいっ!!
って、思ったトルコのスィーツ。


コンヤ(中央アナドリアの都市)の名物です。


お味は、ペースト状の香ばしいバタークッキーってトコでしょうか?
ウン・ヘルヴァのようなものです。





[PR]

# by akdeniz_tk | 2017-04-13 23:45 | Trackback | Comments(10)

ほうれん草とチーズのボシュナック・ボレイ。

f0232763_13060940.jpg




ボシュナック・ボレイ(Boşnak Böreği)は、別名ボシュナック・ピタス(Boşnak Pitası)。



以前、ひき肉とたまねぎで作ったときに、
書いたので、省きますが・・・薄い生地で作るパイのようなものです。






トルコに住んでいるボシュナック人は、
木曜日の夜にボシュナック・ボレイを食べる習慣があるそうです。
というのも、木曜日は、金曜日の前夜(ムスリムでは、金曜日は礼拝の日)だから・・・。

もともと、このボレキの具には、ほうれん草やリークネギを使って、
コル・ボレイのような形で作っていたようですが、
他にも、ポテトやチーズ(リコッタチーズのようなロルペーニル)や
ズッキーニを具にすることもあります。



“Nerden buldun bu gelini, bir Pita bile yapamıyor!”
(どこで、見つけてきたんだい?この花嫁。ピタさえ作れないじゃないか!)

って言葉もあるんだって!!
・・・ちょっとびっくりだよね。



f0232763_13061754.jpg



今回は、昔ながらの具、ほうれん草とたまねぎに、
ロルペーニル(の代わりに、カッテージチーズ)を加えて、
コルボレイのような棒状に成形して、焼きました。
(前回つくったのは、渦巻き成形だったけど)




4月に、ボシュナック・ボレイ(=チャルシャフ・ボレイ)のワークショップを考えています。
場所は、松江市で。
興味のある方は、鍵コメかメールで詳細をお尋ねください。




[PR]

# by akdeniz_tk | 2017-03-31 13:32 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(8)